出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

阪急阪神ホテルズの誤表示問題の火消しを消費者庁「等」の行政側が速やかに行わないと火の粉は行政側に向かう、かも。

2013年10月31日
本来、行政側の責任が問われて然るべきですから、独り同ホテルの問題と矮小化し速やかなる火消しをしたいというのが行政側の思惑だろうと思います。

現役がホテル側に頭を下げて速やかなる改善報告提出・早期収拾をお願いすることはできないでしょうから、意をくんだ筋が協力しては如何でしょうか。心ある所管行政関係者は針のむしろ状態でしょう。

私は心無い市井のおいちゃんですから、無責任発言にて相済みません。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

失礼ながら...消費者庁長官の当事者意識の低さに唖然。

2013年10月31日
阿南長官が、メニュー不適正表示が全国的に顕在化したことに対して、「消費者への対応がとても不誠実。もう一度、健全な運営をすることに注力してほしい」と注文をつけたそうですが...。

実情を所管行政側が把握していなかった・出来ていなかったことへの反省・謝罪の弁あってこそ、流石は長官と言われるのではないでしょうか。

長官が責任転嫁発言をなさったとまでは申しませんが、長官の「裸の王様」的発言に当事者意識の欠如は感じました。残念です。

と、言いながら...私も消費者庁長官だったなら、「立場上」同じようにとぼけた発言をするか或いは筋を通して辞任するかを考えるでしょうが...現長官はそれとも「燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや」の心境でいらしゃるのか...。

大人の社会っていうか、政治の世界?って、複雑怪奇。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

阪急阪神ホテルズには個人的には同情しています、消費者理解は得難いのでしょうが。

2013年10月31日
小規模食品事業者のネット通販サイト・宣伝文句をネットでいろいろご覧頂けば、同社が独り集中砲火を浴びる状況に同情を感じないまでも疑問は感じるでしょう。「少なくとも」食業界人・所管行政機関職員には「その程度の基礎知識・実情認識」はお持ち願いたい。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

阪急阪神ホテルズ「等」での誤表示問題「程度」では中小零細食品事業者への注意喚起効果は無し。

2013年10月31日
私の「細い」情報網では風は全く感じませんものですから。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

阪急阪神ホテルズの社長より所管行政機関の責任の方が遥かに重い。

2013年10月31日
ネット通販上の不適正宣伝をはじめとしたある意味「無法状態」を是正する姿勢に所管行政機関が転じない限り、悪貨が良貨を駆逐する状況は改善しません。食品関連法習熟・順守に努める正直者が窮する状況は消費者にも不利益をもたらすことでしょう。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

メニュー誤表示問題。阪急阪神ホテルズは禁断の果実「零細企業が大半の食業界は食関連法習熟度が低い」を使っても良かったのでは。

2013年10月31日
例えば、インターネットで「フレッシュジュース」と検索すると、広告・宣伝文句としてフレッシュジュースと謳って「通販」で「フレッシュジュース」を販売する事例散見。

阪急阪神ホテルズより遥かに悪質・悪徳商法といわれても抗弁のしようがありません、但し通販サイト作成者に食品関連法知識がないための誤宣伝であるのが実際なのでしょうが。

食関連法に習熟していない阪急阪神ホテルズの関係者が露出度の高いそういうサイト・広告を目にして、それを参考にしてしまい、結果として誤表示してしまったのかも。ネット販売ではアイキャッチ・キャッチコピーが集客への影響大でしょうから、食品関連法知識が不足している人なら一層筆が滑りやすいでしょうし、滑ったことに気づかないかもしれません、もともと食品関連法知識が不足しているのでしょうから。

突き詰めると、行政側が不正競争状態を放置している状況下では消費者が阪急阪神ホテルズを非難するのはともかく消費者庁その他所管行政機関が独り阪急阪神ホテルズを責める資格は失礼ながらありません。行政側にも「人手が足りない」「零細事業者への配慮」などの言い分はあるでしょうが...。

大人の社会って、複雑。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

ネット通販での景品表示法違反・不正競争防止法違反は問題視されないのが現状。

2013年10月30日
適正表示をしている事業者は苦々しく思っているでしょう。

例えば、「フレッシュジュース」と検索してみると...あるホテルでの不適正表示に端を発して巷では連鎖していますが...。

ネット通販での景品表示法違反は外交官特権的状況。ネット通販をあっちこっちと見ているうちに...阪急阪神ホテルズ関係者の方々が気の毒に思えてきました。世の中って、不公平ですね。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

メニュー表示不適正問題の食品表示法への影響...。

2013年10月30日

風、が吹くでしょう。外食産業に何らかの枠をはめるなら、インターネット販売にも、という話になるかも。

枠をはめれば、事業者側だけでなく所管行政機関も労・責任が増しますので...どういう落し所になるのか...。興味、津々。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

メニュー表示不適正問題。不正競争防止法違反での立件見送り判断は妥当。

2013年10月30日
景品表示法違反一本に絞れば逮捕者は出ないでしょう。「逮捕」となれば逮捕される側も行政側の問題を口にするかもしれませんし、現状程度の飛び火では済まないでしょう。回り回って指導監督官庁の従前姿勢が問題視されることは避けたいでしょうから、景品表示法一本で可能な限り穏当に推移する・推移するようにコントロールするでしょう。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

メニュー不適正表示問題への対応に所管行政機関が穏やかというか消極的対応をする理由は

2013年10月30日
自責を感じる良心があるからでしょう。心優しい人が多い、ですからね〜。

外食産業にも小規模事業者が多いですので、その事情を知る行政官は額面通りの食品関連法順守を突きつけても出来ないということを重々知っているでしょう。ですので、事業者側にとっても行政側にとっても「立ち入らない」というのが双方にとって平和であることを理解しているでしょう。

手をつければ大変な社会問題となるでしょうし、担当行政官も過労・心労で倒れてしまうでしょう。

あちらを立てれば、こちらが立たず。

難儀なこってす。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

誤表示問題による食産業全体への波及「効果」は現時点では極限定的、な様相。

2013年10月30日
...。ん〜〜ん。まっ、世の中そんなもの。相も変わらず、行政側が啓蒙に積極姿勢を見せる様子は感じられず、無風。

嵐が来る前に、食関連法順守視点が欠落していたことに気づくことが出来た事業者は「気づいた」その一点を以って立派な部類と云えます。

後は、粛々と是正なさることをお勧めします。自社に青天のへきれきが来訪するのは今日かもしれませんし、明日かもしれませんので。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

阪急阪神ホテルズでの「誤」表示問題で「プチブーム?」的に食品関連法への関心を持つ人もいるようで...。

2013年10月30日

業界外の方々からすれば阪急阪神ホテルズのしてしまっていたことは偽装ですが、私は業界の歴史・慣習をある程度は知っていますので、悪意の無い偽装⇒業界外の社会常識を理解していない内向き志向がもたらした誤表示、という認識です。

いけにえとなった阪急阪神ホテルズの例を奇貨・他山の石と捉えて頂き、再点検・是正に取り組んで頂く一助となれたなら...テレビ取材に協力させて頂いた私の行為も報われる、というものです。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

関西のホテルでのメニュー表示不適正が食品表示法議論に影響を与えない、ということないでしょう。

2013年10月28日
外食産業に対する食品表示の厳格化は見送られる情勢でしたが、消費者「側」がスンナリそれを諾とすることは望めなくなったのでは?

小規模の飲食店にまで網をかける法となった場合、...啓蒙・指導・取締りの実働部隊としての任を担う地方自治体の担当部局が相当手加減するジレンマに苦しむことになるでしょう。真面目に職務を遂行すれば...小規模飲食店は結果として...。

実社会はなかなか複雑、です。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

放送予定...NHKニュース「おはよう日本」2013年 10月29日(火)  「メニュー“誤表示” 背景に何が」

2013年10月28日
「阪急阪神ホテルズのメニューの表示が誤っていた問題。なぜ一流ホテルでこのような問題が生じたのか。多くのホテル関係者が口を閉ざす中、ある大手ホテルの料理部門幹部が、業界を健全化するためにとNHKのインタビューに応じました。関係者の証言からメニュー“誤表示”の背景に迫ります。」(引用元:NHKホームページ)

興味、津々。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

報道機関の方から食品不祥事について見解を求められた場合、私の専門分野については回答する姿勢でおります。

2013年10月26日
数年前までは「意図せず当事者へのバッシングを強めてその方たちの家族の人生まで狂わせてしまうのではないか」とか「社会への悪影響」とかを過度に気にして回答すること自体に恐れを抱いていました。

震災の影響もあって私自身の生活環境・心境が変化し、私がなにがしかお役に立つのであれば可能な限り回答したいと思うに至った次第、です。

報道機関の方々は報道の専門家でも食品業界事情・実情を身を以って体感はされていないでしょうから、私のような小規模食品業界に「どっぷり」浸かった者の見解も報道資料作成上の一助となるかもな〜、といった軽い気持ちでの協力です。

軽い気持ち、ではありますが、ふざけた気持ち、ではありません。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

阪急阪神ホテルズの不適正表示に思う。

2013年10月25日
「ある程度」厳格に...食に関する法に照らして精査すれば、9割以上の食品事業者は廃業か倒産に追い込まれる、私はそう思っています。

行政側の「指導・監督には限界がある」という主張は現状その通りでしょう。行政側の監査技能向上・人手不足解消にはお金が必要。交通違反のように違反してしまった・いる事業者から罰金を徴収すれば青天井にお金が国庫に入るでしょうが、それに比例して廃業・倒産する事業者が増えますので、税収減・失業者増になってしまいますので、「厳格に適応」「公正・公平に措置」とも出来ないジレンマもあるでしょう。

大人の社会、って複雑。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

阪急阪神ホテルズのメニュー不適正表示は消費者視点では偽装表示でしょうが、実際は誤表示というか緩表示といったところでしょうか。

2013年10月25日
「だます」という悪意による不適正表示ではなく、複数人がそれぞれ少し「ズレた」「緩い」判断をしてしまってそれが大きなズレ(不適正表示)となったのかな〜という感想。

表示案作成・メニュー表作成・食材発注・入荷食材受領・調理。それぞれに複数の人がかかわるので「ちょっと違うんじゃないの?」と誰も言ってこないので、それぞれの人が「ちょっと違うんじゃないかな〜と思うんだけど...誰も何も言ってこないということは...問題ない表現なのかな〜」と思っちゃったのかも。

大勢の集団の中にいて「自分以外の全員の考え・感覚が間違っている・おかしい」とはなかなか思えないもの。「自分の考え・感覚は妥当で皆の方が間違っている・おかしいと思うんだけど...ん〜ん
...自分の方がおかしいのかな〜」忙しさにかまけてジックリ深く考えることが出来ず仕舞いで...っという感じなのかな〜。はたまた社内の風通しの悪さ...上司に・他部署に意見を言い難い雰囲気とかがあるのかな〜。

改善については阪急阪神ホテルズが発表した方法が妥当だと思います。お客さんの立腹度より不正競争でお客さんを奪われたかもしれない同業他社の立腹度が高いのかもしれませんが、...冷や汗をかいた・冷や汗をかいている外食事業の方々も少なくはない、かも。

阪急阪神ホテルズの件は外部視点では意図的な偽装となってしまいますが、阪急阪神ホテルズの「偽装ではなく誤表示」という説明もあながち当たらずといえども遠からず、と思います。個人レベルでの意図的偽装が全くなかったか、それは私にはわかりませんが、組織的偽装をするほどノータリンというか蛮勇があるとは思えません。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

アンパンマンのやなせさんへ多くの自治体が無償で仕事依頼していた件には私も涙す。

2013年10月24日
やなせさんのお優しいお気持ちに「つけ込んだ」と言われても返す言葉「は」ないでしょう。

無名の方が実績作りの手法として自発的に無償で請け負う、というなら「たかり」ではないでしょうが...。これ程著名な方に対して...。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

小規模食品事業者の法令順守・品質保証を是正・是正アドバイスする時には、その事業者の事業環境を忖度して、

2013年10月24日
善意の第三者に迷惑がかからないよう静かに穏当に対処するようにしています。

小規模食品事業者が目指す道は法令順守であって法令全守ではありません。法令全守を真顔で目指すなら、一言「廃業するしかありません」としか言えません。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

関西の有名ホテルで不適正なメニュー表示があった件ですが...極悪、とは思いません。

2013年10月24日
テレビCM・ネット通販を食品関連法視点で観れば、多くはギリギリかちょっと超過している状況。

消費者側・所管行政側が余程目を光らせていないと...他社広告の表現を横睨みしているうちに絶対的感覚から自覚無く相対的感覚にいつの間にかズルズルと一線を踏み越えてしまう企業も多いのでしょう。

消費者側・所管行政側が業界全体を見ずに一企業をいけにえにして蓋をする、これまでも、そしてこれからもその手法が続くのでしょう。

厚労省・農水省・公正取引委員会・消費者庁が協調して不正競争に取り組んでもらいたいところです。中小零細企業に是正を促すには担当雇われ従業員に言っても無駄でしょう、ただその人を苦しめるだけの行政側の自己満足にしかならないでしょうから、それは税金の無駄使い・徒労。

中小零細企業に是正を促すには、オーナーに直接指導・説諭する、それが税金の有効活用でしょう。

末端の行政官の中にはそういう実情を重々知りながら、...それを出来ない苦悶を抱えている人も多いでしょう。中央官庁の官僚の方々にも諸方から圧力がかかっているのでしょうから、浮浪者的生き方の私には知りえない苦悶というものがあるでしょう。

かく言うお気楽な私も生活費を稼ぐのに四苦八苦。苦中楽あり、楽中苦あり。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品関連法違反で「実質的」経営者が逮捕されるケースは、「法を知らなくとも」常識的に善くないことだと認識できたはずの違反をした場合です。

2013年10月23日

その常識とは何ぞや?と思う実質的経営者(その多くはオーナー)は、過去の食品不祥事での逮捕事例から学ぶことをお勧めします。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「食品に関する法律に違反して逮捕」というニュースに思うことは...

2013年10月23日
「逮捕されることになる恐怖を感じながらも...違反せずば倒産するその恐怖が勝った」のか...それとも「単に法令順守に関心がない」のか...どうであったのか。

中小食品会社のオーナーと話をしていると食品関連法の概要を知らない人がまだまだ多い。従業員の言に聞く耳を持つオーナーなら、違反⇒逮捕・倒産という連想は出来るでしょうが、暴君ネロ的オーナーの会社では「無駄に違反する暴走」を止めることは...最早従業員には出来ないでしょう。

はたして昨今の違反・逮捕事例の比率はどうなっているのでしょう。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

私はカメレオン。環境に合わせて色を変えますが、時には強硬に環境に逆らって色を変えます。

2013年10月23日

食品事業者が如何に誠実であっても、その資金力の大小によって順守出来る食品関連法の範囲には限界というものがあります。資金力があれば順守するための自主検査を行えるでしょうが、それにも限りがあります。

大手企業といえど資金に限りというものがありますので、198円の製品に100兆円の経費を掛けることは出来ませんし、100兆円かけたとしても現代科学では食品関連法殊に食品衛生法に抵触していないと完全に証明することは出来ません。

ということで...食品関連法を端から蔑ろにするつもりはありませんでしたが、小規模食品業界を泳ぐうちに「食品関連法順守は加点主義・相対的視点で鳥瞰するしかない」と思うに到ってしまった次第、です〜。

あっちこっち、大手食品企業〜家族のみの小規模食品事業者といろいろな事業者にお世話になってきましたが、49になった今でも驚くことはあります。

最近はブラック企業のホワイト化ならぬグレー化に興味深々。食品関連法順守実務・品質保証実務の指導・助言生活にマンネリ化を感じていただけに、ちょっと刺激的な社会実験に取り組むつもり。

人生楽しまずんば是如何に。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

デビルマン・タイガーマスクのOPを聴いて、心の平衡を保つ。

2013年10月22日
暖簾に腕押しの徒労にエネルギーを吸い取られつつ、...まだ剛腕振るうを躊躇す。

他人事といえば他人事ですし...「裸の王族相手の社会実験」という視点で苦悶から苦笑に180度転換しよっと。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

心洗う。

2013年10月19日

昨夜は、命の恩人お二方と楽しく歓談。絶望の底なし沼から助け上げて頂いてから...15年。


今日は、やなせさんのインタビューを拝観し、「アンパンマンのテーマ」を繰り返し拝聴し、...優しい気持ちを養う。


人生万事塞翁が馬。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

パワハラ・セクハラ・労働条件への疑問を感じた方は家族・友人・行政機関ではなく先ずNPO法人「POSSE」に相談してみては?

2013年10月14日

家族・友人でもその方々が公務員・大手企業従業員では世代間格差・体験した労働環境にあまりに差がありすぎて...相談したあなたの言っていることを事実と受け取ってもらえない可能性大、私はそう思います。


そうなった場合、自分の味方であるはずの人から「さえ」理解してもらえない絶望感・孤独感は自身を益々追いつめてしまうかもしれません。


会社内での暴言に限らず殴る・蹴るについてもパワハラの一例のように表現する専門家もいますが、それはパワハラの範ちゅうを飛び越え暴行罪で警察に刑事告訴する問題ではないか?と私は甚だ違和感を感じます。


オーナー経営者が従業員を殴る現場を目にしたことは一度あります。面白くないことがあると従業員を殴るオーナー経営者だと聞いてはいましたので直ぐに体が反応してそのオーナー経営者を羽交い絞めにしました。羽交い絞めにされたのは初めてなのか、直ぐに大人しくなりました。周囲がイエスマンばかりだとそういう裸の王様になるのかもしれません。


苛烈な労働環境をネットでいろいろ目にしてはいても...実体験するまでは自分とは関係のないどこか別世界・別次元の出来事に思っていましたが...。


労働相談にのってくれる「POSSE」のようなNPO法人の存在意義は益々高まるでしょう。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品関連法所管行政機関には是非に若手オーナー経営者への啓蒙をお願いしたい。

2013年10月10日
食品衛生=食品の品質保証、そう自信満々に思い込んでいる若手オーナー経営者に遭遇し、絶句。

勿論、食品衛生<食品の品質保証、です。食品業界を担って行く若手オーナー経営者が初手で間違った認識で食品事業経営することにその人のため・消費者のため・食品関連法所管行政機関のために強い懸念を抱きます。

暖簾に腕押しでは心身疲弊するばかりです。所管行政機関には自機関へ先々向う批判を回避するためにも、是非にもオーナー教育に目を向けて頂きたい。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

ダイエット本やテレビコマーシャルに消費者庁が目を向けるようであれば、消費庁も侮れない存在というか畏怖する対象になりますが、

2013年10月10日
まだ人手が足りないのだろうな〜という心証。

消費者庁のHPを観るに職掌があまりに広範というのを通り越して無限な感じ。私が職員だったとしたら...心身が疲弊してしまうでしょう。

「批評・批判するなら、じゃ〜貴方やってみなさい!」って言われたら...「私の知力・体力ではとてもこなせません、すんません。」尻尾巻いて逃げ出します。

ということで、畏怖はしませんが、敬意は抱きます。ちゃんと休みを取れない方々もいらっしゃるのでは、市井の片隅から柄にもなく心配。

他人の心配より自分の財布の中身を心配しなければならないのですけど、...明日のおにぎり代は何とかあるので、とりあえず明日は食いつなげそう。

飼い犬には飼い犬の、野良犬には野良犬の、それぞれ異なった悲喜というものがあるでしょう。ですが...野良犬はお気楽ですから、三日やったらやめられません、でっせ。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

ブラック企業、グレー企業、ホワイト企業。中小食品企業は経営環境が厳しいですから、ホワイト企業を目指すのも問題。

2013年10月10日

理想と現実、虚と実。

経営破たんしては従業員も困るでしょうから、現実的にはホワイト時々グレーが現実路線。

従業員に対して感謝の気持ちを抱き折に触れ労いの言葉をかける、経営サイドにとってもっとも安上がりなグレー化施策。

嘘から出た真。始めは口先だけであったとしても続けるうちに何れや心からそう思えるようになる可能性があります。卵が先か、鶏が先か、です。


な〜〜んちゃって、偉そうなことをのたまう私は、といえば...「強くなければ生きては行けない。優しくなければ生きる資格がない。」ハンフリー・ボガードの名セリフを遠くに仰ぎ見て生きる日々、です。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

ブラック企業であっても...生活の糧を得る場として存続を望み、かつ望む従業員が善良な人たちであるなら...

2013年10月09日

ホワイト化出来ないまでもグレー化出来る可能性がありそうなら...もう少し頑張ってグレー化の努力をしてみようか。


気の短い私としては剛腕を振るい短期決戦したいところですが、劇薬による想定外の副作用への懸念もあり、...ちょっと思案のしどころ。


いろいろな企業を観てきたつもりですが、私はまだまだ青い。人生なかなかに面白きかな。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています



32件中(1件〜30件を表示しています)   前   |