出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

ひこうき雲、を聴くと17歳の夏で時間が止まった彼の声が聞こえる。

2013年08月19日
「佐伯〜!走れ〜(怒)!」

スポーツ万能で東工大を目指していた男が天に上り、出来損ないの私は離陸できず今も地を這う。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

大型連休明けは違反・苦情連絡を受けて対応に苦慮している人なのか...自著「食品に関する法律と実務がわかる本」がチラホラ売れるよう。

2013年08月18日

小規模食品事業者向けに書いた本です...役に立つといいですが。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

河北新報を観て...「七十七銀行女川支店被災者家族会支援の会」のご紹介。

2013年08月13日
七十七銀行ほどの大企業でさえ「未曾有の大津波で、やむをえなかった。労働衛生上も問題ない」ということがまかり通るなら、中小企業はましておや。反省あってはじめて、再発防止に取り組めるというものでは?

労働基準監督署がなぜ職務放棄するのか、たんに職員数が少なく手が回らないということなのか、...七十七銀行に対して労働基準監督署が再発防止を指示しないなら、労働基準監督署の罪は重い、私はそう思います。

七十七銀行は従業員の命を軽視する企業なのか...七十七銀行は今からでも改めてご家族に謝罪し再発防止策に真摯に取り組んでこそ「流石は七十七銀行」と言われるのではないでしょうか。

現役は声を上げにくいでしょうが、OB・OGの方々には誇りを持って銀行に働き掛けをお願いしたい。現役の方々の士気もこのままでは下がるでしょう。

「七十七銀行女川支店被災者家族会支援の会」http://profile.ameba.jp/coco5050ken/のホームページです。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品衛生上の改善アドバイスの依頼を頂き、ちょっと自信がなかったのですが...

2013年08月10日
取りかかってみると、結果としてチャチャチャッと完了。

「おっさん、結構やるじゃない!」「いや〜〜、照れるな〜申〜し〜」

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

小規模食品事業者の食品関連法順守状況は実際に「足で」調査しています。

2013年08月09日
昨日はちょっと遠出、往復300km超。途中途中でそっちこっちと視て回りました。

小規模食品業界に対する私自身の実情・問題認識に狂いがないか「自分の目で」確認して回りました。私の認識に間違い・狂いがあったならそれは修正しておきませんと...イザの時私はモノの役に立ちません。

伝家の宝刀が今も尚伝家の宝刀であることを再確認した一日、でした。人を貶めるために使うつもりは更々ありません、人を助けるためのものです、念のためこれだけは公言しておきませんと。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品表示法は行政のタブーに半歩踏み込んだ法となる...模様。

2013年08月07日
小規模食品事業者の規定、には興味あり。一般論、ですが...ネット通販・外食に「実質的な」食の安全を求める消費者は少数派でしょうから、この方面に規制をかけなくても近々に消費者不利益が顕在化する可能性は低いかもしれません。

一方、業種・事業規模が異なっても人の胃袋の大きさは変わりませんので、業種・事業規模によって規制がかかる・かからないの違いは...ある意味「官製不正競争」を合法化することになりますので、...大人の社会は複雑怪奇。

消費者庁の人もあっちから要望・そっちから圧力と食品表示法施行とその後の改正には...相当心痛でしょう。

私のような外野はお気楽に批評家然。「じゃ〜、貴方やってみなさいよ!」と言われたら、私の能力では利害調整は出来ないです...路傍の石ですので、勘弁してチョッ。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

自店舗・自社ホームページで消費者に直売する事業形態の場合には食品表示法は勿論既存の食品関連法さえも知らなくても...事業継続に支障はないでしょう。

2013年08月07日
私のような職業人には辛く厳しい現実、です。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

直売のみの小規模食品製造事業者には再来年施行予定の食品表示法は関係の無い法です、実質的には。

2013年08月07日

「小規模食品事業者に配慮」した法と明文化するようですが、どっちにしろ直売限定の小規模食品事業者にはもともと影響はありません。

配慮する・しないは行政官の精神衛生に配慮する・しないの話です。

小規模食品事業者の食品関連法順守とは相対的なもので、大手のような絶対的・金科玉条ではありません。規模・販路に見合わない孤高の順守指向は...不正競争が一層拡大する状況下では倒産・廃業を引き寄せるだけです、...その気持ちは尊いとは思いますが。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

今週末は工程の食品衛生状況調査とその改善、来週は商品カルテ作成が主な予定。それぞれ一見さん。

2013年08月06日

一見さんへの対応の場合、専門知識より事業環境その他情報把握・忖度に神経を遣います。

頼まれた仕事を品質保証・品質管理の常套で淡々とこなすのでは、その後かえってその事業者が苦しむことになりますので、いろいろと気を遣います。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

私のやっている仕事はあまり頭は使わないですが、気はものすごく?遣いますので...

2013年08月05日

結構精神的に疲れます。

その事業者事業者で諸事情は個々に異なりますので、それぞれに応じた神経の遣い方をしますので、結構すり減ります。

ので...合い間合い間は閉まり無く口を開けてポ〜〜ッとしているような感じで過ごす毎日。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

小規模食品事業者の場合、「一般生菌数・大腸菌群の意味を知る従業員が誰もいない」というのが普通です。

2013年08月01日

食品衛生行政官にとっては頭を抱える問題でしょうが、この状況は先々まで変わらず続きます。

事業者側としては問題が顕在化して初めて「一般生菌数って...何?」「大腸菌群?...それって何?」と少し青くなることがあるかもしれませんが、...規模の小さな食品事業者ではそういうのが普通です。

困ったことが起きて初めて知る必要に迫られる、世の中そんなもんです。問題が顕在化するかどうか・事業継続が出来るか出来ないか、それは「概ね」食品行政側の手綱の締め具合・緩め具合次第です。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています