出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

2年以内に施行される食品表示法によって食品に関する法が大幅に規制緩和されます。

2013年06月29日
小規模の食品事業者にとってはそうなります。

潜在的に当事者が意図せず違法状態になってしまっている小規模食品事業者は多いです。小規模食品業界の場合、悪意無く意図せず違法状態が常態化しやすいですので、監督官庁は立ち寄り・立ち入りを回避してきたのでしょう。

食品表示法施行で小規模食品事業者に対しては大幅に規制緩和されますので、食品行政機関は目を開けて立ち入り助言できるようになるならば、それはそれで消費者利益となるのかな〜とあれやこれや夢想する今日の空は今にも泣き出しそうな空模様。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品表示法に小規模食品事業者への配慮を入れたバランス上、消費者の自己責任についても文言を追加した方がいいのでは?と思います。

2013年06月29日
ネットショップ・小規模食品事業者への配慮は文言に入れようが入れまいが不可避です。謳わなくても末端行政機関は小規模食品事業者には目をつぶりますし、つぶらずに食品行政官を務めることは出来ません。

小規模食品事業者の製品は哀しいかな消費者からの健康被害報告がないことを以って「少なくとも顕在化した安全上の問題はなかった」というのが実情です。誠実に営業しているが社内で微生物検査・理化学検査をする資本力のない小規模食品事業者の哀しい現実です。

当事者がその悲哀・不安を抱いているなら抱かない小規模食品事業者の製品より安全性は高いと思っていいでしょう、これを読んでしまった当事者で落ち込んだ方・不安に思ったか方はその分上等です。

あれやこれやですが、食品業界の実情を必要に応じて消費者に伝えて行くことは悲しい事故・事件を減らすことに寄与するだろうと思います。生肉を食べて子供さんが亡くなる・不安定な食品衛生食品を食べて高齢者が寿命を縮めるということも家族がそういう危険性を知っていれば・知らされていれば回避する選択も生まれるでしょう。身体の状態によっては「死んでもいいから食べたい」と本人が願うなら、...それでも症状が出た場合には苦しむようですのでなだめた方がいいと思います。

「食品表示法は小規模食品事業者の実情・現実に配慮した法である」=「小規模食品事業者の食品を飲食する消費者には一定の自己責任が発生する」ということも消費者へ食品行政は啓蒙してもらいたいと思います。それも、悲しい事故を減らすことに寄与する食品行政機関としての仕事です。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

参議院選は共産党候補に投票して共産党にプレッシャー掛けようかな〜と思ったりしましたが...

2013年06月28日
共産党国会議員の方々の食の安全に関する知識の偏重振りにガッカリ。

TPP参加で食の安全が揺らぐことを心配する、それは理解できますが、それならなぜ食品表示法にあっさり同意したのか...この法はその趣旨がどうであれ規制緩和の文言を後ろ盾として実動部隊の行政機関・行政官は意図的に誤用(悪用とまでは言いません)し、結果小規模食品事業者を中心に食の安全が後退することになります。

せめて、「小規模食品事業オーナーへの啓蒙活動」と「健康問題を抱えた消費者への実態に沿った食選び教育」を食品行政機関がその良心に沿って行って頂きたいもの、そう願います。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

2年以内に施行されることになった食品表示法は一層の不正競争を招きます。

2013年06月27日
消費者庁が不正競争促進を意図しているとは流石に思いません。食品行政は善意でだと思いますが現実逃避してきましたので、現実直視を文言に入れただけ前進した法とも言えなくはありません。

しかし、小規模食品事業者とそれ以外との線引き規定が消費者に浸透しなければ、それ以外の事業者にとってはコスト競争で官製不正競争に晒されることになります。

施行後、更に見直しをかけるそうですが、消費者庁には食品業界(政治家も含む)・消費者団体・他官庁(地方自治体も含む)から相反する要望が来るでしょうから、消費者庁の担当の方々は大変だな〜と思う♪痴〜呆〜人〜♪、ちょっと久保田早紀さん風。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

昨今の悩み。食の安全・安心を所管する行政機関の思惑・挙動が全く理解できず、...困惑。

2013年06月25日
食品行政機関が賢く立ち回るようになったと思うべきか、福島第一原発事件で食の安全安心行政としての行動規範が根底から覆されたためか、はたまた単に厭戦気分なのか、...どうしたことなのか、絞れず困惑。...単に疲れちゃったのかな?
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品行政はなぜ人命を軽視するのか...理解に苦しむ。

2013年06月21日

加熱用馬肉を生食用と偽って販売して逮捕。容疑は食品衛生法違反ではなく不正競争防止法違反とのこと。


「意図的」に食中毒を起こしても逮捕しない・されない、食品衛生法とは少なくとも消費者のための法ではない。不正競争防止法は主に真っ当に商売する事業者のための法、二義的には消費者をも利する法。


食品衛生法を独学・小資本で順守するには...確かにハードルが高いですから、行政側が委縮するのも致し方ない面はありますが、単に規制緩和や運用で逃げる一方では状況は一向に改善しないでしょう。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

今週中の提出予定分については商品カルテ作成完了しましたが...

2013年06月15日
新たに昨夜13商品の商品仕様書作成依頼あり...来週はまたキーパンチャーと化す予定。用紙のボリュームを一見した感じでは...憂うつ。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

小規模食品業界、食品衛生状況向上?食品衛生行政による規制緩和の影響?

2013年06月15日
保健所の収去検査や民間監査会社による検査で「微生物規格基準外」の指摘を受けて「どうしたらいいのでしょう?」という相談が梅雨の時期はポツポツあるのですが...東日本大震災以降はそういう相談皆無。

小規模食品業界全般で食品衛生状況が改善しているのならそれは素晴らしいことですが、実際は単に規制緩和の影響だろうと思っています。規制緩和の影響が消費者へジワジワ悪影響を及ぼすことにはなるでしょうが、規制緩和との因果関係が口の端にのぼることはないでしょう。

行政機関も思考錯誤なのでしょうが、規制・基準緩和は行政にとって両刃でしょうから、運用のみで加減するのは手詰まり状態なのかな〜、と外野としてあれやこれやと忖度。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

七十七銀行女川支店の悲劇は銀行という特異性も争点ではないかと私は思います。

2013年06月12日
東日本大震災発災直後、私は品質保証コンサルをさせて頂いていた名取市閖上の蒲鉾製造販売会社に到着しました。従業員の皆さんは工場の外で待機していましたが、自動車のラジオをつけ流れてくるNHK情報から津波警報(?)の第一報(3mだったような)を聴き(受動的に聞いたのではなく勿論能動的に逐次情報収集するため聴き漏らさぬよう聴いていました)、従業員の方々を避難させることになりました。

その時、従業員の方々も避難するのが妥当・当然そうするべきと思ったでしょうが、それを経営者に即言える立場にはないだろうと勝手に私は忖度しましたので、経営者の方に「従業員を避難させましょう。(警報解除後)戻って来るか、来れるかはその時の状況次第(戻って来ない・来れない場合もその従業員を責めない・咎めない)。よろしいですね。」そんなことを進言し、解散となったと記憶しています。

私は単なる食品品質保証コンサルタントですので、労働衛生・労働基準に対して直接助言することはありませんし、職掌外です。しかし、あの状況では社員でない第三者の私が言うのが適切と思いましたので経営者に「即避難させましょう」と申し上げました。幸い経営者も即断しましたが、もし迷うようであれば「避難警報が出たのに従業員を避難させなかったならば、後日労働基準監督署から厳しい咎め・指導を受けるんじゃないですか?」と言おうと思ったような気がします、うろ覚えですが。

銀行の建屋の堅牢性・振込を扱う業務の特異性からもし津波が来ず本日中に復旧できるかもしれないと思って従業員を屋上に避難させたとしたなら、企業の特殊性・特異性に沿った他業種企業とは全く異なるマニュアル作成・訓練を行わせる責任が七十七銀行にはあったのではないか?とも思います。

無頼な私ですが、その蒲鉾製造販売会社の工場内・事務所内は地震で滅茶苦茶な状態で従業員全員で復旧にあたっても翌日中に生産再開できるとは思いませんでした。しかし、従業員全員で必死に復旧にあたればそれだけ早く生産再開できるだろうとは思いました。

「避難させず、その場にその建屋に残ってもらった方が復旧は早い」そういう考えも頭をチラッとは過ぎったでしょうが(経営者ならある意味当然)、事の軽重からその経営者は即断・即答しました。

混乱した状態で何が大事か・何を優先するか、考えること・判断することが多いだけに出来るだけ想定して考えずに粛々と行動できることを出来るだけマニュアルに落とし込みイザその時にマニュアルをひも解かなくても皆が阿吽で行動できることをより多くしたいものと思います。

ニュースで見る限りでは理解できないのは、なぜ七十七銀行と遺族による裁判になってしまったのか、七十七銀行と対峙する役割を宮城労働局が職務放棄したからではないか、労働基準監督署が職務を遂行したなら、遺族の方々が身を裂かれるような二次被害・二重の苦しみに苛まれることだけは回避できたのではないかという感想を持ちます。

非当事者ゆえの無責任・無神経な物言いで申し訳ございません。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

栄養成分の計算・商品仕様書作成・納品先へ提出するその他書類作成...

2013年06月12日

ようやく終わったと思ったら、別途依頼が来て...という日々。口先だけで泳いでいますので、手を動かす仕事は億劫というか、実は不得手だったりします...内緒ですけど。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

もう一人の自分「食品に関する法律と実務がわかる本」に慰めを乞う。

2013年06月07日

右から左にテキパキと仕事をこなせず、ちょっと肩を落とす。私に限ったことでしょうが、こういう時は自著を捲って、その文面・行間と対話する。そうするとちょっと気持ちが晴れます。あ〜本書いておいて良かったな〜と思う瞬間です。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

今日は商品カルテ・商品仕様書、何とかかんとか8商品分作成、各々の依頼先に送信。

2013年06月06日
...なかなか、右から左にこなせません...明日は新たな依頼6商品。書式フォームをざっと見た感じでは...仕上げるのに丸2日はかかりそうな感じ。...ぼちぼち頑張りましょ。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

次から次と商品カルテ・商品仕様書の作成依頼が舞い込み...頭がますますウニ状態。

2013年06月05日
今のところは...後14セット。商品の系統も書式も全く異なるもので...頭の切り換えが出来ず...。

実務経験があまり活かされない仕事は...実は苦手。作成のスピードが頓に問われる仕事は...おっとり刀のロートルにはちょいと厳しい仕事。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

小規模の食品事業者では自社で細菌検査を行っていない・行えない、そういう事業者は多いです。

2013年06月04日

余程微生物に造詣の深い人なら別ですが、細菌検査・微生物検査という道具を有せずに小規模の食品事業者が適正に営業できるかというと...日々薄氷の上を歩くが如しで、厳格に法に照らせば青ざめる状況でしょう。私程度の職能では...出来ませんので、青くはなりませんが、白くはなります...五十歩百歩といったところでしょう。

実際のところは私には道具がありますので、適宜検査します。結果、青くなることも白くなることもありません、但し冷や汗をかくことはあります。

この「怪しい」道では肩で風切る私でさえそんな感じですから、行政サイドも小規模食品業界への指導監視に二の足を踏むのも当然で、足が遠のくよりは実質指導基準を緩和することで行政側も恐怖せず少し気持ちを楽にして立ち入り指導できるようになるなら、それはそれで消費者にとって実のあることだろうとは思います。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品行政側の自発的規制緩和に戸惑う日々。

2013年06月04日

東日本大震災後に被災された方々が新規に食事業を始められて、そういう方々への配慮かな〜と思っていましたが、それだけではないような...。行政側の事情というものは私にはよくわかりませんので、微妙〜な変化に戸惑う日々。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています