出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

最近ブログ更新頻度が少ない、とお叱りを受ける...テヘヘヘヘへッ。

2012年09月29日
?「オッサン!愚痴ばっかり書いてないで仕事しなよ!」というお叱りではないのね?...おんちゃん、照れながら、もとい、苦笑いしながら頭をかく。

最近、あっちこっちの会社でパシリ(品質保証体制構築の応援)をしているもので、ちょっとそのボリュームに尻をペシペシ叩かれ、ヘ〜ロヘロ、なのでゴンス〜〜。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

宮城県の観光キャンペーン(DC?)は形あって心無し。

2012年09月29日
宮城県内の道案内の道路標識には観光客への配慮がありません。自県ナンバーのドライバーをさえ惑わすくらいですから、ナゾナゾ好きな人が作った道案内なのか?観光客来県を忌避する目的で作った道路標識なのか?なのでしょう。

国道45号線(多賀城市→塩釜市→松島町)を通った他県観光客は自分たちが歓迎されていないということをその道案内標識の解りづらさから思い知らされることでしょう。交通事故を起こさなかったなら、それは幸運です。ですから、リピーターとなる人は余程奇特な方々なのでしょう。

DCとかするならば、その前に他県出身で宮城県内道路に不案内な方々(転勤してきて間もない方々等)に県内をドライブしてもらい、改善提案をして頂くような初歩的施策はしないと、DCは単なる税金の無駄です。誘致されてしまった観光客は散々な思いをして「もう二度と行きたくない。あなたも宮城県への観光は止めた方がいいわよ」と喧伝することになるでしょうから。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

メール送信先間違える...疲れているのね〜、ということで勘弁ね。

2012年09月28日
改めて再送信。

震災復興支援中の1社は自前従業員で品質保証をまわせるようになってきましたので、私の負担も軽減。チョッとホッとしたところで次の1社はこれから。結構...書類作成の労重く...オイチャン、再び?三度?のヘロヘロ状態。自分で尻に鞭打ち、もう一踏ん張り、二踏ん張り、頑張ります。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「万が一...津波が来なかったら...」その場合を想定して...もし私が食品会社の品質保証・品質管理責任者であったなら、避難せず命を落としていたでしょう。

2012年09月27日
従業員を避難させた後、津波が来なかった場合の事後処理(出荷できる商品有無・輸送手配・取引先への連絡...等)が頭を駆け巡り、避難せず社内・商品の状態を確認し、事後処理のため社に残るでしょう。

社屋が堅牢で幸運にも助かる場合もあるかもしれませんが、建屋に金をかける食品会社は余程余裕のある会社か品質保証を知らない会社かですから、生き延びる可能性は低いでしょう。

私はそう思いますので、津波被災した食品企業の品質保証・品質管理責任者で命を落とした方も同様の思考をなさった結果なのではないか、とも思います。

そういう社の復興には手前勝手な思い込みかもしれませんが、そういう方であれば従業員の方たちの生活を心配し又会社の再興を願うだろうと思いますので、微力ながらの復興支援。...オンチャン、口ほどの腕はないもので、ホンに微力です。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

昨日は被災食品工場側の人間として品質保証監査立会い。監査人の力量・器に脱帽。北風ではなく太陽、であった〜。

2012年09月27日
品質保証技能に脱帽。人格に脱帽。

絞りに絞った指摘。1つの指摘の裏に1000の知識を有する感じ。私の10倍以上の知識を有しておられる心証。

監査後は「指摘されたからやらざるをえない」チョイと...すねた心境になり勝ちな私(...オイ、オイ、おんちゃん...な私)ですが、感謝の気持ちとともに改善意欲湧く。

いや〜、世の中にはスンゴイ人がいるもんですたい。

「指導・指摘頂いた事に対して、専務、気張って改善してね!」...オイ、オイ、他人事かい?...すんません、冗談です。「気張って改善しましょうね!」です、北風は切り裂くを常とする私ですが、太陽には平伏。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「はい。疲れてます。」即答する私はまだ余裕あり?

2012年09月20日
私なりの復興支援として、生き残った者の務めとして、被災食品事業者の品質保証サポートをあっちこっちでやっています。

どの事業者に対しても保健所が取り敢えず営業を可とするレベルはクリアーさせますが、その事業者の取引先が求める品質保証レベルによっては1社月100時間以上の作業時間になってしまったりして...流石に疲労困ぱい。

「佐伯さん、やつれましたね。疲れているんじゃないですか?」応えて曰く...。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

明後日9月19日はいよいよ竣工式。名取市閖上に工場のあった笹かまぼこ製造販売「ささ圭」さん。

2012年09月17日
で、このオンチャン(私)は何をさせて頂くか?というと、来賓の方々の駐車場誘導・工場へのご案内。大口叩くわりに...私に出来るお手伝いはその程度、です。

今日は社長の奥様にそのご挨拶。一被災地民として「よくぞ、再開して下さいました。有難うございます。一被災地民として感謝申し上げます。」という言葉は呑み込み、事務的なご挨拶に止める。

帰りの車中、閖上を遠くに仰ぎ見ながら、いろいろ思い出し、目頭熱くする。猫の手として少しでもお役に立てるなら、生き残った者として少しだけ気持ちが軽くなる、というものです。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

あの方の香り・存在を感じさせるマニュアル・チェックシートを渡したいという思いはあります。

2012年09月15日

来週竣工の食品会社。工場長兼品質管理担当であられた方は私より数段品質保証能力を有しながら穏やかな物腰の方でした。経営者からは信頼され従業員の皆さんからは慕われていたことでしょう。

震災前に取引先へ提出したマニュアル・チェックシートが取引先にあったなら、それを出来るだけ手を加えずに新工場用に活用したいと思ったのですが...残っていないと言うことですので...。

やむなく私が「その方であったなら...」そう想像しながらオリジナルで作成することにしました。まだ作成に取り掛かっていませんが、気力を振り絞って一式作成します。

取り敢えず工場従業員の皆さんにはそれで勘弁して頂き、運用しながら皆さんから話を訊いてあの方が見守っていてくれているような気がする・香りがすると思ってもらえるような書式に修正していきたいと思っています。

...オイ、オイ、オンチャンにそんな腕あるのか?というと、ちょっと心許ない。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

宮城県南の地場農水産物を原料とする食品製造事業者の方々には申し訳なく思いつつ...

2012年09月13日
復興支援に二の足を踏んでしまいます。被災地の復興を国(民主党)が支援する気があるなら、一次産品の全数検査を国が積極支援するでしょうが...なぜ支援しない?

民主党への不信感、一層募る。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

編集者のコメカミ、ヒクツク?

2012年09月13日
目次案だけで、その後、全く筆進まず...。

「あ〜、とんでもないオンチャンに頼んでしまっ、た〜」と頭を抱えていることでしょう。

明後日、から頑張ります。...オイ、オイ、明日から、ではないのかい?...明日は復興支援ということで「明後日から」、ということで勘弁、勘弁、ご勘弁。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

宮城県による県内一次産品の放射性セシウム検査(2012年4月〜7月)。検体の6%が規制値超過だったとか...。

2012年09月13日
ん〜ん、...んん〜〜〜〜〜ん。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食における今日的品質保証には「従業員満足度向上」は尚更不可欠。

2012年09月13日

ですよ〜。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

再建食品工場の品質保証書類一式作成・送信...疲労困ぱい...。

2012年09月13日

企業規模の大小・品質管理専任者の有無・取引先の要求レベル、それらによって企業存続上必要な品質保証レベルも雲泥。今回はちょっとボリューム多し。従業員の雇用形態も含めた完全復興までは道半ば。安定した雇用につながれば、という思いを込めて、オンチャン根性で仕上げました。

今日は午前中で一日分のエネルギーを使い切り、ヘ〜〜ロヘロ。午後予定の別企業支援は明日に、勝手にスケジュール変更。ボランティアとはいえ、気ままでゴメンナサイ。明日は頑張りますので。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

9月19日は「ささ圭」さんの工場竣工式。津波被災前には名取市閖上にあった「ささ圭」さん。

2012年09月12日
当日、私は裏方をさせて頂くつもり。

東日本大震災で名取市閖上の海辺にあった工場は全壊。そこから、よくぞ再建下さった。従業員の方々はさぞ喜んでおられるだろう、と想像します。

「ボランティアで猫の手」と思いつつ、日延べして、お役に全く立てずにおりました。まあ〜、あまりお役に立てそうな腕もありませんので、申し訳程度に裏方のお手伝い。

最近、口先だけ男が板につきつつあり、スケジュール上・体力上、当日行けるのか...ちょっと自信無し。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

自治体産業振興部局が主催するネットモールについては卸会社に法令点検委託した方がいいでしょう。

2012年09月11日
モールに出品・出店する食品事業者自身が食品関連法に精通していれば問題はないでしょうが、地方自治体主催のネットモールに参加する食品事業者は零細事業者が主体。自前で食品関連法順守することは難しい。

純然たる民間のネットモールなら別ですが、法を順守させる立場の行政側が主催するネットモールの商品に食品関連法上の問題があるのでは具合が悪いでしょう。

食品卸会社にとって今や、扱おうとする商品の食品関連法順法点検能力有無は死活問題。地方自治体主催のネットモール上の商品の食品関連法順守云々が顕在化した例は今のところ知りませんが、先を見越して卸会社に点検業務委託をした方がいいかもしれません。

全国のどこぞの自治体主催ネットモールで問題が顕在化した場合には飛び火するかもしれませんので、そういう危機管理意識は少〜しあって然るべき、かも。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

全国の自治体に切に願います、防災無線フィードバックシステム導入を。

2012年09月11日
「鳴らない防災無線は人の避難行動を妨げ人を死なせた」宮城県名取市閖上の悲劇を繰り返さないため、切に願います。

私は宮城県多賀城市在住でしたが、昨年3月11日東日本大震災発災時は名取市閖上にいました。その2日前にも大きな地震があり、その日私は名取市閖上にはいませんでしたが、その時は防災無線から津波警報が流れただろうと思います。

2日前の地震の時は津波警報が鳴り、3月11日には津波警報が鳴らなかったなら...防災無線が存在することを2日前にすり込まれた住民が3月11日には津波警報が鳴らなかったので津波は来ないと思い込んだとしても私は自然な思考ではないかと思います。

私は名取市閖上の住民ではありませんので、同地に防災無線があるとは知りませんでしたので、カーラジオから情報収集し大津波警報が出たことを知りました。同地に防災無線があることを知っていたなら、私は「地域限定防災無線の方が情報の精度は高いだろう。この地には津波は来ないのだろう。」と思ってしまったかもしれません。

宮城県名取市閖上の悲劇から教訓を得て頂いたものと思っていましたが、今年8月末にあった仙台市内での防災無線放送トラブルに対する仙台市役所ホームページ上の9月1日付再発防止策を拝読するに愕然。仙台市が学べていないことに悲しみ深し。

今日は9月11日。仙台市ホームページ上の情報はまだ更新されていませんので、総務省も再発防止の不適切に気づいていないのでしょう。仙台市はもとより全国自治体に防災情報を共有して頂く意義も込めて明日か明後日に総務省へメールで防災無線フィードバックシステム導入の全国自治体への呼びかけをお願いする予定です。

仙台市役所職員は震災以来疲弊して思考能力が低下しているのかもしれませんし、総務省もそれに配慮して即時指導を控えているのかもしれませんが、被災地民として全国の方々へのお礼の意味も込めて意見を送信するつもりです。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

苦情対応・食関連法違反で困った食事業者の人は遠慮なくメールで相談してください。

2012年09月11日
津波被災した食品製造会社の工場再建に歩を合わせて食品関連法順守体制構築・品質保証上の諸書類作成をそれぞれの会社の事情に合わせて復興支援しています。

販路の都合上、製造開始と同時に食品関連法順守を求められる、そういう規模の事業者への品質保証実務支援に結果として特化した支援になってしまっています。

食事業者ならあまねく食品関連法を順守するもの・出来るものと行政筋・業界筋でも思い込んでいる人は珍しくはありませんので、私もちょっと面食らうことがありますが、食品関連法を一通り順守している・できる事業者は全事業者の1割にも満たないというのが私の経験上の実感です。

行政筋も消費者も数人規模の食品事業者に厳格な食品関連法順守を期待はしないでしょうし、実際求めるのは酷です。

とはいえ、何かの拍子に指摘を受けてしまうことはあるでしょう。困った時は私に相談してみては如何?...怖い、のかな?...日頃はつまらないオヤジギャクばかり言ってますが、結構のその道においてはプロ、だと思いますよ。

仙台市役所から小規模食品事業者の復興支援は不要と言われてしまったように、問題が顕在化していないにもかかわらず小規模食品事業者への食品関連法順守実務支援はヤブヘビとなる有難迷惑なことではあるかな〜...と自重しています。顕在化・直面した場合には遠慮なく相談してみてね。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

コオロギの音、涼やかなり。...って、コオロギ君、不法侵入でっせ。

2012年09月08日
歓迎しますけど...お食事はキャベツでもOK?
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品3法とは食品衛生法・JAS法・景品表示法であって、食品衛生法・JAS法・健康増進法ではありません。

2012年09月07日
消費者庁が景品表示法を外し健康増進法に差し替えたのは行政側からすると健康増進法の方が組みし易しだからでしょう。

食品関連法順守現状・順守実務や消費者不利益の実際に必ずしも消費者庁が疎かったから、というわけではないでしょう。大人の事情があったのでしょう。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

今日は珍しく右から左に依頼事案処理。

2012年09月07日
オイチャン、今日はバッチグー、体調良いね。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

私にとっての一流の食品事業者とは「経営者が自社従業員を宝と思っている事業者」、です。

2012年09月06日
例え一日だけのアルバイトの人へでも経営者が感謝の気持ちを持たないなら、それのみでその食品事業者は二流以下。

経営者から感謝のまなざし・労いの言葉を向けられずにどうして扱う食品・それを食べる方に従業員が心を向けてくれることを期待できるでしょう。

人はパンの実...もとい、人はパンのみにて生きるに非ず。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

最近いろいろな食事業者の所に顔出ししているためか、チョッと平衡感覚狂う。

2012年09月06日
私が顔を出す以上、食品関連法順守はお願いしますが、それとは別に求める品質保証・品質管理レベルはその事業者の納品先の要求レベル次第。これは雲泥。

従業員数2〜3人の事業者と従業員数50〜60人では自ずと出来ることは異なります。人数が少なければ食関連法順守も危ういですから、目配りも健康危害に関する法令順守に絞る場合あり。チョッとだけ、平衡感覚を失う時あり。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

私の言動は基本負け犬の遠吠え、です。

2012年09月06日
食を取り巻く問題・環境の現実周知、食事業者の不祥事発生発覚時にその物言えぬ従業員・家族への憐憫懇願、行政・消費者・マスコミ側の勘違いによる食事業者への不毛な処分の回避、などなど変人ゆえの可笑しな願いを込めている場合、もたまにはあります。

弱い犬ほど、よく吠える、ということで...「あ〜、またこのオイチャン、吠えてるね。きっと可哀相な境遇なんだろうね。」ということで...勘弁してチョッ。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

海底土中の放射性セシウム濃度調査...調査目的は学術的興味を満たすこと?かな。

2012年09月06日

海産物の放射性セシウム濃度は「唯一」全数検査でのみ担保されるもの。海底での放射性セシウム分布に野次馬的興味はありますが、食関係の仕事をしている者としては関係のない話。食関係で生きる者としては、限りあるお金は一次産品全数検査のための検査機導入に回して頂きたい。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

私が工場再建・本稼働までに整える品質保証レベルは保健所が可とするレベル。

2012年09月06日

納品先によってはその数倍以上の管理を求める場合がありますが、それに応えるかどうかはその会社の復興状況次第。

震災前の条件で雇用できているのか、状況によっては取引を見合わせることも英断した方がいいと思うケースもあります。

取引先に「○○の管理もやります」と一旦約束したなら、それは法に準ずる扱いとなり、一回でもやらなければ契約違反で回収措置を採ることにもなりかねません。

外から見た場合には相当程度復興・復旧したように見える会社でも、内実体制はまだまだ整っていないという心象を私は受けますので、工場再建間もない会社は背伸びし過ぎることなく保健所が可とする品質保証レベルを先ず整え浸透させてから先々を考えるのが妥当だろう、そう思います。

それぞれにそれぞれの事情というものはあるので生姜、もとい、しょうが、ね。...疲れていてもオヤジギャグだけは止められま、シェーン、カンバック。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

東日本大震災における人災から総務省が学んで頂いたなら、遠慮なく仙台市消防局を行政指導して頂きたし。

2012年09月06日
「防災放送鳴らず」を人的ミスに矮小化する仙台市消防局の態度は大震災の教訓に学ぶ真摯な姿勢が欠落しているとしか私には思えません。

聞こえない(鳴らない)警報機が人の避難行動を妨害し防災放送に信を置き留まった人を死なせたという認識が被災地防災行政機関で共有されていないのなら、到底看過できません。御霊への冒涜でもあると思います。

東日本大震災時同様の人災(フィードバック信号システム組込みの欠落)を防止するために、全国自治体への周知の意味も込めて総務省は遠慮なく仙台市を行政指導頂きたく思います。

天に唾する言動ですが、発災時名取市閖上に居合わせながら切迫感を持てず結果として存じ上げる方々をも見殺しにしてしまった罪人である私のこれがせめてもの償いです。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

最近...品質保証支援にチョッと厭戦気味。

2012年09月05日
食品関連法を熟知しそれを順守しながら営業している食関連事業者は全体の一割にも満たないですが、その一割にあたる状況で営業し更に高い品質保証を志向する事業者もある。

食業界事情を知らない消費者ならそれは当り前、そう誤解してしまうかもしれませんが、私は業界事情に精通しているつもりですので、あれもこれもやってと頼まれると辟易とすることあり。

体がいくつあっても足りない。この世の中、上には上がありますが、下には下がありますので、全体の底上げを所管行政機関が更々やる気のない中では...私も嫌気がさすこと度々なり。

吾、グッチ佐伯なり、グッチ裕三さんをモジリア〜ニ、...オヤジギャグ言う元気だけはあったりするオイチャン。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「復興支援は不要です(迷惑です)」仙台市職員に先月私はそう明言されました。

2012年09月05日
東京都内の宮城県アンテナショップの売り上げが昨対半減だそうですが、被災地内での風化は更に著しい。

仙台市以外の被災市町の方々はさぞ仙台市役所の横暴振りに怒りを覚えているのでは...って私の周囲だけ?

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

今月中旬竣工の工場は、品管兼務の立派な工場長が陣頭指揮するはずでした。

2012年09月05日
能ある鷹は爪を隠すの態を備え、品管としての職能も私より数段優れた方でした。

その方がいらっしゃらない今、その工場が順調に立ち上がるようボランティアで助力。追々、品管を雇うでしょう。

それまでは可能な限り時間をやりくりして助勢するつもり、あの方のようには到底出来ますまいが。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

私の周囲では仙台市職員の横暴さを物語る話題沸騰。

2012年09月05日
中央官庁の真っ当な指示を無視している話や津波警報無放送後の危機感が欠落した的外れな再発防止策発表などなど。

震災後数週間、仙台市役所に家族が殺されかけたことへの逆恨み...易々とは消せません。いや〜、私って人間が小さいですからね〜。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています



39件中(1件〜30件を表示しています)   前   |