出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食品行政機関・食品業界の大勢としては...食品業界全体での食品関連法認知度が1割を切ることをタブー視する傾向強し。

2012年08月31日
「食品関連法視点では9割の事業者は存在しないことにしたい・する」立場上自己暗示をかけたくなる気持ちもわからないではありません、私も食品業界を泳いで長〜いですから。

大人の社会って奥が深くて面白いでがんすが、たまには流れに棹さすのも又面白し。...オイチャンの場合、たまに、ではないですから、なかなか生活は♪キビシ〜♪ですが、一度きりの人生楽しまずんば是如何に?(伊達政宗の捨てゼリフのマネ、です〜)

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

目が点になるような...というか、得難い経験あれこれ。

2012年08月31日
「冷凍商品の腐敗苦情。室温で包装し発砲スチロールに密封包装してその状態で冷凍庫に保管」...そりゃ〜腐って当然だはな〜という相談。

「苦情連絡を下さったお客様を逆切れした社長が怒鳴りつけた」...そりゃ〜居合わせた従業員は青くなるはな〜という相談。

「賞味期限印字間違いに気づき、ボールペンで斜線して正しい賞味期限をその下に手書き」...そりゃ〜買った方はビックラこくはな〜という相談。

なかなか経験し難い難易度の高い実務を積ませて頂き、結果、こんなオイチャンが出来上がりました〜〜。

パンダは希少動物でしょうが、私も希少性という点では負けてないと思いますので、仙台市の八木山動物園で飼育してくれないかな〜、申〜し〜。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

質問されていろいろアドバイスしている中で質問者が絶句、な〜んてことは日常茶飯事。

2012年08月30日
「そんな決まり・法律があるんですか〜...(知らなかった...)」と絶句される。

「食品関係の法律を熟知している食品関係業者は精々1割程度ですから、青くなること(必要性)はないですよ。決まり・法律があるということを知っただけ上等ですよ。」という風に慰めること多し。

食品関連法に対する事業者側の習熟度というのは「精々」そんなもんですたい。それでいい、とは思いませんが、それが現実。驚きはしませんが、なんで行政機関は啓蒙を忌避するのだろうか?それ自体に対しては流石の私も目まいを感じることはありますばい。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

ちょっと疲れているもので...代書の文面もヘ〜ロヘロ。

2012年08月30日
...ゴメンネ、直してねって感じ。ちょっと今日はこれが限界。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

また、やっちゃった...やっとこ打ち込んだ商品規格書...未保存...ガックシ。

2012年08月30日
いやいや疲れているんでがんす〜〜〜。打ち込み直して依頼先に転送。いやいやオイチャン、ドジですからね〜。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

目次提出してホッ。別件でこれから細菌検査。

2012年08月29日
ということで...報告書代書と今月末締め切りの商品規格書代書は明日、ということで...勘弁、勘弁、ご勘弁。オイチャン、最近ちょいと安請け合いし過ぎ傾向。ゴメンネ。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

来春あたりに食関係の実務本をまたぞろ出版する予定ですが、頭ではなくまたまた心で書く。

2012年08月29日
実務本なのに頭ではなく胸に手をあて心で書く...編集者が聞いたら涙がカチカチクラッカー、でしょうね〜〜。頭が足りない分は心で補う、予定で〜〜す。編集者には内緒、ね。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

大学新卒の4人に1人は正社員の職に就けずにいるとは...

2012年08月29日
私の本が月に2〜3度楽天で5〜10冊一度に売れることがありますが、もしかして大学のゼミで購入しているのでは?

大手食品企業向けの本ではありませんし、大手なら従業員教育を自前で出来ますので、自著は二重三重に不要。

自前で人材育成の出来ない中小企業は自著を必要とする職務の人は1人か精々2人でしょうから、数冊まとめて買うことはないでしょう。

入社後誰からも指導を受けられず入社当日から即実務を執れる即戦力の人材を求めている中小企業にも就職の機会を求めているのであれば、あまりに気の毒。

私の勘違い・思い過ごしだとは思いますが、そうであったなら就職できたとしてもさぞ苦しい・辛い思いをする・しているでしょうから、品質保証上のこと・品質管理上のこと等わからないことはこのおんちゃんに遠慮なくメールで訊いてください。

結果...頼りにならない・口ほどにもないオイチャン、であったなら...ゴメンネ。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

目次を考えていて、ふっと秋山小兵衛を思う。

2012年08月28日
私は...剣の腕の未熟な秋山小兵衛。秋山大治郎程の腕は無いが、世の中の表裏は知っている、という人物設定が妥当かな〜。

な〜んちゃって、時代小説を書くわけでは無し。時代小説執筆を頼まれる程の特級の時代劇ファンではありません。私の時代劇好きは趣味の世界、下手の横好き、に御座候。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

目次提出期限は今月末。...おいちゃん、腕組み中。

2012年08月28日
大体は書いた、んですけども...もうちょっと。編集者の方が知ったら...このオンチャンに頼むんじゃなかった〜〜、と後悔することでしょう。ゴメンネ。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

復興支援ままならず...あっぷあっぷ状態。

2012年08月27日

あっちこっちに顔出しして「微力ながらお手伝いします〜」のつもりでしたが...それぞれにそれぞれが結構支援内容のボリュームが増してパンク状態。安請け合いした手前...「この辺で勘弁してくれろ」と投げ出すわけにも行かず...おんちゃん、無計画に生きているツケが廻ってきてしまった〜の巻〜。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

政府が全数検査を阻止する理由はこれ、でしょう。

2012年08月21日
福島県沖20km地点で採取したアイナメがセシウム濃度:25800/kgだそうです。この海域のアイナメは出荷制限をかけて流通していないそうですが...。

サンプリング検査・モニタリング検査が母数・全数の最高値を示すわけではありませんので、今やセシウム濃度:500ベクレル/kgが検出限界の全数検査機器が開発されたと聞きましたが、検出限界が高いので使いものにならない?的主張でどこまで全数検査機導入阻止を引っ張れるか...。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

札幌市の食品衛生部局へのお願い。

2012年08月20日
NHKのニュースで立ち入りした工場の案内者の方は鼻マスクでした。テレビカメラを向けられて緊張したのかもしれませんが、鼻マスクはちょっと痛い。

テレビカメラが入っているのですから、その映像が流れればその工場の食品衛生レベルはその程度と思われてしまいますので、映像に撮られる前に注意して直させてあげてほしかった。ケースバイケースですが、遠慮はかえってその企業にダメージを与えることになります。また食品衛生監視員のコメントでしょうが、「特に問題はなかった」的コメントも信を失いかねませんし。

NHKもその程度の初歩的食の安全知識は知ってほしい、NHKはそういう配慮が全くできていない報道(映像)が昔から多過ぎます。食品衛生関係の仕事をする人なら今回の映像にも顔を歪めたことでしょう。私?...私は一応その端くれですから、勿論顔が引きつりました、よ。

この映像に登場した工場はそれでも勿論上等な部類の会社だろうと思いました。念のためそれは申し添えます。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

来月初旬竣工予定の被災企業の品質保証書類一式...未だ手をつけておらず...壁に手をあて反省。

2012年08月18日
今月はあれやこれやで急に予定が詰まって...青色吐息。

私なりの復興支援として、立ち上げ時に必要な品質保証関係等の書類一式を作成してデータお渡ししようと思いつつ、今月末までは対応出来そうになく...申し訳ない。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

ここ最近、一番の懸案事項は...ピアノ発表会のパンフレット作成。しかも...挫折。

2012年08月18日

ここ一週間、四苦八苦でおんちゃんにしては頑張ったのですが...おんちゃん、口程にもないので御座った。勘弁、勘弁、ご勘弁。壁に手をあて、反省。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品の放射性物質規制値が改正されるかどうか、それは全数検査機の開発進捗次第でしょう。

2012年08月07日
検出下限が500ベクレル/kgの全数検査機器が開発される見通しを受けて、全数検査機導入を阻止するためにも規制値を100ベクレル/kgとかに下げたのだろう、という曲解を私はしました。私はヘソがおもいっきり曲ってますからね〜。

全数検査機器導入は何としても阻む必要性が政・官側にはあるでしょうから、ね。

現在の規制値以下の数値にも対応可能な全数検査機が実用化される目途が立った時には、更に規制値を下げる必要性に迫られるでしょう。

機器メーカーに政・官側が直接は勿論間接にでも圧力をかけるというのは火に油を注ぐことになりますから、開発進捗と規制値低減のイタチごっこはしばらく続くでしょうが、数年後には政・官側もある段階で諦めるでしょう。

消費者が機器メーカー側の開発を直接・間接にどの程度応援・支持するか、も大きなカギとなるでしょう。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食にかかわる行政官が食品関連法?何それ?的に鼻で笑った時は、大体私はブチ切れる。

2012年08月07日
食品衛生を所管する行政官でそういう不逞の輩には会ったことがありませんが、その他の行政官にはそういう輩呼ばわりしたくなる人たち多し。

「あなた方のおかげで、今も詐欺師を見るような目線を事業者サイドから向けられることがありますよ。お陰様で、ね。」

鬼平のように粋な計らいで「今回に限り」見逃す、ならそれもありですが、相も変わらず長き惰眠を貪る後ろめたさからか?不当業界と徒党を組むお代官様的行政機関に、何で私が遠慮した物言いをする義理がありましょうや?

おんちゃん、直ぐにブチ切れ。いやいや、老い先長くはありませんな〜、こりゃ。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

9月4日「食品中の放射性物質についての講演会と意見交換会」(於:仙台市)は興味津々。

2012年08月07日
食品の放射性物質規制値は厚労省が政治的に決めた値。

食品安全委員会の見解では放射性物質内部被ばくの健康影響に閾値は無い(微量の内部被ばくでも健康影響が出る可能性はある)とのこと。その見解に頭を抱えつつ?厚労省が経済性・実現性等々を考慮して...政治的に決めたのが現在の食品における放射性物質規制値。

意見交換会ではいろいろな話が噴出...もとい、出る、ことでしょう。私は元気よく意見・質問をしようと思います。

東北六県の自治体関係者が桜として出席するでしょうから、その方たちはひざに手を置いて有難く拝聴するという姿勢で意見・質問をするなど以ての外でしょうから、フリーな民間人・官側に無遠慮な...失礼、忌憚のない意見・質問をできる人がどれ程出席するか、その人数が多ければ私に発言機会はないかも、ね。

積極的に元気に挙手して発言・質問許可をアピールしてきます。って〜、まだ一ヶ月先の話ですが。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品行政機関による不正競争増進に憤まんやる方無し。

2012年08月04日
100点と言わないまでも70〜80点程度の食品関連法順守が出来ているなら、あまり四の五の言うなや!という憤まん。

70〜80点程度でも飲食店を含めた食事業者全体では上位10%には十分位置する。70〜80点でも不十分は不十分であることは私も承知。

しかしだ、しかし。人件費・設備費をかけて70〜80点にあげた事業者に更に人件費・設備費を投じさせて10点また10点と上げさせることに時間を割けるなら、20〜30点の事業者に10点・20点あげさせる指導に一層の時間を割き、あまりにあまりな事業者には営業禁止処分をビシバシ下していったらいいではないか!という憤まん満々。

なんか...アホらしくってバカバカしくって、悲しくなる今日この頃。あ〜秋だね〜、ってまだ夏か。

♪あ〜〜あ〜あ、嫌んなっちゃった〜、あ〜〜あ〜あ、驚いた♪

ところで、鶏刺しはいつ頃厚労省は供食禁止にするのだろう?全国地方自治体の食品衛生部局は厚労省に上申していないのだろうか?まさか、上申していない、って〜ことはないでしょう。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

放射性物質による食材・食品汚染については直接厚労省を糾弾するのが早道。

2012年08月04日
厚労省も放射能問題では経産省と東京電力による犯罪の被害者でしょうが、消費者が一食品事業者に苦情を言っても状況を改善する道は拓けないでしょうし、なにより単なる大人のイジメでしかありません。

国が流通を可とした一次産品を原料として使うこと、それを拒否するというのは諸方から直接間接の相当圧力がかかるでしょう。場合によっては行政処分の対象とされるリスクもありますし。

そんなこんなですから、消費者の人は事業者の分も厚労省に直接苦言を言って頂きたし。厚労省なら状況を改善する権限を「ある程度」は持たされていますので、後は心ある官僚が干されないように消費者が後ろ盾になる気概があれば、行動してくれるかも?しれません。

一番の効果は...現職衆議院議員が消極的態度をとるなら次期選挙は他に投票しますからね、という発言かもしれませんが...民主党現職はラリッテル風な人が多いですから、落選させて次の人に換えるまでは期待薄。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「食品中の放射性物質についての講演と意見交換会」(会場:仙台市内)への出席申込しました。

2012年08月03日
2012年9月4日(火)13:30〜だそうです。定員は600人で申込人数がそれを上回った場合は抽選になるそうですが、民間人の出席を優先してくれるだろう?と思いますので、たぶん出席できるでしょう。

質問時間をどれくらいとってくれるのか心配ですが、「元気よく」質問したい、と思います。仙台市職員の方は質問内容に顔面蒼白となるでしょうが、それを気にしていてはまともな質問を出来ませんので、その点はご勘弁ご勘弁。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品関連法順守とかそれを含む品質保証とかは小規模営業では社会から要求されたり咎め立てされたりはしないものです。

2012年08月02日
ある程度事業規模が大きくなり売り先を広げる場合に、法令順守を要求する取引先・納品先から要求されて体制を整えていくものです。

この脱皮の時には卸会社・仲卸会社を通すことによって、それらの人が法令順守状況・品質保証状況のレベルを忖度して事業者を教育してくれる役割を担ってくれているのが昨今の状況です。

食品関連法所管行政機関はそれによって随分助けられている、と私は思います、ね〜。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

工場図面拝見。珍しいと言っては失礼ですが、品質保証上完成度の高い図面でした。

2012年08月02日
設計会社の起こした図面は品質保証視点では多少修正を必要とするのが一般的ですが、なかなか素晴らしい。

と、いうことで、これを基に諸々の品質保証書類を作成することとす。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

午後は復興支援。被災食品企業の図面チェック。

2012年08月02日
9月完成予定とのことで、建設途中からの支援ですが、品質保証監査を受ける場合を想定し、工場サイド案内者視点で図上演習。完成後に追加工事が必要にならないように図面を修正するつもり。

その後は営業許可申請手続き・製品毎の賞味期限設定試験・その他品質保証関係書類作成という流れで支援。無償支援ですから、時間の許す範囲で頑張ります。

10月上旬にはこの工場立ち上げ時の支援は一応完了とする見込み。

...おんちゃん、結構頑張ってます。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

仙台市役所の食産業振興部局の係長クラスの人が「飲食店は食品衛生法だけですからね」と言った時には...目まいがしました。

2012年08月02日
飲食店に関係する食品関連法が食品衛生法だけと思い込んでる節。仙台市役所が他の地方自治体と比べて著しく職員のレベルが低いということはないだろうと思います。

食に携わる人の底上げを図る上での課題は多い。どこから手をつけたらいいのか、消費者庁職員も苦悶していることでしょう。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食産業振興部局の地方公務員が結果として小規模飲食業を含めた食産業界における不正競争に手を貸してしまっているのではないか?

2012年08月02日

そうなってしまっているだろう、と私は思いました。

食品衛生法については専門的知識を持つ食品衛生監視員が実務経験を積み、小規模食産業界を指導する体制が整っていますが、他の食品関連法の指導体制は無い。

小規模食産業振興の性質上、振興しようとする小規模飲食店・食品加工製造業者が食品関連法の知識が不十分であることを前提として、景品表示法を含めた食品関連法全般の知識を有した担当官が意図せぬ食品関連法違反が起こってしまわないよう事業者へ助言・指導することも振興の片輪だと私は思います。

食品関連法を考慮しなければ制約が少なく、競争・競合相手が食品関連法を知り自己規制している状況なら、イケイケドンドンが勝つでしょうが、それは或る日突然終わりを迎えるリスクをはらんでいるでしょう。

行政機関が違法行為に一枚かんでしまっていたということにでもなれば、当該行政機関も批判の対象になるでしょうから、善意で振興したことが仇となったのではその行政機関・行政官も気の毒です。

自発的な担当官教育・養成がリスク回避上必要だろう、と無責任なオイチャンは思うのでし、たあ〜〜。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品衛生法は食の安全に関する法ですが、経済性も加味して政治的に決めるもの、だそうです。

2012年08月02日
内閣府の人がそう言ってました、同席した厚労省の人はノーコメントだったですが...。ん〜ん、大人の浮世話は奥が深い。ピーターパン的浮き草の私には理解できない話、であった〜〜。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

消費者庁による食品表示一元化の実効性を高めるため、消費者庁が政令指定都市を啓蒙・順守モデル地区に指定してくれないだろうか?

2012年08月02日
都道府県単位指定では広範過ぎますので、もう少し狭い範囲を先進モデル地区に指定してその地区を核として啓蒙・指導を広げていくというのも一つの選択肢でしょう。

食品関連法全般に精通した行政官はいませんので、先ずそういう人を養成し、その人が小規模の食事業者への啓蒙・指導を推進する。小規模の食品事業者だと消費者庁が改正を自庁HP上で告知しても浸透はしません。任意出席の従来型説明会・講習会も啓蒙の効果は無く、ただ税金の無駄。

大阪市は異国情緒色濃い土地柄でしょうから、大阪市は除外してその他の過去に問題が散発した仙台市・札幌市・福岡市をモデル地区に指定して試験的に行政官の養成・小規模食事業者への実効性ある啓蒙をいろいろ試してみてはどうだろう、と思ったりする今日この頃。

民間にも開放して賞金制にしてくれたなら、私は商売替えして賞金稼ぎになって左団扇で暮らせるんだけどな〜、?あんた(私)のために食品関連法違反を放置しているのではない?...こりゃまた、失礼しました〜、違うのか、残念。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています