出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食関係行政機関が精通しかつある程度事業者側に啓蒙している法は食品衛生法のみ。

2012年07月30日

中央官庁においてもそうでしょうが、地方自治体レベルになると食に関する法律の概要さえ知らない行政官が多い。これでは民に対する啓蒙・指導ができないのも道理。仙台市特有の問題とは私は思っていません。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

地方自治体の食産業振興部局の人は公正競争規約は知っていた方がいい。

2012年07月28日
現状の公正競争規約は改正の必要にそのうち迫られるでしょうが、現時点ではまだ消費者サイドから問題視はされていないようです。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

消費者庁へのお願い。地方自治体の食産業振興部局への食品関連法知識習得にご協力を。

2012年07月28日
仙台市役所の食産業振興部局の人を話をして驚き又ガッカリしたのですが、食産業における順守すべき食品関連法を知らない。

市レベルでは景品表示法に基づく事業者への指導権限が無いとは思いますが、地方レベルでの食産業振興は小規模事業者対象の振興が主。残念ながら、小規模事業者は食に関する法律に疎い。

食に関する法令順守責務は一義的には事業者に存しますが、振興で行政が関与するならば、最低限の知識は身につけて事業者が知識不足から脱法してしまわないよう指導・助言ができるレベルに底上げして頂けると有り難い。

不作為であったとしても...官が不正競争を促進する現状が少しずつ是正されていくことを望みます。努力する者・正直者が損をする環境を少しずつでも是正していかなければ、悪貨が良貨を駆逐します。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

消費期限切れ食品の再加工販売が違法か?ですか...必ずしも違法行為ではありません。

2012年07月28日
但し、消費者視点では理解を得られにくいです。また、食品衛生法を含め他の食品関連法を熟知した上で再加工しないと法に抵触してしまう可能性が高いです。

違法か?合法か?どういう再利用手順を踏めば法に抵触しないか?それらを判断できないなら、もったいないですが廃棄処分にするのが妥当です。

食品関連法に精通していない人が再加工販売した場合は結果として法に抵触することをしてしまう可能性大。

以上、質問への私の回答です。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

奥山仙台市長は厚労省の代理納付に関する通知を無視した社会福祉担当課長への処分を不問にしたようですし、

2012年07月27日
仙台市役所はやりたい放題な感じ。市民・観光客のためにも食品衛生部局だけは毒されないことを望む。

学校給食においては過去に精肉石川屋事件を誘発したように食品関連法違反を誘発する環境を改善する動きがみられないようですから、これから先もいろいろ問題が噴出するでしょう。

個々に対する解説を今してもチンプンカンプンでしょうから、噴出・顕在化・事件化したその時々に解説していきます。安全上の看過できないことについては顕在化・事件化する前であっても個々に問題提起はするつもりです。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「仙台市役所の職員は職務に必要な法に疎いよ。佐伯さん、知らなかったの?」

2012年07月27日
いや〜、知らなかったんです〜。

私は食品衛生部局の職員複数と面識がありますが、皆精通している風でしたから...。食産業振興部局のその人がたまたま移動してきたばかりで研修中だったのかと思いましたが、「いやいや佐伯さん、仙台市職員は質の悪いのが多いよ。」と言われて、...そういえば東日本大震災直後から仙台市内の異様な機能不全振りには多賀城市民の私も驚いたことを思い出し、...そうか〜、私はたまたま少数しかいない質の良い人たちとしか接してこなかったのだな〜、と何となく納得。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「こんま感じでいいんじゃないですか。」「大体これでいいです。」と言っては20代〜40代の経営者から叱られる、それが私の日常。

2012年07月27日
60代・70代の経営者は「佐伯君がいいって言うだったらそれでいいんじゃないか?」と言ってくれますが、20代〜40代だと硬い、やっこい私は「佐伯さ〜ん、キチンとお願いします!」と叱られる。

私って、ウサギ。9割方完成すると、急激に集中力減退。尻叩かれながら日常を生きております〜〜。

ルーチン的依頼は...やる気が出ない。♪〜ダメな、わ〜た〜し〜〜〜ね〜〜〜♪

「佐伯さん!シャキッとしてください!シャキッと!」?...空耳か。どれっ、3時のお昼寝でもしよっと。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

ガレキ受入れを表明或いは検討して下さっていた全国自治体へ村井宮城県知事は速やかにお礼お詫び行脚して頂きたし。

2012年07月27日
宮城県民の一人としてそうして頂くことを強く望みます。自治体関係者と住民の皆様へ最低限先ずはその程度の礼は尽くしませんと、ね。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「佐伯屋、お主も悪よの〜。」「いえいえ、お代官様にはとてもとても及びません。」

2012年07月27日
いやいや、参った、参った。どこぞに、山田奉行大岡能登守忠相はいないもんかね〜。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品関連法違反で事業者がトカゲの尻尾切りされることを防ぐには、情報公開請求するのも一策。

2012年07月27日
過去に所管行政管区内で何がしかの違反摘発がなかったか、その事件での行政側としての再発防止策が明記されているか、その防止策が実施されてきたのか、等々。

基本的に、行政側が実効性のある再発防止策を打ってこなかったために別件が発生したと解してさしつかえありませんので、行政側の対応にカチン!ときた場合には、弁護士にその視点での資料収集を頼んでみるのも面白いでしょう。

所管行政側の啓蒙・再発防止施策に不手際があるということが裁判で被告に有利に働くかといえばそうではないかもしれませんし、逆効果かもしれませんが、行政機関に対して一矢報いることにはなるでしょう。

但し、食品衛生法違反事件であるなら、この手は使えませんので悪あがきはしない方がいいですよ。

今後のために、そのうち、仙台市役所が過去に対処した食品関連法違反事件で市役所が作成した報告書の情報公開請求をしてみよっかな〜、ほとんど黒塗りされたりして...。情報公開請求却下されてその理由が「貴殿に開示することは公序良俗に反する行為に悪用される危惧大にて、開示は致しません。」な〜〜んて言われちゃったりして。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

産地偽装している食品事業者でも私にとっては助ける価値がある、と思っています。

2012年07月27日
食品会社は低賃金ですから、条件のいい仕事とは言えないですが、それでもそれで家族の生活を支えている従業員もいるでしょう。障害のある方が単純作業に一日中集中して黙々と仕事している場合もあります。

私のような不真面目人間には一時間と続けられない・音をあげる仕事を黙々と毎日一所懸命に。家族の人が週に一度見学に来て愛しみの目で嬉しそうに吾子の働く姿を御子さんに気づかれないように柱の陰から見つめている、そしてその日は早めに会社側も午後3時頃に一緒に帰らせる、そういうことを恒例としている会社もありました。その会社では食品関連法違反をしてはいませんでしたが、食品関連法に疎い会社でもそれに近い雰囲気を持つ会社は多いです。

小規模の食品事業者では努力しても違反してしまったり、気の緩み・過労で間違った判断をしてそのままズルズルという場合もあるでしょう。

経営者の不適切な判断・決断でそういう従業員・家族の生活が奪われるようなことを黙視する気は私には更々ありませんので、公にせず、即時でなくても是正させる・経営の実権を子に渡させる・不正に儲けたなら寄付させる等何がしかの対処をして人々のささやかな平穏・幸せが奪われないようにしたい、私はそういう心持で事にあたってきました。

小規模食品事業者の食品関連法違反には何がしか所管行政機関にも責任がある、皆無ということは無い。その後ろめたさを微塵も感じさせない行政官と対峙した場合に何で私がそういう行政官に憐憫を掛けるいわれがありましょうや?

折角拾った命ですから、傍若無人に生ききろうと欲す。...な〜〜〜んちゃって、おいちゃん、ちょっち照れるな〜、...?誰も誉めてない?...こりゃまた失礼しました〜〜〜。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「食品衛生法違反での摘発を揉み消してくれ」という依頼は「私に人間をやめろ」というに等しい依頼ですから、流石の私もそれはしない。

2012年07月27日
私が食品関連法行政官に「おととい来い!」と罵倒するのは、他の食品関連法違反摘発で厚顔無恥な行政官に対してのみ。「おととい来い!」と言っても理解できない行政官の場合、その上司が青くなって担当者を換えます。換えない=容赦無用という意思表明と解しますが、それ程無能無知な行政機関と対峙した経験は無し。

事案を処理した後は、そのオーナーにあしなが育英会や障害者施設へお金を寄付するよう勧める。その程度の社会性は人として必要。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品関連法所管行政機関の罪は違反を見逃すことではなく順守啓蒙しないことです。

2012年07月27日

食業界の違反にある程度目をつぶるのは人としての優しさによるところもあるでしょうから、それを私は唾飛ばして批判することは少なし。

但し、食業界の順守が甚だお寒い状況を重々理解していながら、地道な啓蒙・指導をしている食品衛生部局を別として...その他の食品関連法所管部局は産地偽装などの違反をした・する食品事業者より数段問題視されて然るべき。

お手合せさせて頂く機会に恵まれたなら、その食品関連法所管行政官の方には激烈な指導をさせて頂くでしょう。指導を受けるのではなく、当方が指導・説教をすることになるでしょう。最近、刺激が少ないので、たまにはそういう社会性のある遊びをしてみたし。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品衛生法以外の食品関連法を所管する行政官は産地偽装事業者より悪、消費者視点では、ね。

2012年07月27日
食業界の違反常態化を知らないなら担当官として無能、知っていて積極的に啓蒙・指導に汗しないならそれは単なる怠慢ではなく違法行為。どちらにせよ、批判の対象となる。いやいや...気の毒な職種、ではあります。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

産地偽装その他意図的に行っていた食品関連法違反で所管行政官と対峙する時は所管行政官の監督責任も当然問われるように話をもって行くのが妥当な線でしょう。

2012年07月27日
オイオイ...おんちゃん(私)...ブチ切れしてますね〜。

産地偽装にせよ何の違反にせよ、食品衛生法以外の食品関連法違反は所管行政の怠慢・不作為のおかげ。仙台市役所の係長クラスの人と話をしましたが、違反が常態化して手の着けようがないことは理解しているようでした。それでも具体的行動をとるような言はありませんでした。

所管行政機関といってもそんなもんです。多少の差はあれ、食品衛生行政を除けば仙台市役所と他の自治体も同じようなものでしょう。

産地偽装は意図的で他人を欺く悪い行為ですが、食品行政機関側が業界への食品関連法順守を求めない状況下では世の中の感覚が弛緩していくのもある意味道理。

産地偽装にせよ何の違反にせよ、人の身体・生命を直接的に痛める可能性のある食品衛生法違反以外であるならば、担当行政部門の責任というものも公にしないと、いつまで〜も、いつまで〜も同じようなトカゲの尻尾切りが永遠に続くだけ。

産地偽装などの違反で担当行政官が乗り込んできて糾弾された時に、私が同席していたなら、その経営者をその行政官の前でその行政官が見るに堪えない程に激烈に罵倒するでしょう。

「産地偽装なんてして、あなたは既に犯罪者ですよ。刑務所で頭を冷やすんですな!それ以外には自殺して社会にお詫びするというのも一案ですよ。世の中が違反だらけだからって、経営が苦しいからって、取引先からの産地指定に応えられないと取引停止になるからって、産地偽装したらどっちにしろ会社はつぶれるでしょ!この地域内(その行政官の管轄内)だけでも1日程度かけて探せば違反食品の50品や100品くらい簡単に見つけられる無法状態であることはこの方(同席の所管行政官)も百も承知ですよ、私でさえそのくらい買ってきてこのテーブルの上に広げるのは朝飯前ですから、この方ならこの域内で100品〜200品の違反食品を摘発するなんて尚更朝飯前ですよ。そうですよね〜、...えっ?知らない?すいません、この場は冗談を言っていい場ではありませんよ!本当に知らないなら、明日私がそちらの事務所に買って持参します。担当行政官がそんなことも知らないんでは今回の件を担当するのはおこがましいでしょうから、私が直接あなたの上司に実際の違反食品数十品を提示して真面目に対処するよう指導します。遊びで来られたんでは、この会社もたまったものではないでしょう。ん?だって、所管の法律さえ熟知していない行政官に対処されて会社をつぶされては、路頭に迷う従業員・パートさん方が気の毒ですって!そうでしょ?」

ってな感じかな〜、オンチャン、この暑さで益々頭がいかれちゃってます〜〜、ゴメンネ。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食産業振興行政官への食品関連法教育・順守啓蒙は誰が担ってくれるのか...

2012年07月27日
チョッと...めまいがする。仙台市役所だけが特殊、というわけではないと思いますので、あれもこれもで申し訳ないですけんども...消費者庁に地方協力として自治体への教育・啓蒙をお願いしたい。

一民間人の私が教育・啓蒙するより消費者庁から全国自治体へ指導・啓蒙して頂く方が万倍の効果があるだろうと思います。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

鶏刺し供食禁止に厚労省が踏み切るのは2年後、かな?

2012年07月26日
私の予想は当てになりませんけど、大体そのくらいは引っ張りたいところでしょう。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

市が進めた振興食品に対して県が景品表示法違反で指導をする、そうならないよう市レベルでも食品産業振興部局における景品表示法知識共有を。

2012年07月26日
景品表示法は都道府県知事にも権限がありますので、そういうこともあり得るでしょう。

県レベルでの景品表示法に基づく指導実績は記憶にありませんが、消費者庁が地方協力として都道府県職員への指導をしているはず?ですので、そういう悶着が先々には起こるかもしれません。

行政機関が他行政機関から是正勧告を受ける、というのは恥ずかしいことでしょうから、全国自治体の地場食産業振興部局職員は個々に食品関連法全般に対する知識向上に努めた方が無難でしょう。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食産業振興にあたる行政官は食品関連法を熟知していないと悪意なく不正競争に手を貸すリスク大。

2012年07月26日
食産業振興にあたる行政官は須らく当然食品関連法を熟知しているもの、と思っていました。ちょっとビックリ。官なれば少なくとも建前上は法令順守を旨としなければならないでしょう、立場上。

食産業振興の対象となる食関係事業者の多くは小規模事業者でしょう。ですから食品関連法順守に難はあるでしょう。順守出来ないだろうから、ある程度は目をつぶって振興する、というのが苦しいながら食産業振興の落とし所。

ある程度は目をつぶる、とは食品関連法に精通してこそのもの。精通せずにどうでもいいですよ、ではお話になりません。順法を建前とする行政機関として恐怖心を抱かないのだろうか、ちょっと理解に苦しみますが、...大変勉強にはなりました。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

生牛レバー刺し供食禁止はある意味鶏刺し供食禁止を先送りするための策でもあったでしょう。

2012年07月26日
地方自治体食品衛生部局から長年に亘る禁止要請を却下し続けた厚労省が業界・OBからの圧力(私の勝手な想像)に抗して禁止に踏み切るには...「今、牛生レバー刺し供食禁止を自重すれば鶏刺し更には馬刺しの禁止論まで出かねない。ですから、そういう事態に追い込まれないためにもせめて生牛レバー刺しの供食禁止だけは諾としてください。」というような説得をしたのかな〜、と想像を逞しゅうす。

寝苦しい夜の翌日は...ツイツイ船を漕いで白昼夢に遊ぶ。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「業界の慣例により」「他社を参考に」これが食品関連法所管行政機関へ私が渡す引導。

2012年07月26日
食品衛生関係行政官にそういう手を使う必要性を感じたことはありませんし、例え使えたとしても使うならそれは人間をやめる時だと私は思っています。

しかし、他の食品関連法においては別。所管行政官への教育の意味も込めて「業界の慣例により」「他社を参考に」という文言を突きつけたこと有り。所管行政官への配慮をしても尚トンチンカン振りが変わらない場合には「あなた方が啓蒙を忌避してきた結果ですよ」と冷淡に理解させる。

理解できたものと思いましたが、後に対応を誤り事業者側から自殺者が出ました。もう少し行政側に圧力をかけていれば、後にそういう悲しい事件は防げたのではないか、後悔はあります。

私がノホホンな行政官に目を吊り上げるのはそういう背景あり。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

村井宮城県知事はガレキ処理をお願いしていた他県自治体にお詫び方々速やかに答礼頂きたし。

2012年07月26日
ガレキ処理受入れ問題で受入れを表明してくれた自治体関係者に多大の迷惑をかけたのですから、ガレキ処理要請を引っ込めたとしてもお礼とお詫びに伺うのが筋。速やかに挨拶に出向くことで当該自治体関係者の顔も立つというものでしょう。スケジュール調整して来週はお礼お詫び行脚をして頂きたいもの。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

仙台市内にあった精肉石川屋の不正事件の主犯は仙台市であった、その認識やありや?

2012年07月26日
不正を行うように追い込んだのは仙台市側。赤字となる発注を仙台市が精肉石川屋に対して行ったことが不正を誘発した。はっきり言えば、不正行為の主犯は仙台市。精肉石川屋は単なる共犯者に過ぎない。

この構図を仙台市関係者が理解しない・理解できていないなら、官製の食品関連法違反による事件がこれからも仙台市内で散発するでしょう。仙台市職員のためにも自発的是正を願う。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

仙台市内で意図的な食品関連法違反が散発するのは伏線がある。

2012年07月26日
食品衛生法を所管する仙台市役所の食品衛生部局はバリッとしていますが、その他の食品関連法所管には大いに問題あり。そのギャップがあまりに大き過ぎる。

過去には精肉石川屋、最近ではケンベイみやぎ。仙台市内で他自治体より全国を賑わす事件が顕在化するのは仙台市役所の姿勢にも問題があるからです。

事業経営者は地元の名士で波風立てたくないので啓蒙をしないというのはピーターパン的私も理解しないわけではありませんが、過ぎたるは及ばざるが如し。寛容が不正競争を増長し、結果全国を賑わす事件が散発する。職員に人材が豊富であろうと思うだけに、仙台市役所には姿勢改善を強く望む。

出来れば自助努力を望みますが、遅々たる場合消費者庁から仙台市役所に改善指導を通達して頂きたし。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品関連法面で食品事業者からペテン師視されることには慣れていますが、

2012年07月26日
行政機関からこの分野で同様な扱いを受けることには流石の私も憤慨。

食品事業者側から逮捕者が出ることに新鮮味はありませんので、食品関連法順守志向を広めるためには食品行政機関側からもそろそろ人身御供として逮捕者を出しては如何?そのぐらいの刺激が必要なのでは?と思う次第。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品関連法は徐々に食品事業者視点から消費者視点への法へと改正されていくことでしょう。

2012年07月26日
消費者利益の視点で、製造所固有記号制度の改正・公正規約制度の廃止などが徐々に行われるものと私は思っていますし、消費者庁が自発的に取り組まなくてもいずれ消費者側から問題視・疑問視され緊急に取り組むことにはなってしまうでしょう。

消費者側から突き上げられて取り組むことになった方が食品業界との摩擦は少ないでしょうから、改正のタイミングを計ることも一つの選択肢でしょうが、準備・腹積もりはしていた方が完成度の高い改正案が出せるでしょう。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

消費者庁は食品事業者に法令順守を説く前に関係自治体に食品関連法教育を。

2012年07月25日
仙台市の食品産業振興部局の人と話をしていて、驚いたことに...飲食店に関係する食品関連法は食品衛生法だけという認識でした。

先ずは食品関係に携わる行政官に食品関連法教育を行わないと、食品事業者への食品関連法認知度も上がらないでしょう。

食品業界における不正競争を行政が冗長する構図の是正にも消費者庁には着手願いたい。あれもこれも消費者庁に期待して申し訳ない、とは思いますが。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品関連法所管部局外の職員であっても食関連行政に携わるなら食品関連法の概要程度は教育した方がいいでしょう。

2012年07月25日
知ってて知らない振りするのと、全く知らないのとでは、大きな違い。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

...仙台市役所では職員に対する法令順守教育・研修はしないのだろうか?

2012年07月25日

必須。本音はどうであれ、少なくとも建前では法令順守を口に出来るよう訓練しないと、ダメ。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

連合会長は平清盛か?「非正規労働者は人に非ず」の姿勢か?

2012年07月25日
有権者を欺いて低所得者の生活を一層追い詰める消費税増税総理の再選を支持するとは...。労働貴族。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています



75件中(1件〜30件を表示しています)   前   |