出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

最近、頼まれた商品規格書が右から左に作成できないことが結構あり、理由がわからず悶々としていましたが...

2012年05月30日

これが理由かもしれない、思いあたることがあり、少し気が晴れました。商品規格書・商品カルテの様式・書き方によっては、後々問題となることがありますので、長年の経験に基づく感が私を恐怖させるのでしょう。理由がわかったからといって、右から左に処理できるわけではありませんが、ボケてきたのが直接原因でないことがわかっただけ、少しホッとしています。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

石巻市内の食品製造経営者の方から電話。思わず、目頭が熱くなる。...鼻水は出ませんでしたが。

2012年05月30日
石巻市内には震災後一度だけ行き、同社を車中から一瞬だけ拝見。同社の経営者の方が存命であることは人伝に伺っておりましたが、建屋の状態は存じ上げず、でしたので、建屋の形が残っているのだけは確認できました。

急いでいたのもありますが、車を止めて正視するのは憚られる、周囲の状況、でした。後に同所で再建なさったと聞いてはいました、建屋を改築し機械・設備を全て入れ替えたのでしょう。

私の実家の気仙沼市、石巻市ではインフラ整備が進まず企業再建が進まぬ中、新工場を建設なさるとか...。おんつぁん、目頭熱くなる。いや〜、雇用が生まれる、港に復興の灯がともる。石巻市民は勇気付けられるんじゃないかな〜...いや〜よくぞ、よくぞ、という話でごんす...私は多賀城市民で直接関係の無い話ですが、有り難くも嬉しいニュースです。きっと、復興の呼び水になることでしょう。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

映画「いつか晴れた日に」のラストシーンもう一度観たい。ドライアイの方にお勧め、爽やかに泣けます。

2012年05月30日

主人公の一人である、良〜い人過ぎる女性が地獄から天国の喜びにむせび泣くシーン、あれはおんつぁんも恥ずかしながら貰い泣き。おんつぁんハードボイルドしか観ないことになってますので...ここだけの話、ですけどね。ドライアイの女性にはラストシーン、お勧めします。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

中小食品事業者向け「独り品質保証・品質管理職務者向相談・助言セミナー」ってもんでもやってみるかな〜。

2012年05月30日
従業員数30人規模未満では品質保証・品質管理のみを職務とする専任者はいないのが普通。間接部門に経費は掛けられませんので。

品質保証・品質管理の実務を独りで執るには、大学を出て大手系食品企業で品質保証・品質管理実務教育を3年以上の経験して先ずは「あるべき姿の品質保証・品質管理の体得」がほしいところ、です。

あるべき姿を体得した人が中小食品事業者に入社して品質保証・品質管理と他の業務を兼務する場合には、独りで又兼務で品質保証・品質管理を執る場合にはどうしたらいいのかは自力で編み出して行けるでしょう。

そうではない人・実務経験の無い人が品質保証・品質管理実務を独力で身に付けるのは大変な労力を要するでしょう。

ということで、独りで・周りに相談する人のいない環境で悩んでいる人がいるなら、相談・アドバイスにのってあげるのも社会的意義はあるでしょう。ちょいと、近場の宮城県庁産業振興課とかに持ち込んでみようかな?...な〜んちゃって、言ってみただけ。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品業界で私は過去に「能ある鷹」お二人に会った経験があります。

2012年05月30日
お一人は食品スーパーの品質保証職、お一人は食品製造事業者の製造兼品質保証職の方。

そこまで能を隠す必要もないのでは?と思いましたが、隠さなければならない社内事情(パワーバランス)・対外的事情があるのだろうな〜、と呑み込みました。

ご本人には「大変ですね」と言いましたので、困ったような顔をなさいました。世の中、なかなか複雑なものです。

前者の方は福島県内で恐らく今も放射能渦の只中でご奮闘中でしょう。後者の方は、昨3月13日に会社の近くで見つかったと人伝に伺いました。責任感の強い・立派な方でした。私のような者が渦を逃れ、立派な方であるが故に従業員を避難させた後に全員退避を再確認するため工場に戻り災禍に遭われたのかもしれません。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「一日だけの品質保証・品質管理担当者」の派遣に登録しようかな〜。

2012年05月29日
私の仕事はもともと一見さんが多いですから、全く面識のない食品事業者から苦情・行政処分への対応依頼も「やっつけ仕事」で処理してきましたので、お手のもん。

やっつけ仕事とはいえ、付随したアドバイスはしますので、円満に処理が終わった後に一層の改善を私の砕けたアドバイスに沿って進めるかどうかはその事業経営者次第。その後は私の知るところに非ず。

私は営業力が乏しいですから、営業力のある派遣会社に登録して単発の食品関連法・品質保証トラブル対処で食いつなぐ、そんな活きる道、も結構真剣に考えたりする今日この頃。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

映画「いつか晴れた日に」っか〜...ついつい目が離せなくなり、最後まで観賞。

2012年05月28日
あれっ、もう3時過ぎ...仕事しないと...。それにつけても...もらい泣き、ハッピーエンドで好かった、良かった〜。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

大手食品企業の品質保証・品質管理の人が小規模食品事業者の実情を理解するには100年前の食品事業者をイメージするといいでしょう。

2012年05月28日
「おい、おい、それはあまりに失礼じゃないか!」いえいえ、大手で実務を執っている人ならそのくらいのカルチャーショックは受けるはず、ですよ。

大手の品質保証・品質管理の職から小規模食品事業者に転職することは珍しいでしょうが、親の介護などの事情から...もしそういうことになった場合には自著の後半部は羅針盤となるでしょう。

タイムスリップした場合に、その状況に驚愕し早急なる是正に着手してしまえば...その事業者は即廃業または倒産することになるでしょう。自著「食品に関する法律と実務がわかる本」の後半部は品質保証系の人からは陳腐という評を受けていますが、タイムスリップ後の1年間は取引先からバカ・無能扱いされるくらい臥薪嘗胆することが自身と会社のためになるでしょう。

1年経てば1サイクルを経験したことになるでしょうから、その事業者の諸事情を理解した上で自身の本来の実力を少しずつ反映させて行けばいいでしょう。諸事情を理解しないうちに切れ味を発揮してしまえば...繰り返しになりますが、結果としてその事業者を廃業または倒産させてしまうでしょう。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

大手食品企業の品質保証職の人が従業員数30人未満の小規模食品事業者でその職が務まるか?というと...是正する前に破たん処理することになるでしょう。

2012年05月28日
大手の法令順守そのままに行動すれば、先ず行うことは回収につぐ回収。是正に着手するまもなくその事業者は霧消して従業員全員解雇となるでしょう。ガチガチの諸令則然として行動すればそうなるのが自明。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

適正な食品表示というものは本来ありません、なぜなら食品表示に関する法律自体に多くの矛盾がありますから。

2012年05月28日
消費者庁が食品表示一元化を検討していますが、それはあくまで食品表示に関する法律の「一部」を統合するにすぎませんので、あくまで一部を一元(統合)化するのであって全てを統合するのではありません。特に景品表示法をも統合するのは確かに至難ですので、除外したのでしょう。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品事業者全体で言えば一般生菌数・大腸菌群という用語の認知度は精々1割程度です。

2012年05月28日
それがどうした?というと...表に出ない・出せないこういう実情をどれ程「広く」「深く」知っているか、ということは小規模食品事業者からの相談に応える際に公正性と公平性を天秤にかけて穏当な助言・代行をする上で、とっ〜ても役に立ちます。私はちょっと?とっても?怪〜しいオイチャンでがんす。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

ちょっと意地の悪い一石二鳥の調査をしたりします。

2012年05月28日
商工会や道の駅に食品関連法順守実務の相談・代行打診をして需要調査。

私の営業スキルの乏しさを差し引いてもあまりある程の、反応の無さ。これには驚く。「間に合ってます」というならともかく現状認識が出来ていないよう。事業者側が必要性を感じない・危機感が希薄、というのは食品関連法所管行政機関によるお目こぼしの賜物。

この程度の実害のない悪態を吐く権利は私には在る、でひょ〜う。こんなお行儀の悪いことを平気で書くから皆引くのかもね...♪かもね、か〜もね、そ〜お、か〜もね(?)♪

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

所管官庁でさえ小規模食品製造事業者には食品関連法順守を求めないのに、心苦しいですが...

2012年05月26日
納入先が全国的に名の知れた企業である場合には、そちらに迷惑を掛けることになりますので...小規模食品加工・製造事業者であっても大きな企業と取引するチャンスがありそうな事業者にはそれ相応の食品関連法順守をアドバイスしたりしています。

どっちに転ぼうとも私が困るわけではありませんので、強制はしませんが、後にトラブルになる芽は「可能な限り」摘んであげたいとは思いますので。大きなお世話であるかどうかは、後々身に沁みることに...なるかどうかは、先様の知識・厳格さ次第。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

NHKラジオ文芸館でドライアイ解消。

2012年05月26日

今朝はリクエストによる?再放送「おとうさんのバックドロップ」の朗読。爽やかに泣けき。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

大手食品企業は大学に品質保証実務の寄付講座を設けては如何?

2012年05月26日
実務経験の無い新卒者が中小食品事業者が募集する品質管理職に応募することも近年はあるよう。中小食品事業者では一人品管が多く、求めている人材は即実務が執れる実務経験者。社内で品質管理業務を指導できる人がいない事業者が多い。

そういう社会状況を鑑み、大手企業は社会貢献として社員を派遣して寄付講座を設けては如何でしょう?大手企業の品質保証品質管理実務がそのまま中小企業で使えるわけではありませんが、基本・正統派の実務を知ることが先ず基礎となりますので。

大手企業に就職できる人たちにはそういう講座は不要。大手では入社後に社内教育してもらえますので、入社前に即実務を執れる職能を身に着けておく必要はありませんので。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

大手食品業界は食品関連法に拘束されますが、小規模食品業界は拘束されません。

2012年05月26日
所管官庁も小規模食品業界に食品関連法順守を求めませんし、順守できるとも思ってはいません。行政官で小規模食品業界でも順守できると思っている青い人がいるとしたら、その人の上司はトバッチリを受けて責任をとらされることにならないよう余程留意した方がいいでしょう。

私にとってはそういう「よどみをかき回してくれることを期待できる」青い行政官は大歓迎なのですが、世の中そうは問屋が卸さないのが現状。私のマッチは湿気てるようでごんす。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

中小食品企業で品質保証品質管理の職を求める人は...大手での同職務経験がない人では辛い。

2012年05月26日
中小企業では出来ることは...ごく限定的、です。

本来在るべき姿を知っていて、また本来在るべき姿に近い大手企業の品質保証品質管理実務を経験した上でなら...その事業者の事情を踏まえて悩みつつも優先順位をつけて「多角的視点」で「能動的に」取捨選択するでしょう。

大手は大手で厳格な品質保証品質管理を求められますので大変ではありますが、正統派である短絡的思考でのみ職務遂行を求められますので、正統派の選択肢からのみ選択する(それが是とされる)という点では楽。

世の中、他人の芝生は青く見えるもんですたい。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

大手企業と中小企業の品質保証品質管理とは野球とソフトボールほどに異なるもの。

2012年05月26日
大手は金・人を投入しますが、中小ではそうは出来ません。

専従者がいない・専従者が一人という状況ではその人の職能とは別に時間上の制約・検査設備上の制約が重くのしかかりますので、割愛・変形をする必要に迫られるもの。

対外・対内トラブル回避を忖度しながら割愛・変形するにはそれなりに科学知識・実務経験があった方が...無難。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

品質管理専従者募集時点でその食品会社に品質管理専従者がいない場合、実務未経験者では即実務を執ることは出来ないでしょう。

2012年05月26日
大手では新卒・未経験者を採用し社内で既に品質保証品質管理実務を執っている従業員が付きっきりで実務研修を積んで3年程度である程度実務が執れるように育てるでしょうが、それは大手に限定された話。

従業員数60人規模の中小食品加工・製造事業者があてることのできる品質保証品質管理専従者は精々一人。そういう事業者が品質保証品質管理担当者(他業務と兼務かもしれない)を募集する時の欲しい人材は...自力で入社当日から誰の指導も受けずに即実務を執れる実務経験者でしょう。

「工場監査が来週あるので準備・対応を(一人で)してください。」「商品規格書を作成して○○会社にて明後日までにメールで送信してね。」「この部屋に細菌検査の設備があるので、この設備を使って明日から(自力で)検査してください。」

入社当日から即そういう指示に対応して実務を執ることを求められる例は多いですから、実務経験者でも面食らうでしょうから、まして実務未経験者なら呆然としてしまうことでしょう。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

NHKが総務省管轄の一官庁に過ぎないことを私は理解していなかった、震災直後私が犯した失態の原因。

2012年05月25日
震災直後の食料不足解消手立てを被災地内に広く知らせる手段として、私は不覚にもNHKを選択・頼ってしまったこと、これは私の犯した失態。

当時私が知る避難所などでの公の情報入手手段はもっぱらラジオでした、テレビは無し。

ガソリン入手出来ない状況で自家用車を他者のために走らせることを私はためらいましたが、衰弱する人をただ見ている自らの情けなさに怒り爆発。遂に2011年3月18日に多賀城市内から仙台市内中心部に車を走らせました。向かった先はNHK仙台支局。

複数県に早く知らせてもらうためにはNHKが最適と判断してしまった不覚。ガソリンをただ浪費しただけでした。距離的に遠い東北放送は選択できないにしても、FM仙台へもなぜお願いに行かなかったか、後悔先に立たず。

非常時であっても柔軟な対応・決断をすることが出来ない広域準官庁ではなく、狭域民間の発信力・行動力・気迫に期待をすべきだったと今は思います。高い授業料でした。近隣に「後に単なる廃棄物となる加熱済冷凍食品」がありながら、それが拠出されず結果衰弱した方々がいたであろうことを思うにつけ、重ね重ね吾が身の不徳をただただお詫びするしかなく、...慚愧。

被災地外の民たる品質保証関係者が私と同じように考えNHKにラジオで放送してくれるよう言ってくれたという話を私自身は知りません。恐らくは、隔絶された被災地内の状況がわからないのに憶測で動くことは控えるべきだと自重したのだろうと思います。

私の説明能力に問題があったかもしれませんし、NHKも悪気はなかったのでしょう、ただ食事情についてこれからはもう少し関心を持って造詣を深めて頂きたし。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

現行の食品関連法に違反する食品流通を減らす施策を打たない以上、消費者庁が法令緩和を志向するのも役所としては致し方なし、っか。

2012年05月23日
食品表示一元化は現行法を緩和する方向に進む模様。

食品関連法を所管する行政官が所管法違反食品を見分ける能力がどれ程あるのかは私にはわかりませんが、少なくとも大手食品製造企業で品質保証職にある人なら全国どこに行ってもその地で半日以内に数十品の違反食品を買い集める職能はあるでしょう、その程度の職能が無いならその会社は三流、今時そんな会社はないでしょうが。

消費者庁は食品表示一元化を検討するにあたり、従業員数が数人規模の小規模食品事業者の食品関連法順守現状には流石に触れられない。私が消費者庁の役人だったとしてもやはり触れられないでしょう。

食品表示一元化において「事業者が提示・開示する正しい情報が消費者に正しく理解される」ことが先ず以って求められるでしょうから、小規模食品事業者が正しく情報を発信できる範ちゅう・レベルは極々限られますので、「アレルゲン25種だけは何とか...」という線でしょう。...本当はそれすら難しいですけど。

私は浮雲ですから言いたい放題ですが、役人の立場の人は胃が頭が痛くなることでしょう。無理なさいませんように、....って散々言いたい放題のアンタが言うなや?こりゃまた、失礼しました〜。私が言えた義理ではありませんが、心労・過労で体を壊さないように、ご家族のためにも。食い詰め浪人、他人の心配している場合では御座らねど、テキト〜ウに、テキト〜ウに。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

消費者庁が検討中の食品表示一元化の資料を読む。...途中でお腹一杯、ダウン。

2012年05月23日

中小企業の括りが従業員300人未満とか...60人以上の大企業なら非生産人員である品質保証・品質管理専任者を雇える規模、私の領域に非ず。

私の頭にある中小企業とは従業員60人未満。食品関連法順守が出来る・出来ないの境界線は私の経験上従業員数およそ60人。

消費者庁は行政機関としてはタブーで触れられないところへも踏み込んでいるようですので、その点は評価。但し、私のいうところの小規模食品業界の食品関連法順守現状についてはどうしても直視はできないですから、検討結果は小規模食品業界への配慮に過ぎたるものとなりそう。

食品関連法順守に金・労力を投入する事業者とそうでない(そうできない)事業者との不正競争状況が先々まで続くのは消費者利益に反しますので、色分けがはっきり消費者にもわかるような落とし所は見つけて頂きたい、そう願います。長くクロ人?もとい、苦労人?もとい徒労人人生を歩む者として、そうなることを願うばかりです。

世間はいまだ食品関連法順守を求めず。
♪〜貧〜しさに〜、負けた〜。いいえ〜、世間に〜負け〜た〜〜〜♪ということで私は♪疲れちゃったのよ〜、たらら〜ら〜♪


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

私にとって食品関連法順守・品質保証は二の次。最優先は「従業員の方々への労わり」。

2012年05月22日

小規模食品加工・製造事業者では厳なる労働衛生に努めることは難しいのが実情。労働基準監督署が言いそうな机上論では悲しいかな小規模食品加工・製造業は営業継続はままならない。

労働環境の厳しい状況下で働いてもらう以上、一層労働者への労わりの姿勢は欠かせません。休日・賃金が少ない労働条件では過労・心労がつのるでしょう。そういう環境下で厳しく法令順守・品質管理を従業員に要求しても焦り・間違いを誘うだけ、です。

「不良品作ってしまっても、機械を壊しても一向に構いません。ケガだけはしないように気をつけましょう。人間ですから、間違ったり失敗するのは当たり前です。私なんか、謝ってばっかりです。私が不良品を作っても、機械壊してもいいと言ったのですから、そういうことになっても私が社長さんに謝りますから、ケガしないようにだけお互いにお一人お一人十分注意してください。」と従業員の方々に社長さんの目の前で繰り返し繰り返し言うよう心掛けています。

これが私の食品関連法順守・品質保証業務における代行・アドバイスにおける最優先事項。「おい、お〜い、オイチャンそれが食品関連法順守・品質保証と何の関係があるんだい?」と思う人は小規模食品業界の水に浸かったことのない人なのでしょう。世の中って、思いの外、重層的ですよ〜。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

自著「食品に関する法律と実務がわかる本」は食品関連法違反状態から少しずつ是正を進める助けではあっても

2012年05月20日

是正する気が更々無い或いは新たに違反してボロ儲けしようとする食品事業者を助けるための本ではありませんので、悪しからず。

小規模食品事業者なら金と人材上の越えがたい壁というものがあり、誠実であっても又どんなに努力しても食品関連法順守は出来ません。出来ませんが、努力する意思があるなら少しでも是正・適正化の知識・知恵を教えてあげたい、そんな思いも込めて書いた本です。

自著は悪用も出来るでしょうが、そういう不穏当な人たちを取り締まるのは民たる私の責務に非ず、それは所管行政機関の責務。その前に先ずは啓蒙ありき、であることが大前提。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

内心...食品関連法順守は二の次、人の命より経済性重視・過去の遺物重視の法と見下げてはいます。

2012年05月19日
食品関連法の順守優先順位は食品衛生法が最優先とは思ってはいますが、その食品衛生法も美的センスに欠ける・先人先例の亡霊に拘束された過去の遺物的パッチワークですから、有り難がる気には毛頭なりません。法は法ですけんども、ね。

放射性物質新基準の所管官庁による説明会で言明されてしまって思わず苦笑してしまったのですが、基準は経済性も加味して政治的判断で決めたと言われてしまうと...取り消しはしたものの農水省のように国の基準以上に厳しい自主基準を設定することは自粛してほしいと通知してもそんなトンチンカンな通知に「はいそうですか」と従える大手企業があるもんですか。

消費者からバッシングを受けて会社存続の瀬戸際に追い込まれることはみえていますから、ノホホ〜ンと農水省の通知など無視して当然の帰結でした。会社在ってこそのお上への従順、会社が霧消することが見え見えの状況に追い込まれても尚、所管官庁を有り難く奉る道理がどこにありましょうや?

役所は役所で私の知らない圧力に晒され外部には言えない悲哀を抱えているのでしょうが、通知撤回という役所として受入れ難い恥辱を逆手にとって、圧力をかけてくる人に「あの時のように本省の権威を損なうことにでもなれば、回り回って、そちらにもよろしくない影響が及ぶかもしれませんので、ご要請はなかったことになさった方がよろしいかと存じます」な〜んて断り文句...使えません、かね〜。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

最近、疲労困ぱい、オーバーヒート。

2012年05月19日
ついつい、トゲのある発言多し、人間適当に休養は必要ですな〜...そうも言ってられないんですげっどもね。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

♪〜健康を害さない違反くらい、大目にみてよ。♪♪〜土下座して謝ったって、許してあげない。♪

2012年05月19日
な〜んちゃって、冗談です。そ〜んな厳しいことを言う人はコンプライアンス意識の高い大手系企業の人だけですから、そういう販路を避けて販売すれば問題視されることはないでしょう。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

河北新報に法令違反食品の宣伝的記事が掲載され、流石の私もギョッ。

2012年05月19日
まあ〜...世の中、こんなレベルです、新聞に堂々と掲載されるような状況ですから、世の食品関連法順守志向が醸成される素地・道理がありません。阿呆らしくって、やってられません。

私は一民間人ですから♪ギョッ、として〜ハッ、として〜♪しばらくしてガックリしただけですが...新聞を目にした所管行政機関の人は血の気が引いたことでしょう。

♪〜オラは〜嫌になっちまっただあ〜〜、オラは〜悲しくなってしまっただ〜、食品関連法は天国に行ってしまっただあ〜〜♪...平和、といってはなんですけど、お目出度い。成程...私...喰えないわけだわ〜な〜、あ〜あ、こ〜りゃ、こりゃ。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

仙台市内農家の方々への耳寄り情報。

2012年05月19日
仙台市農業園芸センターのバラ園情報を拝見しようと思い、同センターのHPhttp://www.sahpa.or.jp/を見ていたら、六次産業化?の実技講習会の案内がありました。

講習会内容・申込用紙はhttp://www.sahpa.or.jp/aratanasyouhinkaihatuH24.pdfです。

加工度の比較的低い農産加工品の製造・販売における食品関連法指導も講習に盛り込まれているようですので、有用な講習会のように思います。仙台市内の農家の方々は参加なさっては如何でしょうか?

...おっと、肝心のバラ園情報は...見つけられず。震災前は毎年6月・10月に閖上の会社を訪問する行き帰りにバラを鑑賞させて頂いておりました。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

♪〜地道に生きるこ〜とに〜、疲れた〜み〜たい〜♪

2012年05月19日

♪〜貧〜〜しさに〜〜負けた〜〜〜、いいえ〜、世間に〜負け〜たあ〜〜〜♪

なんちゃって、地道に穏やかに下手に食品関連法順守底上げするのに疲れました。

?おい、お〜い、おんちゃん、いつ底上げに啓蒙に努力したんだい?って〜感じではござんすが、私なりには長〜き道を重い荷を背負うが心境でそれなりに?頑張ってきたつもりで〜〜ごんす。

そろそろ...八州廻り的行動に出ても許されるでひょう。先ずは宮城県とその近県辺りから、っと。

その前に〜、一休み、二休み、っと。もともと私は三年に一度程度しか自己満足できる仕事が出来ない三年寝太郎体質ですからな〜申〜し〜。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています



67件中(1件〜30件を表示しています)   前   |