出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

♪貧〜しさに〜、負けた〜、いいえ〜、セッケンに負け〜た〜♪

2012年01月31日
頭がかゆい...貧乏で風呂に入っていないからか...乾燥しているからか...シャンプーがあわずかぶれたのか...。とりあえず、シャンプーのせいにしておこう...濡れ衣、だね。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

製造所固有記号制度は元々消費者に誤認・誤解を与える制度。

2012年01月31日
実際の運用は製造地ロンダリングでの使用多し(合法ですけど)。

自社複数工場で製造など、包装資材の無駄を削減する目的など社会的意義のある使われ方もされています。

ただ...福一事件後は...そういう場合でも福島県内に工場を持つ大手食品企業が製造所固有記号を使用する場合、胡散臭い会社、と誤解されたとしてもそれは致し方ないでしょう、甘んじて非難に耐えるしかない、ね、気の毒な面もありますけど。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

...とか何とか言っちゃって...小規模食品業界では放射能の話は話題にさえ上らない。

2012年01月31日

小規模食品事業者が使用する原料は流通する食材・食品でそれらは国が流通を可としている物なので気にせず使用する、というのが既定路線ですから、私にどうなんでしょう?と訊く人は皆無。良い悪いというより...それが現実。

私が国に求めるのは、農・畜・水産物の収穫・出荷前の全数検査。

一旦出荷・流通した農・水産物を後で回収を呼びかけても小規模食品事業者が購入使用した場合トレースは出来ないですから、国としては「直ちに健康に影響はない(たぶんね!)」というこれまた規定路線の発表をすることになるでしょう。

「直ちに」と言うにも全数検査(50万ベクレル/kgとか500万ベクレル/kgとかの高線量食材有無検品)してこそ初めて言える話、です、からね〜。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食を介した内部被ばく不安。政府見解・言動の不一致が不安を増長している感強し。

2012年01月31日
食の安全については内閣府の食品安全委員会の見解が政府内で最上位に位置するものと思いますが、そうではない現状は問題。

「食を介した低線量内部被ばくについて健康影響を心配する必要無し」というのが食品安全委員会の見解のようですが、違うのか?

厚労省・農水省が高線量内部被ばく回避にシフトした体制に消極的というより否定的な動きをしていると私は実感。暗に食品安全委員会の見解に異を唱える行為。

これでは国民は消費者のみならず事業者・地方自治体関係者も途方に暮れるでしょう。あちらを立てれば、こちらが立たず、平重盛の心境かも〜?

影響が多岐に亘るため「ごめんなさい」と素直には言えない立場の人々は辛い、ね〜。謝り続ける人生の私も辛い(腰が)ですけど、謝れない常に背水の陣で仕事するというのは...大変でガンスね〜。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

今日の昼食はヤマザキの菓子パン「イチゴスペシャル」!

2012年01月31日
昼ごはんは我慢しようかと思いつつ...買ってしまった、のはヤマザキのパン。

食料不足で凍える中、避難所で頂いた「イチゴスペシャル」、は体が温まりました〜。その恩義がありますので、イチゴスペシャルの前を素通り出来ず...今食べると、オッサンには甘過ぎますが、噛みしめながら頂く。

避難所では多くの方々の心温かい・熱い支援を私も頂戴しました。感謝を記録しておこうと、メモした企業名はそのほんの一部ですが、新潟県のおにぎりベンダーさん(不覚にて企業名を記憶しておらず)・山崎パンさんが私がお世話になった避難所に身を寄せた方々のエネルギー供給に多大な支えとなりました。

...ということを思い出しながら、路傍に腰掛け頬張りながら、ちょっと体がブルッと震える冬の昼時、でした。...ごめんなすって、の早飯。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「国は信用できない」につける特効薬はないでしょうが、話の辻褄だけは合わせておきましょう。

2012年01月31日
内閣食品安全委員会の食を介した内部被ばくの見解が「食を介した低線量被ばくによる健康影響は小さい」ということなら...それと辻褄が合うよう国は検査体制を見直した方がいいでしょう。

不均一な食材、農・畜・水産物のサンプル検査が無意味というのではない、それはそれで意味がある。しかし...低線量被ばくの健康影響は考える必要ありませんよ〜、と言うなら、全数検査で50万ベクレル/kg・500万ベクレル/kgという物を絶対に流通させないという検査流通体制を構築するのが筋では?

話の辻褄が合わないのでは、国を信用するかどうか、それ以前の問題。お話になりま、しぇ〜ん。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品安全委員会の見解を読み...厚労省・農水省・食品事業者が食品の風評被害を口にするはおこがましいことを知る。

2012年01月31日
内閣府食品安全委員会の「食品中の放射性物質による健康影響について」を斜め読み。

食品安全委員会の見解としては「食を通じた低線量被ばくによる健康影響は心配するに及ばず」ということと解しました。

ならば...両省・食品業界は不均一食材に対するサンプル検査は二の次にして高線量被ばくによる健康影響を排除する方向に舵を切る必要あり。

「50万ベクレル/kg・500万ベクレル/kgといった高線量食材は流通(出荷)していませんし、先々もありません。なぜなら、全数検査していますので。」と言えるようにする必要あり。

生卵生食や生畜肉生食のように食品衛生関係者なら決して低年齢の家族の口に入れるようなことはしないさせない食品衛生上の常識、それを知らない消費者が自らの選択によって吾子を死なせるような不適切な行為に至らぬよう、「高線量食材は出荷していない」と言及できる全数検査体制を敷く事業者から購入できる選択肢がほしいところ。

人の健康を司る厚労省が事業者側に適正に指導・啓蒙・処分を行っていれば、避けられた死もあったでしょう。放射線被ばくに対しては食を通した急性症状による死が少なくとも公になる事態が発生しないよう、自省の責を問われないよう、全数検査による高線量食材排除意義は謳っておいた方がいいでしょう。

...私は全数検査機製造販売事業者の回し者ではありません、私にそういう美味しい利権・利得は無し。高楊枝する楊枝さえ無し、の貧乏人でがんす。今日の昼飯...は諦めるとして...夕飯は食べたし。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

公正を旨とした食品関連法違反摘発は現状ではその摘発行為自体が不正競争防止法違反に該当します。

2012年01月31日

違反はそこかしこに散見される状況下、その中から一部巷間にのぼった事業者だけを行政処分する行為は公正であっても著しく公平性を欠く場合が多く、結果として事業者の不正競争を増長する行為となっているケース甚だ多し。

食品関連法全般を所管する消費者庁に国民が力を持たせるなら不条理が是正されていく可能性もあるでしょうが...


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

野田首相の全数検査補助発言は私の願望が生んだ空耳だったのか?

2012年01月28日
ネットで野田総理の2012年1月27日の国会での発言を検索しましたが、見つけられず。私の勘違い・空耳だったのだろうか?...最近、私、疲れていますから...。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「食品に関するリスクコミュニケーション〜食品中の放射性物質対策に関する説明会」(2012年2月6日、於:仙台市)で言いたい意見は2点。

2012年01月28日
全数検査については...野田首相が国会で全数検査を肯定する発言をしましたので、政府が全数検査を積極的に推進しないまでも否定・忌避しない方針転換をしたのなら先ずはそれで善し、この点について発言し議事録にその発言を記録してもらう必要もないでしょう。

後は、二つ。

一つ目は、「再検査指針を出してほしい」ということ。

規制値が100ベクレル/kgの物で99ベクレルであった場合、100を下回ったから出荷OKという考え方は消費者から批判される可能性あり。国として規制値の90%以上の数値が出た場合、2検体を再サンプリングしそれも100を下回った場合には出荷可とする、というような検査における結果判断の指針を予め提示頂きたし。事業者側個々の判断基準がマチマチでは消費者の不安不信を増長することになってしまうかも、と思いますので。

二つ目は、「直ちに健康に影響がある」数値を予め提示頂きたし。「直ちに健康に影響はありません」という文言がこれからも飛び交うでしょう。消費者側の基準数値認知度が低いと、とってつけたような発言と誤解される可能性あり。「一応...基準数値はあるんですよ〜。」と予め示してほしい。

以上、二つを説明会で要望したいと思っています。全数検査推進意見を述べるのが出席の主目的でしたが、それは国会での野田首相発言を聴くに及び、不要とあいなりました。良かった、善かった。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

生食用牛肉規格基準違反は生食用牛肉を扱う施設の9割以上が違反だったそうですが...まあ〜、そんなもんでしょう。

2012年01月27日
食品関連法全般でみれば違反率は9割以上ですから、平均的数字という印象、私見です。

食品業界は小規模食品事業者の比率が高い。人材・物・金、それら資源が乏しいですから、規模の大きな大手食品製造企業の製品と異なり、違反してしまっているケースは多いです。

悪意がない場合が多いですから、頭の痛いところです。悪意あって違反しているなら遠慮なく刑務所にぶち込むのもやぶさかではない、でしょうが、ね〜。

...最近、口の悪さに拍車がかかっているオイチャンでガンス、ごめんよ〜。こりゃ〜、ますます老い先短いな、生き急がねばならんな、も〜し〜。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

私が知る過去最悪の食品関連法違反は被災地事業者による加熱済冷凍食品の再凍結品販売。

2012年01月26日
これは法的にもそして何より道徳的にも許される行為ではない。震災直後から被災地内では低体温症や食料不足で多くの人が苦しむ姿を目の当たりにしたでしょうに、人間としてこれ幸いと金儲けに走るとは...極悪。

せめて人であるなら、過去の過ちを悔い、残りの人生を他者のために生きてもらいたい。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

陸前高田市内でワタミタクショクのコールセンター竣工したそうで、有り難いね〜。

2012年01月26日
実家の気仙沼市と親戚がいる大船渡市の間の市。産業らしい産業の無い市に当面60人の雇用、先々は100人だそうで...。地元には明るい話題でしょうね。

私は多賀城市内在住でワタミタクショクを利用させてもらっていますが、一日一食でも助かっています。

陸前高田は多くの人が亡くなり生き残った人も心に傷を負っていることと思います。お客様筋にお願いするのは甚だ恐縮ですが、電話対応に不備・不満足な点があった場合でも願わくはご寛容・慈悲の情を賜りますことを伏してお願い申し上げます。

私はワタミタクショクの回し者でも何でもなく、単なる利用者ですが...私って変人ですから、利用者の方々がそうご対応下さいますことを願っております。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

小規模食品製造事業者では基本的には食品関連法は順守できませんので、

2012年01月26日
始めから食品関連法順守志向を捨てる、というのもわかりますし、他の事業者だって同じだから気にしなくていいだろうと思う気持ちもわからないではありません。確かに、世の中、そんなもん、です。

まあ〜、切迫した事情が発生した時には、自著「食品に関する法律と実務がわかる本」を参考に。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

読む・読まないを問わず、自著「食品に関する法律と実務がわかる本」の存在を知った小規模食品事業者はイザの時に存続できる可能性が高まったと言っていいでしょう。

2012年01月26日
なぜなら...本当に困った時・イザその時に、助け舟を求める相手として私がその時まだこの世に存在するかもしれないから、です。

とか何とか言っちゃって...その時に私が既に死んじゃってたら...ごねんね、役に立てなくて。後2〜3年は生きていたいですが、ちょっと...自信が無い。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

農産・水産物の放射性物質全数検査に否定的な方たちの純粋さ・素直な目線が羨ましい。

2012年01月25日
私はいろいろなものを見過ぎてきたのだな〜、と感慨。実験室・研究室から世を観る素直な心・きれいな心がちょっと眩しい。

私は放浪を棲家としてきましたので、結果として食産業を取り巻く「いろいろ」を見てきました。アカデミックな視点のみで「全数検査なんてナンセンス」と言い切れる人が羨ましい。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

小規模食品加工・製造事業者が製品ラベルの原材料一括表示を作る時は原料に貼付・印刷されている各原材料一括表示から書き起こします。

2012年01月25日

各原料の規格書を取り寄せることができるなら、それらから書き起こす方が正確性は増します。市販の原料を買ってそれを使う場合が多いでしょうから、その場合は前者の方法ですね。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

是正が完了する迄は「それがどれ程深刻な違反・間違いであったのか」は説明しません。

2012年01月25日

脅し、になりますので。小規模食品事業者に所管行政機関がタッチしたくない気持ちは私はわかります。

私は民間人ですから、今ある間違い・違反は私がタッチしなければいつまでもそのままだったろうから是正できる・できただけ益し、という考えですが、行政官ならそうも出来ないでしょう。

個別個別に私が是正行脚しても世の状況は変わらず。ちょっと、最近疲労感つのるオイチャン、であった〜。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

全国の消費者に間口を広げて販売したいと思う小規模食品加工・製造事業者は自著「食品に関する法律と実務がわかる本」を参考にしてください。

2012年01月25日
自都道府県内もっと限定して自市町村内のみで販売する場合には食品関連法を知る必要は実質無いでしょう。消費者・所管行政官も地産地消なら寛容ですから。

ただ、他都道府県の消費者にも買ってもらいたいということなら、例えばネット通販したい・する・しているというのなら、食品関連法とその順守実務や苦情対応については一通り基本的なことは知っていた方が要らぬトラブルは避けられるでしょうから、自著をザッと眺めておいた方がいいでしょう。

類書は出版されていないでしょうし、タブー視されるような内容も私は平気で書いていますので、今後も経営資源面で大いに制約を受ける小規模食品事業者向けの類書は出ないでしょうから、ね。

運良く告発・行政指導をうけないのではなく、余程運の悪い食品事業者が告発・行政指導を受ける、他の業界はイザ知らず、それがこの業界の面白いところ、です。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

福島県周辺の農・畜・水産物を原料とし尚且つ前処理段階で均一化しそのロット毎に放射線サンプル検査をしていない大手食品製造企業があったなら...

2012年01月24日
廃業した方がいい、と私は言うでしょう。危機感がそこまで希薄なら、どうせ早晩大手食品製造企業としては到底存続できないでしょうからね。

まあ〜、そういう〜のほほ〜〜んな大手食品製造企業がこの世に存在するとは私は思っていませんけども。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

放射性物質規制値をいくらに設定したとしても国が全数検査導入を忌避する限り状況はほとんど変わりません。

2012年01月24日

放射性物質規制値を低くすることで好転が期待できるのは、大手食品製造会社の製品くらいなもの。

大手食品製造企業は自社製品については放射性物質含有量(放射線量)が規制値を超えないよう腐心するでしょう、そうでない大手企業があったとしたなら、潰れるでしょうし、潰せます。

それ以外は何ら期待しない方が消費者のため。消費者は大手食品製造会社には厳しく要求しますが、その他には存在しないが如く無関心。実際それが正解です。求めても徒労ですから。

高線量被ばくを避けたい消費者は大手食品製造企業に厳しい目線・要求をして、それに対して大手食品製造企業が期待に応えられようが応えられまいが、大手食品製造企業の製品を食す選択をした方がいいでしょう。

それのみが自身と家族の食を通した高線量被ばくを避ける唯一の道、だと私は思います。

農産物・水産物の生産・収穫段階、又は出荷段階での全数検査をする、そういう方向に国が180度方針転換するなら別。小規模食品事業者の取り扱う食品を食することも選択肢となりうるでしょう。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

MONKEY MAJIKの「ただ、ありがとう」。ここしばらく、ず〜っと私のお気に入り。

2012年01月24日
若い時は、有難うございますの意味でついついすみませんと言ってしまうことが多かったですが、今は傍若無人のオイチャンになりましたので、てらい無く「ありがとうございます」「ありがとう」「ありがと」と言えるようになりました〜。

40歳過ぎてからは、数えたことはありませんが、一日に100回以上は言っているだろうか?客商売しているわけではありませんが、「Hi!」「Bye !」「Good Job !」「Thanks」「Thank you」 「Thank you so much」私のありがとうはいろいろの意味。

スーパーやコンビニで物を買った時に私の口をついて出るありがとうは「売ってくれてありがとう」「お疲れ様」といった意味。

歌詞のように、確かにありがとうという言葉は言う側・言われた側双方に笑顔を運ぶ言葉のように思います。

衒い無し、歳をとるのも中々いいもの、でガンスよ。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「小規模食品事業者なら食品関連法順守は出来ない・何らかの意図しない違反がある」と私は公言しています。

2012年01月24日
私にとってはタブーでも何でもない、当たり前のこと。

何てったって「小規模食品事業者の法令順守を実務者として貴方がやりなさい」と言われても「それは物理的に無理です」と私でさえそう答えるしかないですから。

それでも「やれ!」と言われたら「わかりました。食品関連法違反しなければいいんですね?粛々と廃業手続きを進めます。廃業が唯一の食品関連法に違反しないためのとれる手立て、ですから。」と答えるで、ひょう。

不真面目、大真面目。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

放射性物質について。私が大手食品製造企業のお客様相談室の担当者だったら...

2012年01月24日
「世の中に流通している食品の中には、高線量で食べたら短時間で死亡するような物も流通しているかもしれません。それに比べ、弊社では均一化した後に検査を行っていますので、世の中の食材がどうであれ、仕入れた食材がどうであれ、高線量の製品を弊社が出荷することはありませんので、お客様が弊社の食品を食べて短時間で死亡することはありません。どうぞご安心ください。低線量被ばくに関しては一民間企業がコントロールできる問題ではありませんので、それにつきましては厚労省・消費者庁に直接お問合せください。」と言っちゃたりして〜。

大手の人は「他のことはイザ知らず、放射線については所管官庁が元凶なんだから、そちらに直接文句を言ってくれ」と言いたいところでしょうに、そうは言えず。客商売は大変でガンスな〜、も〜し。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「小規模食品事業者なのに何ら間違い・違反がない、そんなことあるわけが無い。」これが私の...先入観。

2012年01月24日
無い、なら見つけられないだけ・見つける技能が未熟なだけ。

小規模食品事業者なら間違い・違反があって当然なのですから、それを一律に咎めるのは甚だ不公平で、業界全体の底上げが出来るまでは個々の事業者を問題視するのはそれ自体不正競争を助長する行為。

底上げ...は勿論半永久に出来ないでしょうけど、ね。

世の中って、なかなかに面白い、人それぞれにそれぞれの楽しみ方有り。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

宮城県庁・仙台市役所・(財)仙台市産業振興事業団・仙台商工会議所を通じて「食品に関する法律と実務が大体できるようになるセミナー」を

2012年01月24日
案内したいと思います。...私のセミナーは裏話的話が半分以上?を占めるかもしれませんので、行政側・商工会側嫌う、かもしれませんので、その時は別の案内ルートを考えます。来月早々にでも各所に顔出しだけはする、予定。

家庭の事情で、日帰りが出来ない遠方には出かけられません。遠方の方からお声掛け頂いても応じられませんので、予めお詫びします。

1回1時間30分・月1回・10か月間の計10回のセミナーかな?それ以上は私の負担感大、なもので。

無料セミナーなら質疑は会場のみで電話メール相談は無し。有料セミナーならセミナーが終了するまでの10か月間は随時電話メール相談可。...という感じでしょうか?

セミナーテキストは自著「食品に関する法律と実務がわかる本」を使用して省力化。本に書かなかったこともバンバン言ってしまうだろうな〜。

では...追々、案内しま〜す。案内しても人が集まらなかったら、...私お得意のペンディング。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

消費者も所管官庁も、小規模食品事業者に食品関連法順守や食の安全を求めてはいないのだから、

2012年01月24日
何も講習会を開いて実務指導する必要もないのでは?というのは確かに一理。

悪意をもって違反する人につける薬はありませんが、単なる知識不足や勘違いで世間からバッシングを受けて自殺に追い込まれる人がこれからは絶対に出ない、なら私もアホらしくて実務指導なんかしませんが、万一、万万が一ということもありますので...。

宮城県・仙台市では自殺にまで追い込まれたという話は聞きませんので、宮城県民・仙台市民は結構心臓の強い人が多いのかも?

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

復興の一助として、違反食品を何種類か見繕って購入する予定。

2012年01月24日
「おい、おい、オッサン!それ何に使うつもりだ?」と問われれば...

「講習会の始めのつかみとして使うつもり。知識不足による悪意の無い違反はそこかしこにあるんだから、皆さん今違反しているなら、そのうち直せるタイミングで直せばそれでいいんじゃない?...という私のスタンスを先ず講習会冒頭で分かってもらうために使う。」ということでゴンス。

被災地内住人として、何かしら復興の一助を、という気持ちはありますが、私に出来るのは食産業振興の一助として小規模食品事業者に食品関連法順守実務・違反間違いの穏当な是正方法・苦情違反指摘への対応方法などを教えることくらい。

チマチマとした復興支援ですが、何かやらないと、ね。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

自著に目を通したことの無い従業員数30人以下の99%以上の小規模食品製造事業者に何らかの違反はあるでしょう。

2012年01月22日
私は小規模食品業界を泳いで長いですから、失礼ながら断言します。ただ...悪意を以って違反しているわけではないでしょうが。食の安全とか、食品関連法順守とかはそんなもん、です。

違反のうち、公になる・指摘されるのは...まあ〜、万に一つという感じです。再び...世の中なんて、そんなもん、です。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

私は行政官ではなく一民間人です。ですから、私が助けたいと思った人はどんな違反をしていたとしても助ける。

2012年01月22日
私が何としても助けたい・助けると思った場合には、どんな案件でも恐らく助けることができるでしょう。但し、その違反の内容・相談の早遅によって、その事業者の受けるダメージの大小は違います。

「他人の命などどうでもよい、吾が身が第一」と思っている人を助けるのは...私も二の足を踏む。それでも、その人の家族のため、従業員のために、助けるかも、しれません。

但し、そういう場合には事案を収めた後にはコンコンと言うべきことは直言するでしょう。

「他人(消費者)の命より吾が身第一なら、経営から退いて他の人(主に家族)に実権を譲りなさい。このままその考え方で続けるなら、消費者に危害が及ばないようにするため、直ぐにでも私が告発しますからね!」くらいのことは言うでしょう。

経営陣の中で誰一人食品関連法の概要さえ知らない、という場合...私からすると、「他人の命などどうでもいい」と考えている会社に等しい。=ではありませんが、≒ではある。そういう会社は...多い、ですけども、ね。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています



129件中(1件〜30件を表示しています)   前   |