出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

宮城県危機対策課。東日本大震災後の食料不足教訓に学ぶ姿勢は、失礼ながら脇が甘い。

2011年12月31日
東日本大震災直後には、そのまま或いは解凍して食せる食糧が各地各所にあった、その事実の検証がないから、机上論になる。

停電下では食品工場内冷蔵庫・冷凍庫にあったチルド食品・冷凍食品は食品衛生法上販売は出来ない物となり、やがては単なる廃棄物となることを理解していなかった食品事業者は少なくない。

様々な事情がそれぞれにあったかもしれませんので、震災後違法販売が行われた事実に目をつぶるのを咎める気はありませんが、それを伏せるために今後の震災対応が現実に即さないものとなるのは後世の人の命を危うくする。

震災後10日間あまりの深刻な食料不足問題については被災地にあった食品関係で飯を食んできた者としてあまりの稚拙にしばしば狂乱傍若無人に絶叫しました。公・私...一民間人である私は自分の家族の命を見捨ててでも公のために全ての時間・ガソリン・体力を使うべきだったのか...。

職業人として低体温症・体調悪化を緩和する一助を為せなかったことは痛恨。津波から命を拾ったにもかかわらず、食糧がなかったために命を失った方もいらっしゃるだろうと思うと今でもただただ申し訳なく、頭を垂れるのみです。

食料確保については東北放送・NHKのラジオ放送を最大限活用して県民の命をつなぐ術も宮城県危機対策課の方々には併せて学んで頂きたい。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

小規模食品事業者に対して厚労省・農水省・公取が所管法の啓蒙と順守実務指導をすることを強く望んできましたが、

2011年12月30日
彼らはそれを頑なに拒絶・忌避し続けてきましたし、それはず〜っと変わることはありません。

もし、それに乗り出せば...世の実情が消費者にも知れることになり、所管官庁たる自身が消費者から責め立てられることになるでしょうから、恐怖するのでしょう。

啓蒙・実務指導しても底上げの実効はあがりませんので、泥沼にはまることを恐れる気持ちもわからないではありませんが、それでは...実情に目を背けない私のような変わり者から「小規模食品業界のルールブックは私。所管中央官庁?、ふん!そんな職務放棄し続けている官庁なんか、無視」と上から見下ろされ続けるでしょう。

私は民間人ながら、地道に啓蒙・指導してきましたので、職務放棄し続けている所管官庁に四の五の言われる筋合いはないですし、何か言われる機会があったなら...唾飛ばして百倍言い返すでしょう。

...とか何とか言いながら...私が所管官庁の役人であったとしても...やはり恐怖してとても啓蒙・実務指導には手を出せないでしょう...小規模食品事業者にとって食品関連法順守とは「現実は」それ程にハードルが高い。

先送り先送りでズッ〜トきた中、耳の痛い実情をガンガン私に今言いたい放題される現役の役人の人たちは災難、...ゴメンね。でもね、実情を踏まえれば、私が怒りまくる気持ちも少しはわかるはず。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

存じ上げる名取市閖上方の写真をテレビで観てむせる。

2011年12月30日

震災番組の放送の最後に在りし日のお幸せそうな家族写真を拝見し、...胸詰まる。お母様は、いつも、誰にも、お優しい方でした。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

農水産物の放射性物質測定がサンプル検査である限り、食事業者が風評被害という言葉を弄することは許されません。

2011年12月30日
技術革新し全数検査した上で出荷・流通・消費の体制が整ったにもかかわらず売れないとなって初めて風評被害という言葉を使う権利が発生する。

それまでは生産せず収穫せず東電・国に賠償を求めるのが真っ当。

他人の健康を害しても自身の生活が大事、ともとれる考え方が来年も全国消費者から受け入れられるはずもありません、自身の家族の健康を害してでも食べてあげようという奇特な人もいるでしょうが、そういう人たちの消費に期待を寄せるのは、ちょっと...。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

福島県内の除染?...あ〜汚染を拡散させる行為、のことね。そういう無駄金が日本にはまだあるなら消費税増税は必要ないでしょう。

2011年12月30日
ドブに金を捨てるなら、先ずはその金を有効に使うべきで、増税はその後の話。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

仙台市秋保の主婦の店「さいち」。私がサポートする経営者の雰囲気と似ている。

2011年12月30日
テレビで「さいち」さんのドキュメンタリー番組を観ていて...雰囲気が似ているなあ〜、と思いました。

「さいち」さんのような食品加工・製造・販売を一店舗内で完結する営業形態ですと、私のような職能で役に立つことはあまりありません。

2店舗以上で営業する・他所でも販売する場合は食品関連法上私の職能は大いに助けとなれるのでご連絡頂くことがあり...「さいち」の社長さん・専務さん・従業員の方々の雰囲気に私が出入りさせて頂く事業者の雰囲気が重なる。

あ〜いう雰囲気の人たちの役に立つことが出来た時は、良〜い心持ちになります、よ〜。長〜く生きてきますと、何かしら人の役に立てるようになれるもの、ですね。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食によって私が死んでもそれは自己責任でしょうが、情報分析できない一般の消費者なら自己責任というのは酷。

2011年12月29日
10歳未満の子供に生卵を生食させた場合、死に至るリスクがあることは食品衛生関係者には常識ですが、子育て世代に注意喚起を長きに亘って意図的に避けてきた厚労省・農水省。

両省にとって他人の子供の命などどうでもいいのでしょう。

そういう官庁が放射性物質汚染に対してどういう対応を採るかは福島県での生産活動をみれば「やはり」他人の命などどうでもいいんだなという感想しか持てない。

彼らは一人一人は善良であろうと私は思いたいですし、きっと良き父・母・子なのでしょうが、組織人としての彼らは小アイヒマン。

但し、自ら命を絶つようなことはするなよ。組織で生きていくということは善良な人を時に小アイヒマンに変えるもの。私も組織人なら同じになるかもしれない、幸い私はフリーマン。

良心の呵責に苦しむ人が私による自省への口撃に心が軽くなるようなら幸い。自身が組織人である悲哀にさめざめと泣いている人もいるでしょうから。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

福島県に寄せる同情は後半年、福島県庁・農水産物生産者はそう思った方がいいでしょう。

2011年12月29日
12年産米の収穫期には全国の消費者の大半が口に出して忌避する風潮に至るでしょう、全国の人々もそれぞれ自分の生活がありますので。

放射能汚染された福島県産食材を公然と拒否できない雰囲気はそう長くは続きません。農水省・厚労省・文科省がデータを出し渋る・検査を忌避しても。

そうはならない100%の自信があるならともかく、それも懸念するなら、食用生産でない「生きる」道を模索した方がいい。

福島県民が正当に同情・賠償を得られるためにも考えた方がいい。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

正月、餅などによる窒息にご注意ください。仮設住宅の高齢独居の方には特に。

2011年12月29日
喉の乾燥・健康悪化。嚥下の力が自分で思っているより弱っているかもしれません。

窒息予防には「食事の際は、お茶や水などを飲んでのどを湿らせる。」というのも有効だそうです。

消費者庁のホームページに注意喚起・応急手当の方法http://www.caa.go.jp/safety/pdf/111228kouhyou_6_1.pdf)が載っていますので、ご参考下さい。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

苦情クレーム・違反疑義・違反へのお詫び状・顛末書・報告書・回答書の代筆は...もんの凄く感謝されます。

2011年12月29日
「どうしたらいいのか...」頭を抱える人に、応対・対処の仕方をアドバイスし、提出書類を代わりに作成する。

これは...あ〜、こういう技能を身につけていて本当に良かった〜、と思います。ものすごく喜ばれます。

私も別分野でどうしたらいいのか全く分からないで困り果てている時に、「な〜んだ、そんなことか。それなら私が全部対処処理します!」と言われたら、そりゃ〜その人が神様に見えるかもしれませんので、人にはそれぞれ得意分野というか、人を助けられる分野というものがあるんですね〜。

ホッと肩の荷が下りた嬉しそうな声を聞けるのが、私がこの仕事をチマチマとでもず〜っと続けている主因かもしれません。今日は良〜い心持ち、です。...連日連夜なら、私も体力精神力が続かないですが、最近はたまにという程度ですから、私にとってもちょ〜ど好い。

...今回は正直なところ、ちょっと疲れましたけども。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

福島県は大変お気の毒ですが、今や加害者化した。

2011年12月29日

福島県内における12年産米の作付制限について、福島県庁は農水省に地元の意見反映を要望したそうですが、失礼ながら、意見反映が必要なのは福島県内の要望ではない。

農水省が意見反映させるべきは、全国の消費者・福島県以外の食品業界。

被害者である福島県内の意見を反映させる時期は過ぎました、他都道府県にとって福島県は加害者化しましたので。

食において一次被害者が二次加害者化することは珍しいことではありませんが、これ程大規模に堂々と行われる例は初めてでしょう。

福島県に住む人・住んでいた人は私も気の毒に思いますが、それはお金で賠償する道しか悲しいかな無い。

福島県を助けるために「自分の家族の命を犠牲にしても構わない」という考えを日本全体で共有し、ともに沈む覚悟があるなら、それも一つの選択でしょう。

福島県ではなく「福島県民を助けたい」と思うなら、福島県を加害者化させずに福島県民を助ける選択を農水省も採って頂きたし。...私もたまには農水省を誉めたいですし。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

今から、顛末書・改善報告書・お詫び状の代筆。代筆は...小規模食品事業者の方にとても喜ばれます。

2011年12月29日
事業者から状況を電話で詳しく聞き取り、代書。文面を事業者に読んでもらった後、修正点をこれまた電話で話合い、文書完成。

小規模食品事業者では規模の大きな会社と同様の品質保証・品質管理は出来ません。

制約された状況でどう対策を打つか・打てるか、それを提出先が諾としてくれるか、それら様々なことを考えながら事を収めるには、小規模食品業界で経験を積む必要があります。

非の打ちどころのない文書を書いて差し支えないなら...代書も楽なもんですけど、ね〜。

そういう文書を書くことが許される環境で仕事をしたのは...♪あれは〜何十年前〜♪(ブルーライトよこはま、風に)

♪街の灯りがとてもきれいね、○○〜♪...今年は丸ごと町が消えてしまった地域がいくつもいくつもあり...ブルーライト横浜の歌詞中の横浜を私にとって思い出深い地、閖上・気仙沼・釜石・大船渡で替え歌しながら一人寂しく口ずさむ。♪街の灯りがとてもきれいね〜、   ♪

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

小規模食品事業者の方に苦情対応・詫び状の書き方指導・食品関連法とその順守実務を教えていますが、結局は代行になってしまう。

2011年12月29日
いわゆる食品の品質保証・品質管理実務を小規模食品事業者に指導していますが、小規模食品事業者には品質保証・品質管理を担当するための食品化学の基礎知識・技能を身につけた人はいないのが一般的ですので、実務指導の前に高校・大学レベルの生物化学を理解してもらう必要がある。

小規模食品事業者でも食品関連法順守実務を担当するならば、本来それら基礎知識・技能は必要。かなりの負担感でしょうから、今今対処しなければならない状況では結局は私が丸ごと代行する場合が多く、底上げの難しさを感じる日々。

同時に...底上げは食品関連法所管行政がやるべきことだよな〜、それも職責だろうに〜、と思う日々。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

最近、疲れているようで...てにをはを間違えること多し。

2011年12月29日
ですが...修正せず。私はオッチョコチョイ。私にとって自身の恥は隠すものに非ず、晒すもの。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

宮城県名取市の愛島東部仮設住宅に12月25日に行ってきました。日曜の日中でしたが、人通り少なく、寂し。

2011年12月28日
ご高齢の方々も多くお住まいのようですので、寒いこともあり家の中にいらっしゃったのかもしれませんが、駐車場にあった軽自動車の台数の割に人通り少なし。

家の中でご家族・ご近所同士団らんされていたのであればいいのですが。来年からは支援も少なくなるでしょうし、年初めから失業給付が切れる人も出てくるでしょうし、これからが大変なのでは。

私自身被災者支援のボランティア活動を今はほとんどしていませんので、何も言える立場ではありません。寒さと寂しさから...微力ながら、「何か」させて頂こうという気持ちになりました。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

農水省にとって他人の健康や税金の浪費は眼中にないのか?

2011年12月28日

福島県産農産物が流通する限り、全国の都道府県で食品企業で放射性セシウム測定を消費者から要求されるでしょう。その費用は東電へそして国へ請求される。その額と福島県内農家への休業補償とを天秤にかければ、休業補償の方が安上がりでかつ検査をすり抜ける基準値超過食材消費防止の益もある。

検査関係の利権は厚労省が握っていると思いますが、農水省はそちらへの触手を伸ばす考えなのだろうか?他人の健康を害してまでもほしいものとは...ん〜ん、頭の構造がわからん。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

?食品関連法違反で回収するか?...建前は楯前。意図せぬ違反はそこかしこ、健康を害しない違反での回収は社会的損失。

2011年12月28日
コンプライアンスによります。

ラベルを張り間違えた場合、どうするか、建前上は当然公表・回収です。

小規模食品事業者の場合は何らかの意図せぬ違反があるのが普通です。

ですから、消費者の健康を害しないと判断できる違反・間違いでは回収しないというのが妥当。

小規模食品業界では違反・間違いに気づいたということを誉めるべきかもしれません。

気づかなければ何ら損失は出ないでしょうし、それが普通という状況が小規模食品業界のこれからも続く実情です。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

放射性物質おせん問題。農水省の苦境もわかるが、来年も「全国の」農家・食品企業を苦しめるつもりか?

2011年12月28日
福島県の農家を救いたい気持ちは理解しますが、そのために全国の食事業者が苦境に追い込まれる。来年の水稲作付制限は11年度米で500ベクレル/kgを超えて所にするとか...50ベクレル/kgの間違いでは?

福島県産農産物が加工・製造業界に流通することによって、全国の食品事業者が今年以上に苦境に追い込まれるのは目に見えている。福島県の農家に賠償する金額と全国食品事業者が被る検査経費その他の損失額、後者の方が膨大。

農水省は頭がおかしいのではないか?一人一人は頭脳・人格とも優れたると思いますが、組織とはあまりに恐ろしいもの。愚の骨頂であることは個人としては重々わかっているでしょうから。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

不適正表示の包材・ラベルを随分前はコレクションしていましたが、今はしていません。

2011年12月27日
告発するためでは勿論ありません。その逆に困った状況に追い込まれた食品事業者を助けるための資料として「内々に」開示する「印籠」として活用するためのみの目的で。結局使う程に事業者が追い詰められたケースには遭遇しませんでしたので、未使用で廃棄。

必要なら数時間で相当な不適正事例をいつでも集められる「自信」はありますので、今は全くコレクションはしていません。その手を使うとしても人を助けるためであって、人を貶めることには使わないでしょう。あくまで伝家の宝刀としてであって妖刀としては用いず...例え餓死しようともね。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

初歩的な食品表示間違いの商品をみかけるとホッともしたり、ガッカリもします。

2011年12月27日
世の中の実情とはそんなもんです。

「やっぱりテキトウが普通だな〜」と小規模食品事業者にアドバイスする時に相手を緊張させないために引用したり、私の知らないところでも行政は相変わらず啓蒙していないなあ〜と思ったり。

勿論、ホッとするより、圧倒的にガックシくること多し。食品関連法順守の社会的機運が高まらないと私はオマンマの喰いあげ、ですから。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

製造所固有記号の意味と運用「実情」を消費者が知れば、情報開示ではなく制度自体廃止を当然要求するでしょう。

2011年12月27日
放射性物質拡散で食品関連法を取り巻く環境は激変。

現時点では製造所固有記号制度は正しく運用していようが、景品表示法違反に該当する場合あり。消費者が知れば「詐欺」「ロンダリング」と激怒するであろう例多々あり。

このオッサン、言い過ぎか?いえいえ、これでもトーンは抑えているつもり。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

いろいろな方から生活できないんじゃないかと心配されますが、確かに貧乏は貧乏ですな〜。

2011年12月27日
その日暮らしのような毎日ですが、その分気兼ねなく言いたい放題。遠慮する必要を感じる程の金蔓は無し、で逆に持ち出しするくらいですから。

貧すれば貪すの地金全開の言いたい放題ですが、ま〜、それぞれにそれぞれの生き方あり、楽しみあり、です。

来年も大差ない生活でしょうが、拾った命、伊達政宗にあやかって、楽しまずんばこれ如何。ますます好き放題、言いたい放題しま、ひょ〜う。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

ベーキングパウダーは食品添加物です。

2011年12月27日

小規模事業者ではなかなか詳細まで知識を深めることは難しいかもしれませんが、表示順番にご留意ください。ある洋菓子店の菓子をお土産を頂き、表示を見たら順番が間違っていました。

皆さんも表示作成にはご注意ください。?勿論、通報何かしません、って。

間違いなんて、魚の目鷹の目で見なくても、そこかしこでしょっちゅう見掛けるものです。一々目くじら立てては、小規模食品事業者は営業できません。

とはいえ、小規模食品事業者であっても、知識を深めて間違い(食品関連法違反)が少ないようにはしていきま、ひょう。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

3月11日の事実を12月の今になって知り、がく然とし苦悶す。あの日私は精神的に死にこれからは全く別人として生きるしか無し。

2011年12月27日
たまたまその方は存命ですが、あの日お世話になったその方が目と鼻の先視界の先100m程先にいらっしゃったと先日初めて知る。私はそれを知らずあの時目の前にいながらきびすをかえす。

ネットで検索するほどに、その後津波が押し寄せたその施設内の辛酸を知る。

その方は関東に住んでいらっしゃるものと思い込んでいましたので、その後もご挨拶にも伺わず、まして何のお役にも立たず、今日を迎える。

その施設名を先日その方から聞き、呆然とす。関東の地名と思い、命の危険が迫る程の地にはいなかったものと勝手に勘違いしていたことを恥じる。

私は頓珍漢な恩知らず。あの日の行動は巳に恥じること無しと思っていましたが、とんでもない失態、いざ鎌倉の命をかける時を失いました。あの日そして今日まで私は道を誤った、過ちは取り返しがつかない。

今日事実を知るに至り、もはや私は別の人間として生きていくしか無し。痛恨の至り。私の人生は失敗だらけの人生ですから、ま〜、2〜3日不眠でも何れは爆睡してしまうでしょう。1〜2か月後にはきっと顔をあげてふてぶてしく生きていくことで、ひょ〜う。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食について一格言持つ人は多いでしょうが、オブラートに包まず言ってしまえる自由人は少ないのでしょう。

2011年12月26日
世の中、それぞれ立場というものがあるでしょうから、私のような言いたい放題すること能わずという人が大多数でしょう。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

消費者庁の食品表示一元化検討会で製造所固有記号が議題にならないようであれば、

2011年12月26日
それはそれで世の中そんなもん、ということで、面白い。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

放射性物質拡散により製造所在地を気にする消費者も出てきましたので、

2011年12月26日
製造所固有記号制度は「原則」禁止にするのが妥当。消費者庁の食品表示一元化検討会で議題になるか、ちょっと注目。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

消費者庁の食品表示一元化検討会。今後は三法と景品表示法との整合性も検討頂きたい。

2011年12月26日
既存官庁同士の縄張り意識もあるでしょうが、これを避けて通ると消費者利益に反する新法になってしまう公算大、と私は思います。...お客さ〜ん、冷やかしは困ります〜...ま〜、私の独り言はそんな程度のもの、ということで。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

私はガンガン言っていますので、不穏分子として逮捕されても不思議はないかも。

2011年12月26日
濡れ衣を着せられても、警察・検察・裁判所はお友達のようですので、抵抗空しく刑務所入りさせられるかもしれません。ま〜、その時はその時で、キャリアアップと前向きに捉えましょう。飯代も浮きますしね。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

小規模食品事業者から賞味期限・消費期限の決め方について訊かれることがありますが、

2011年12月26日
相手の事情によって言を変えます。杓子定規に言ってはただ先方が青くなる場合が多いですので、出来そうなところまで崩したアドバイスをすること多し。おいおい、オイチャンいい加減だね〜。

一般生菌数・大腸菌群・大腸菌(E.coli)という用語を知らない事業者にあれよこれよと説明しても青くさせてしまうだけです。固まって前に進めない・苦手意識を植え付けてしまうより、一歩でも前に先ずは進んでもらう方を私は選択します。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています



150件中(1件〜30件を表示しています)   前   |