出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

今日が大晦日という気がしません。

2010年12月31日
日配品を製造・販売している事業者との付き合いが多く、年末年始といっても暦上のみの話で普通に仕事している工場・人が多いですので、私も連動して今日大晦日も明日元旦も普通の日。そういう方も多いでしょう〜ね。お疲れ様です。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

鶏卵は「加熱してこそ」サルモネラリスクを排除できる。

2010年12月30日
農水省が養鶏業に配慮する気持ちもわからないではないですが、サルモネラインエッグのリスクは広く知らしめてこそ消費者が正しく選択できるというもの。

2年前の約束、その進行状況や如何に。先送りはやがて「刑事責任」を問われる事態が必ず来る、そのことにも思いを馳せて頂きたい。

大分県と大分市で幸いにも死者が出なかったから良かったものの、幸運はいつまでも続くものではないでしょう。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

危機管理を生業とする人は私のブログを目にしてしまうこともあるのでしょうが...

2010年12月30日
あまり真面目に参照しないようお願いします。私は不真面目真面目人間の不真面目比率が高いですので。

とは言いながら...自分では真面目不真面目人間とは思っていません、悪しからず。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

重大事故再発防止。考え方はfleet in being。

2010年12月30日

国・行政の腰が引けていることが再発防止のネック。

企業は損得で物を考えることが宿命。ならば企業に自発的に迅速かつ誠実な対応をとらせることは簡単。

原因究明・再発防止に鈍なる企業は退場させる「意志」を国・行政が示せば良いだけ。

消費者の生命も大切だが、企業の方も大切。それは一理。企業が廃業・倒産すれば、そこで働く労働者・その家族は生活の糧を失い、やがて命を絶つ人もでるかもしれない。

ですから、国が腰を引く理由に全く理解を示さないわけではありません。しかし、腰が引け過ぎてはいなせんか?という風には思います。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

アリとキリギリス。

2010年12月30日
「キリギリス、人生五十年、後三年生きてみたし」by安倍貞任...なんつって。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

過去?の食品行政機関の美徳。

2010年12月30日
私はネット上・実店舗上で違反・間違いを能動的に探し、そこから得た知識から自身のスペシャリティーを磨いてきましたが、行政機関は逆。

行政機関の美徳とは三猿。私が行政官であったなら、やはりそうしたでしょう。行政機関も表向き姿勢変更を迫られてはいますが、「諸事情」から易々と君子豹変す、とは行かないでしょう。

私のように地面を這いつくばって生きる者(「あ〜、人間になりた〜い〜」by妖怪人間ベム」とはそもそも「立場」が違い、様々なシラミ...もとい、柵というものがあるでしょうから。

???妖怪人間って...ベム・ベラ・ベロ...だったでしょうか?

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

ネット上の違反疑義キーワードパトロールから逃れる方法。

2010年12月30日
リテラシーの低い私が知っているくらいですので、改めてここで説明しなくとも多くの人が知っているでしょう。

その方法を用いた場合、「悪質性が高い」と判断されてしまうでしょうから、真っ当な商売をしている人はチラシなどの画像に不適切な表現がないか厳に点検しましょう。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

郷土の偉人「米内光政」に傾倒するあまり?

2010年12月30日

泰然自若「巣鴨に行く準備はできているよ」と言ったとか...。

残念ながら...私は小人ですので、泰然ではなく自虐的に。小人がタブーを物ともせずお上にズケズケ言うには覚悟だけはしておきませんと...。

ところで...生活に困ったら、刑務所は最後のセーフティーネット。国は犯罪を犯した人に衣食住を保障するのに、生活困窮する非犯罪者に衣食住を提供しないというのは...私にはどうしても理解できない。

生活に困ったら...刑務所に入所申請する前に先ずは生活保護申請しよっと。私の脳みそはその程度。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品関連法の所管行政機関とは、何とも気の毒な組織。

2010年12月30日
食品業界は小規模食品事業者が多いですので、善意で違反行為に目をつぶることも多いでしょう。

先送り・違反行為黙認の先例を多く作る結果となり、それらによって自らが拘束されることになる。

発露が善意・温情であること多し、と思いますので、何とも気の毒ではあります。

対して...助けてもらった経営者は、というと...助けてもらったということすら理解できない人が多いようですので、行政機関・行政官にとっては泣きっ面に蜂、でしょう。

理解できないオーナー経営者には「理解できるように」きつく釘を刺した方がいいでしょう。鈍なる人はトコトン鈍ですので、また同じことを繰り返し恩を仇で返す、でしょうから。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食中毒。企業規模がそれなりに大きいのに、即日説明謝罪文をHPに掲載できないのは...?

2010年12月30日
...心配な企業、なのでは?...一両日注視。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

来年もどこぞの食品企業が人災に晒されるのでしょう。

2010年12月30日
マスコミ・所管行政機関の多くが食品を取り巻く複雑な事情に対して大分理解が深まってきましたので、2010年はマスコミ・所管行政機関による二次災害は少なかった印象を持ちます。

2011年も同様に推移するとは思いますが、非難はしないとしても擁護まではしないでしょう。

不祥事に見舞われた食品関連大手企業がその時どのように対処したか、他社の事例ほど格好の教材はありませんので、大手企業ならすべからく最低でも半年毎に対処マニュアルを更新し訓練することをお勧めします。

私は大手企業には概して同情的ですので、微力ながら援護するでしょう、有り難迷惑かもしれませんけど、当方勝手の風の吹くまま気の向くまま。

情けは他人のためならず。タイムリーに多方面からの擁護が得られるか、それは日頃の行い次第。美徳を宣伝し過ぎれば鼻に付きますが、何らかの形で社会的弱者への支援を行っているなら私のアンテナに引っかかる程度の喧伝はしておいてもらいたい。

企業は営利団体、といえども、人の集まり。人の温もり・温かみを感じ取れる企業に対しては、他の人もそうだと思いますが、私は自然と擁護に力が入りますので。

...やっぱり...有り難迷惑?こりゃまた失礼しました〜。な〜んちゃって。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品関連法の知識があれば加熱工程を経た製品の商品名に「生」は冠しません。

2010年12月30日
各地方自治体の所管部署が指導するべきですが、他都道府県の先例に倣って目をつぶっているのだろう、と私は思っています。地元企業の不適正事例に気づかない、ということは考えにくいですので。

「生」を冠することが適正である商品もあるでしょうが、多くは景品表示法違反・不正競争防止法違反ですので、是正させる必要あり。

但し、不適正に「生」を冠する事業者は悪意をもって「売り抜け」ようとしているわけではなく、単に知識不足である場合が多いように思いますし、放置してきた行政側にも責があるわけですから、特定の事業者を公表・指導するのは妥当ではないかもしれません。

大手企業相手には些細なことで公表・勧告する行政機関も殊無数の小規模事業者相手では火の粉は自らに降りかかりますので二の足を踏む。

消費者としての私は「紅ずわいがに≠ずわいがに」が悪いことだったとは思っていません。ズワイガニの中でも特に優良な品種、それが紅ズワイガニなのだと思っていましたので。牛の中でも特に優良な種類の一つが「松坂」牛であるのと同様にわざわざ「紅」と冠しているのは優良だからなのだろうと思いましたので。私の教養はその程度のもの。

叩きやすいところ、ごねないところ...ある意味大企業のような立場の弱い事業者にはきつく当たるというのは自信が無いからなのか、そんなうがった見方をする私はへそ曲がりなのでしょう。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

伊藤ハムの「伝承の味ギフトM」を携え年末のご挨拶廻り。

2010年12月29日
歳暮を選んでいて...やっぱり伊藤ハムのギフトを買ってしまった。誠実に努力しているのに、過去に気の毒な目にあった会社をどうしても判官びいきで応援したくなりますので。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

年末年始は日付印字確認に始まり確認に終わる。

2010年12月29日
年末年始に休むという慣習は私にはありませんが、年末年始という感覚はあります。但し、それは緊張感をもって迎えるものです。

消費期限日付・賞味期限日付・製造日日付。それらの年・月・日が正しく印字されたかの確認注意喚起に終始します。

この時期、日付は「必ず」間違ってしまうもの、そういう目で頭で点検することだけが唯一誤出荷を防ぐ道と私は思っています。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

年末に伊達直人...粋ですね〜。私と同世代?

2010年12月28日
児童相談所にランドセルを贈るの巻。

名も無きタイガーマスクに謝意。寒空の心にポッと灯が灯る、良〜い話。

「♪ゆけ〜、ゆけ〜、タイガー〜、タイガー〜、タ〜イガー〜マ〜スク〜♪」

...次は...デビルマン...か?

「♪今〜日も、どこかでデビルマン〜、今日もどこかで、デビル〜マ〜ン〜♪」ってか?

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

賞味期限切れ原料を使ってもよい、という意味ではありません、悪しからず。

2010年12月28日

期限が1日過ぎていて風味が落ちていたかもしれない原料を間違って使ってしまったのなら、「♪〜だって〜、仕様がないじゃない〜♪(今更仕様がないでしょう)」という意味です。

安全性に疑義が生じるほど期限が随分過ぎていた物を使ったわけではないようですので。

これからは気をつけてくださいね!程度の意味です。賞味期限切れ原料使用にお墨付きを与えるものではありませんので、悪しからず。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

切羽詰まった人は即時助けますが、

2010年12月28日
まだ余裕のある人には少し勉強して自分で対処してね!と言います、のほほ〜んな人に結構私は素っ気ない。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

賞味期限切れの原料使用は基本的には合法です。

2010年12月28日
消費期限切れの原料使用は基本的には違反です。

違いは「安全性」です。

但し...「賞味期限切れの原料を使って何が悪い!」という物言いは自社イメージを損ないますので、なさいませんように。

原料は賞味期限内に使い切り、残ったらもったいないですが、廃棄する、それが真っ当です。今回は管理が不十分で間違って使ってしまったのでしょうが、これからはお気をつけください。

...質問への回答は、これで事足りた、でしょうか?

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

来年は小規模食品事業者の底上げを視野。

2010年12月28日
正攻法で取り組めば、各所管行政機関・小規模食品事業者ともに深手を負う分野ですので、行政筋が二の足を踏む分野。

関わり方を模索しながら、是正・フォローすることに来年はもう少し力を入れて行きたい。

努力する人・組織が損をする現状は宜しくないですので、努力しない・回避することによって利を得ている人・組織が結果としてあぶり出されることがあったとしても...多少ならそれはやむを得ないでしょう。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

法令順守を旨とするネットモールはやがて退場する。

2010年12月28日
ネットモールも2系統に分かれます。「出店各社の各商品の法令順守状況を確認しない」モールとするモール。

「利便・品揃えを優先し多少の法令違反は許容し、かつ法令違反は出店各社の責とするモール」と「法令順守を旨とし、扱い商品トラブルに対して主体として責を負うモール」。

違う土俵ですので、後者が如何に安心・安全を求める一部の消費者層を取り込めるか、現状の少ないパイを増やせるか、...その鍵は行政機関・消費者団体による食品関連法視点でのネット通販サイト監視頻度次第。

不適切なネットショップを指導し是正又は退場させなければ、行政機関による不正競争促進に、自助努力する企業は真っ当な競争力を削がれ泣かされ続けるでしょう。

現状は元々真っ当なスタートラインからの競争ではありませんので、法令順守に厳なる企業は品揃え・コスト面で苦戦するのは当然の帰結。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

事故誘発道路の工事完。

2010年12月28日
家の近くの国道と市道の丁字路。いつか死者が出るだろうと思っていましたが...

二十年以上の時を経て工事完。

国と市の縄張り争いの内幕はわかりませんが、過去ちょこちょこ何度か無意味な工事にかけた無駄金は誰の懐に入ったのか...それはそれとして行政が市民の命を危険に晒す箇所はまだまだ多い。

大してお金はかからないと素人目には思えるのですけど、チマチマした政争による嫌がらせなのか...な〜んて思う以外市民の命をわざわざ危険に晒そうとする、その理由が思い浮かばない。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

ビリー・ジョエル...いいね〜。

2010年12月27日
Don't forget your second wind sooner or later...懐〜かし〜い。

...それにしても、ビリー・ジョエルとシルベスター・スタローンは顔が似ている。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

消費期限・賞味期限の短い商品を扱う方は日付印字の念には念の点検を。

2010年12月27日
この1週間は特に間違える可能性が高い時期、です。複数の人で点検・確認しましょう。

この間違いでの回収は「もったいない中のもったいない」ですので。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

道路が渋滞。正月休み?もう休みに入った人が多いのかな?

2010年12月27日
中小食品企業は日配品を扱っていますので、基本的には365日稼働。私も連動して基本的には365日仕事。連休の概念、というより終日休み、という概念自体ありませんので、うらやましくもあり、うらやましくもなし。適当に息抜きしてますので。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

悪気はないのでしょうが...1月10日中にはHPを修正しましょう。

2010年12月27日
それまでは行政機関は休みモードです。

ネットショップを運営する人はたぶん違反だという認識がないのでしょうが、どの表現が抵触するのか判断できないでしょう。

年末年始限定企画商品であれば1月10日を過ぎればHP上に掲示しておく必要もないでしょうから、そのHPを削除するのではなく別企画商品に更新した方がいい、でしょう。PDFなら削除でOK、でしょう。

因みに、私が告発することはありません。少なくとも過去には無し。告発に時間を充てるほど私も暇人ではありませんので。

...ブラックユーモアが過ぎた、でしょうか。な〜んちゃって。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

年末年始は間違い・違反の見本市。

2010年12月27日
悪意のある売り抜け、は流石に少ないと解したいところですが、例年見本市状態になりますので、傾向をつかむには格好の時期。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

自動車事故削減策。

2010年12月27日
ズバリ、新車に車載カメラ設置を義務付けること。

プライバシーの問題は事故調査・その他司法機関が必要と認めた時のみ映像を観れるようにし、持ち主でも観れないシステムとすればいいだけのこと、と思うのですが。

自動車の価格は多少高くなるかもしれませんが、無謀運転抑止・事故後の捜査費削減など公益性は高いでしょう。

なぜそういう話が出ないのか、ちょっと不可思議。義務化したからといって、車が売れなくなるということはないでしょうが。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「なんちゃって」消費者庁Gメン。来年はそんなことをしちゃったりして〜。

2010年12月27日
散見するに...ネット通販サイトの違反点検を余暇としてやってみたい気分。

摘発するスタンスか、修正を促すスタンスか、それは気まぐれな私のこと、朝令暮改あり。

とはいえ、そろそろルーズにも限度というものがあるだろう、とコメカミの血管がヒクヒクする。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

消費者庁の公益通報に関するアンケート結果は面白い。

2010年12月26日
失礼...興味深い。

大企業と中小企業。役員・管理職・正規従業員と非正規従業員。

それぞれの対比が面白い...失礼...興味深い。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品関連法の監視・指導空白期間始まる。

2010年12月26日
年末年始の前後20日間は食中毒関連を除き行政による監視・指導は停止します。だから何?ということではありますが。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています



98件中(1件〜30件を表示しています)   前   |