出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

農水省には外部有識者からなる監査室が必要。

2009年03月27日
自助努力は望めません。不正に直接手を染めていない職員でもこれだけの状況が続いてきたということは「他の人がやっている不正を告発する義務が公務員にはある」とするならば「真っ白」という人は省内には存在しえないのでは。本人の気質云々の問題ではない。

ヤミ専従の単発調査に限定せず、常設として検事経験者・弁護士といった法の専門家が目を光らせて不正ができない監視体制を敷くというのが農水省への信頼回復・農政遅滞防止に有効な策と思います。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

農水省ヤミ専従隠ぺい問題。私は秘書課長・調査官に同情的。

2009年03月27日
なぜ隠ぺいしようとしたのか。農水省のためか?自身の出世のためか?職員組合が怖かったためか?私の勝手な想像(妄想?)では「職員組合が怖かったから」が主たる理由(私は勝手にそう決め付けている)。

公務員職員組合のガラの悪さはつとに有名(職員組合とは押し並べてそういうものとまでは思いませんが)。交渉時に机を叩く、罵声を浴びせるというのはあちらこちらで耳にする話。

ヤミ専従が存在しない身綺麗なら元々隠ぺい自体必要がない、する必要がない。ある意味秘書課長と調査官は被害者と言えなくもない。秘書課長と調査官が処分(更迭)されてヤミ専従していた人・させた人が何の処分も受けないようなら、はなはだ不公平千万。

百歩譲って過去のヤミ専従は問わないとした場合でも今後は懲戒免職にするべきです。法をもっとも知っているはずの公務員が法を犯していながら同じ官庁が民をJAS法違反・不正競争防止法違反で摘発・告発するなど片腹痛し(笑うに笑えないですが)。

職員組合とは恐ろしい相手なのでしょうから、今後は職員組合との交渉・折衝には「必ず」民間の第三者(有識者)がオブザーバー(お目付け役)として出席する、ということにしてはどうでしょう?職員組合側もやましいことを要求するのでなければ民がオブザーバーとして参加しても拒む正当な理由はないでしょうから。オブザーバーとして最適なのは新聞等のメディアの記者ではないでしょうか。

宮城県では厳しい財政の下、職員給与削減交渉でテレビカメラが入って以降組合側が軟化したという印象を私はテレビ画面を介して抱きました。

民間では組合側があくまで強硬・高圧的姿勢を押し通すことは働く場である会社自体を傾ける事態になりかねませんが、公務員はそういう心配がない。自制を促せるのは民の視線のみ。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

平田財務副大臣の小沢批判はやぶへび。

2009年03月26日
「小沢さんは辞めないが、私は辞める」と言ったそうですが、「二階経済産業大臣の進退についてはどう思われますか?」と記者が問わなかった(時間がなくて問えなかった?)のが残念。責任を取って副大臣を辞職するという神妙であるべき時にニヤケた会見をする方にはその位の嫌みは言って然るべき。

ついでに副大臣だけでなく議員も辞職なさったなら、世論も味方して小沢氏にプレッシャーをかけられるかもしれませんが、引責辞任会見で辞任されるご本人が笑みを浮かべるようでは大衆(私)も御当人に笑みを返すしかない。この場合の笑みは笑みでも冷笑。

折角の辞任がお笑い会見では自民党にとっても平田氏にとってもプラス効果なし。居座ってネホリハホリされないだけで御の字ということでしょうか。もったいなや。ところで平田氏って誰?

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食中毒以外の食関連法違反公表は「事業者による自己申告」と「告発」に収束した感あり。

2009年03月20日
結局のところ、落ち着くところに落ち着いてきたよう、全国的に足並みが揃っている。

食関連法は守れることを想定していない法ですので、行政も消費者向の建前は建前として本音としてのアンタッチャブルに帰結せざるをえない、私が担当行政官でもそうせざるをえない、所属行政機関を守るためにも、そして零細食品事業者を守るためにも。

食関連法所管行政官が心のバランスを崩さない拠り所は「健康危害発生リスクが高い違反を知った時には目をつぶらない」ということになるでしょうか。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

要求(強要?)されて自腹で支払った農政事務所所長をなぜ農水省は処分したのか?

2009年03月20日
不祥事で処分された職員(組合員?)30人に賞与の減額分補てんを要求(法的に恐喝にあたるかは不明)されて逆らえず自腹で支払った所長を農水省が処分したそうな。自腹であっても不適切という見解?の下に農水省が内々に処分したことに外野がとやかくは言えない。

しか〜し、この場合の要求(私には力関係から単なる要求ではなく「逆らえない理不尽な金銭要求」に思える。)は公に出来ない金銭要求のようですので、恐喝との線引きがきわどいと思う。

「一般社会」では金銭要求した側を処分するのが当り前ですが、やむを得ず応じた(しかも自腹)人だけを一方的に処分するとはなんとも理不尽。組合とはそれだけ恐ろしい存在という事なのでしょう。

公務員社会には一部治外法権があることは既得権として過去は目をつぶってきたでしょうが、一個人の告発・リークを黙殺できない時代になりましたので、公務員職員組合も一般人から治外法権と解されるような直球勝負の剛球投手ではなく、リークされても民間人からそう解されないような「言い逃れが利く」変化球勝負の技巧派投手に変更した方がいいでしょう。

処分を受けた所長には同情を禁じえない。私がその立場であったなら、理不尽な要求とわかっていてもやはり同じように「自腹」で支払う以外の選択肢はなかったでしょう。

処分を受けた30人の職員が不祥事を行った理由は、事業者側への同情・憐憫(利益供与なし)なのかもしれません、そうだったとしても不正は不正。処分といっても懲戒免職というわけではないでしょう(民間企業ならば懲戒免職が相当)。規定の賞与減額分を補てんしろ、という要求は法的にどうなのか?過去の罪は問わないとしても猛省あってしかるべき。

ヤミ専従の人がいるとすれば、その存在価値・意義を組合員に誇示するためにこのような尖がったことが起こりかねない。私がヤミ専従なら「専従者がいてもサッパリ役に立たない」と言われないためにゴリ押しするかもしれない、とも思いますので。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

中小零細食品企業の食関連法上の不祥事の大半は行政の責も大。

2009年03月16日

零細食品企業では資本的にも食関連法順守は至難、これは常識。社会的地位のある人にとっては口にチャック、公言はタブーでしょうが、はぐれ雲の私は遠慮の必要を感じない。

零細食品企業の啓蒙・指導に背を向けてきた監督行政機関にとっては煙が上がった時点で如何に他に波及しないように火消しするか、今後も腕の見せ所でしょう。実情に疎い担当行政官も珍しくない、そういう方は零細食品企業にとって危険ですが、それ以上にその行政機関自体にとってハイリスクでしょう。

食品関連法監督行政機関は取締りを自重しているようですが、行政機関を守るという視点でも正解。但し、自行政区内から同時多発的に不祥事が一気に噴出しないよう、水面下での指導・啓蒙は強化すべきでしょう、それも行政のリスクヘッジ。零細食品企業への啓蒙・指導とは実質的経営者対象を指し、雇われ従業員への啓蒙・指導に意味・意義はない、あしからず。

零細食品企業に大手並の食関連法習熟と順守体制を望むのは無理。食関連法監督行政機関の組織防衛の基本は企業に「立ち入らず商品を検査せず」が基本、不祥事が報道された場合に「初耳(知らなかった)」というコメントが出せるようにしておくことが肝。

代わりに監督責任追求を回避する基本が集合教育。効率性を勘案し集合教育による啓蒙・指導に傾注したという実績作りが責任回避策となる。啓蒙・指導実績はいざの時にマスコミ・消費者から非難を受けないための言い訳として、その価値は大きい。この場合の啓蒙・指導は形式的なもので構いませんので、雇われ従業員対象でも可。

私が行政官ならそれ以外の選択肢は到底選べない、そう思う。行政官の苦渋・苦悩にも一定の同情はしている。あちらを立てればこちらが立たず、平重盛の心境でしょうから。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

クローン牛・クローン豚の流通には尚時間をかける必要があるでしょう。

2009年03月13日
科学的に食品として問題はない、と食品安全委員会が見解を出した。これは食の安全上の問題をクリヤーしたということになるでしょう。問題は「食の安心」消費者感情。

BSE問題を持ち出すのは適当ではないかもしれませんが、国が低齢牛のBSE検査は意味が無いという見解を出しているにもかかわらず、地方自治体は検査を税金で継続している。産業振興と消費者感情に配慮してのこと。

クローン牛・クローン豚が流通すると仮定した場合、行政が何と言おうと民間サイドでは「クローンか否か」トレースし、クローンは忌避されるでしょう。農水省が「クローンではない」という「表示」を禁止しようがしまいが関係ない。「クローンは一切扱っていない・使用していない」ということを消費者に間接的に周知する手立てを各社考えるでしょう。

大手食品スーパー・生協・学校給食で流通することは当面考えられない。

隗より始めよ?、ということで私に1年間クローン牛・クローン豚を食べさせる、被験者という名目で。という案は如何でしょう?メタボリックおじさんだからダメかな?な〜んちゃって。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

不調。「ごめんね。」といったところ。

2009年03月13日
深刻・緊急な依頼にはエンジンがかかるのでしょうが、この時期そういう案件は持ち込まれない。無理する必要もなく、春眠をかこつ。啓蟄を過ぎたというに私はまだまだ冬眠中。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

農水省は人が善すぎるのか?それとも何かにおびえているのでしょうか?

2009年03月12日
はたまた利権がらみ?

度重なる改善指導を無視し続けた企業に対しては厳正な対応をしないと真っ当な同業他社がコスト競争で苦境に追い込まれるのは自明。温情も行き過ぎれば監督官庁として責を問われることになる。

同業他社から損害賠償請求訴訟を起こされるならどうせ税金で払うのでしょうから腹は痛まないでしょうが、度重なる改善指導に従わなかったことを見逃してきた行政の対応自体を告発されるとでもなれば行政の立場がない。

こういう捨て鉢なことは普通民間企業はしない。しかし廃業・倒産に至った或はその一歩手前の企業なら「失うものはなし」で「恐れながら...」と声をあげるかもしれない。可能性は極めて低いとしても今時勢0ではない。民の環境はそれだけ厳しい状況下にある。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品行政の今年の課題。

2009年03月12日
不祥事企業への対応。第三者的立場で非難・取締ること「しか」出来ない行政など不要。

作為的違反と不作為の違反。

作為的違反、代表例として産地偽装。産地偽装にも同情の余地のある事例は多いですが、作為的違反である以上公表を含めた何らかの処分を行うのは妥当。

問題は不作為の違反への行政の対応。不作為の違反など公になるのは極々一部。特に「自発的」に届け出た企業が社会的にバッシングにあうのは行政の責が大。消費者への啓蒙・説明を怠ってきた・いる責は大。

昨年もささいな違反を「自発的」に届け出た伊藤ハムが生贄(いけにえ)となった。大企業でも渦中に入れば木の葉状態、大海の小船。こういう時に楯となって消費者に説明・啓蒙してこそ行政。ノーブレスオブリージュ。

当事者企業の「説明」は正当・適切・論理的であっても「弁解・言い逃れ」としか社会から解されない、わかりきっている。当事者はただ貝になる以外選択肢はない。行政は自組織を守ることに汲々として、第三者として正当な説明をすることから逃げている。こういう場合の「君子危うきに近寄らず」には厳しい視線を向けざるをえない。

建前であっても「食の安全・安心」「法令順守」を行政が謳うなら、逃げてばかりでは困る。食品行政機関が態度を改めなければ、今年も中世の魔女狩りよろしく被害企業が出てしまう。

バッシングにあうには「知名度が不可欠」ですから、またぞろ大企業が生贄となる。この方面については強者(大企業)は弱者、弱者(零細企業)は強者。

食品に関するバッシングはバッシングする側に悪意がない(事情を知らないだけの)場合が多い、これは双方にとって不幸。「バッシングとは失敬な!正当なる非難である!」お叱りをうけそうです、業界人でなければ私もそう思うでしょうから。

木枯らしの紋次郎よろしく「あっしにはかかわりのね〜ことでござんす」とはいえ、誤解によるバッシングは見ていて気持ちのいいものではない。私のような個人が擁護しても、耳を傾けてくれるのは精々誤報に慎重な一部のマスメディアに限定される。とても防波堤・防人(さきもり)の用はなせない。ただ自己満足で、流れに竿(さお)は差す。至誠に悖る(もとる)ことなかりしか、で。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

最近の食品行政の不祥事には同情する面もある。

2009年03月12日
「ん!」と一瞬目が釣り上がっても、諸々の裏事情に思いを馳せれば一抹の同情も感じる。擁護まではしませんが、非難もしない。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

電子商品カルテ入力でヘ〜ロヘロ

2009年03月12日
各社の入力システム・ルールが異なるのには閉口。商品カルテにもJIS規格を設けて統一してほしいとはじめて思いました。本にヘ〜ロヘロ。

面識のない製造会社の製品の商品カルテ・商品規格書を書き起こすのに以前なら1時間もあれば余裕でしたが、「ン〜」「ハァ〜」「フ〜」唸りながら4時間程掛かってやっと1製品の電子商品カルテの打ち込み完了。今後それぞれのシステム・ルールに慣れれば時間短縮できるようになるでしょうが、さすがにヘコム。いやはやなんとも、なんとも。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

商品カルテでヘ〜ロヘロ。

2009年03月10日
グッタリ。フ〜。最近の商品カルテは多様化、複雑化、詳細化していますので、記入作成には本に骨が折れる。いや〜、皆さんこんな大変な(時間のかかる)作業をよくこなしているな〜、と感心。2〜3枚セットの商品規格書をエクセルで作成していた頃が懐かしい。

食の安全安心の時代。小規模食品事業者にとって商品提案もままならない時代。難儀やな〜。

「商品カルテなんて、そんなの(難しくて?面倒くさくて?)書けない」というケースでは間を取り持つ卸・中卸が入力することになるのでしょう。卸・中卸の作業負担は大変なものでしょうが、安全安心の担保・基盤を整えた食品を流通させる上で、その存在意義・価値は大きい。

複雑化詳細化した商品カルテを提出できる事業者か否かということが、食の安全安心を担保できる事業者か否かという篩い・踏み絵である、というドライな見方もできる、かも。かもね、か〜もね、篩いか〜もね♪なんちゃって!

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

鳥インフルエンザ。移動「自粛要請」は不適切な行政措置。

2009年03月05日
自粛要請とはグレーな行政対応。行政の無責任な対応という印象を私は拭えない。「賠償・補償・助成をするから移動を禁止する」と白黒はっきりさせる方が望ましい。

自粛要請なら要請された事業者は迷うでしょう。自粛要請を受けた後は泣く泣く移動・出荷を見合わせるとして、「移動自粛要請直前に出荷した物はどうしたらいいのか?」「回収するべきなのか?」「何日前の出荷までさかのぼって回収するべきなのか?」事業者は戸惑うでしょう。

事業者側を困惑させるあいまいな「要請」ということは止めにして損失補償するから禁止命令を出す、という方が不幸な行き違いが起こらないと思いますが、如何でしょうか。目先のお金を惜しんで先々にウン十倍・ウン百倍の金を支出する事態に陥らないように対応頂きたい。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

こんにゃくゼリー訴訟。刑事責任は微妙ですが、民事責任はある。

2009年03月04日
私はそう思います。成人の常識として広くその危険性(リスク)が認知されているか、これが鍵。

餅・アルコールは一度に量を摂れば危険な場合がある、これは成人の常識として裁判でも認定されるでしょう。魚も生食できるのか加熱摂取するべきか、表示を見て確認する、これも成人の常識と判断されるでしょう。飴玉・ドロップも歴史のある食品、のどに詰まる危険性があることは広く認知されている。

こんにゃくゼリーはどうか?常温販売のお菓子コーナーに置かれている商品の注意書きは読まない、美味しく食べるための注意書きはあるかもしれないという意識はありますが、食べ方によって命に関わる菓子が売っているとは想像だにしない。

消費者に注意書きを読んでもらうのは「美味しく」「服を汚さないように」食べてもらうためという点でのみ許容されるもので、読まないと危険というのはやはり販売すべきではないでしょう。

「注意書きしている」ということで製造物責任を免れるものではない、そう思います。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

今回の鳥インフルエンザウイルス事案での行政の対応は迅速かつ適切。

2009年03月01日
簡易検査で陽性が出た以後の対応はこれ以上望めないくらい見事。正直感服。近隣施設への立入り検査も迅速で、関係事業者が受ける経営への影響を極力小さくしようという心意気も感じる。

訓練でもこうは行くまいと思えるほどの手並み。本々優秀な人材が集まっているはずなのですから、行政が本気になると見事なもの。県と農水省。今回はすばらしいの一言、おみそれしました。

陽性で多大な損害を出すことになった事業者に重大な過失はないでしょう、恐らくは天災でしょう。感染経路が解明されるまでには日数がかかるでしょう、解明の目的は今後の感染予防に役立てるためでしょうが、付随して天災とはっきりするまでの当面の資金援助は貸付ではなく、災害補償をお願いしたい。天災ならあまりにお気の毒ですので。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

鳥インフルエンザの風評被害阻止は「ゆで卵作戦」で!

2009年03月01日
鳥インフルエンザを公表とほぼ同時に行政が行うことは移動禁止区域に近接した養鶏場・養鶉場から卵を買上げ、卵をゆでて○○県と腕章をつけた職員が無料配布する映像を流してはどうか?かえって風評を流布してしまうだろうか?

風評被害防止には当該県による何らかの積極的な「映像」パフォーマンスが必要と思います。「加熱すれば全く問題ない」というコメントだけでは「加熱しないと危ないの?」という不安を逆に想起させてしまうかもしれない。

ゆで卵も逆に想起させてしまうだろうか.....。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています