出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

JAS法違反。公表か罰金か選択制にしては?

2009年01月31日
JAS法違反は基本的には食品衛生法違反と違って健康危害に直結する違反ではない。健康危害の恐れがある食品衛生法違反は危害防止の観点から公表するのは至極当然。一方、JAS法違反の公表の意義は見せしめにして抑止効果を期待する、ということでは。


抑止効果としての効果は実は低い。法令順守レベルの低い事業者は違反情報にも疎い。また地方自治体がJAS法違反を把握しながら公表を避けるのは地場産業保護・育成の観点からでしょう。確かに公表が与える企業へのダメージは大きい。公表をする・しないは担当行政の裁量によるところ大で、この不公平感は農水省がJAS法公表基準を変えても結局担当行政の裁量の余地は大であることに変わりありません。

いっそのことJAS法違反については産地偽装以外は公表と罰金のどちらかを違反事業者に選ばせれば如何でしょう。公表によって受ける事業者のダメージは規模によりますが、回収告知・回収・取引停止・損害賠償等小規模事業者でも100万円を下ることはないでしょう。罰金を年間売上高の0.3%または40万円のどちらか金額が多いほうを科す、というのはどうでしょう。

公表しないことでその企業だけでなく、その県・市のイメージダウンや同業他社への風評被害も防げていいのでは?あくまで私の思いつきの一案。

もしその罰金を福祉や犯罪被害者の方々にまわすなら.....自身の専門知識を駆使して外部告発ネタを探し回る、勿論「この違反は故意」と見抜いたものに限定し、知識不足による過失違反は見逃しますが。表示の「行間」から違反を「見抜く」眼力は持っていますので、月に100件程度としても月4000万円・年5億円は下らない、社会的意義は十分ある。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食関連法順守。その社の現状を正しく伝えることの難しさを痛感。

2009年01月31日
私は基本的に食品関連法を完璧に順守できている企業はない、と思っている。会社の規模・業態・知名度によって求められる食関連法順守レベルが異なる。外部視点で自社の食関連法順守レベルは?危機管理上妥当な食関連法順守レベルは?これらを知る・見極めることは今時勢不可欠。

コンサル打診を受けて面談する時には現状についてあまり辛いことは言いたくない、辛いこと=違法指摘ですから。相手も困るでしょうが、私も気まずい。現状に対して相応の危機意識をもっていれば辛いことを言わずに徐々に不安を与えずに修正することは出来ますが、危機意識が低い場合は私もあきらめる。不二家のコンサルタントが刺激的な文言を入れた意味が何となく理解できるようになった未熟な私、であった。

それにしても食品行政にはトップ啓蒙だけはしてほしい。そうすればフウテンの寅さんではありませんが、ちょっと歌詞をかえて「♪こ〜ん〜な、苦労もしないのに、しな〜い〜の〜に〜♪」なんてね。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

JAS法違反の監視はネットショップも例外にすべきではない、と思う。

2009年01月31日
今後はネットショップで販売される食品もJAS法・食品衛生法・景品表示法の網をかけるべきでしょう。外部からの点検が容易になるよう、販売する食品に実際に添付・印刷されている原材料一括表示等の表示を商品とともにネットショップに掲示することを義務化することが健全化の第一歩。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

中小食品スーパーのJAS法違反。公表が増えるでしょう。

2009年01月31日
JAS法違反の公表基準が変わり、公表のハードルが下がりました。1月30日・31日のスタート時点での食品スーパーの公表は2社ですが、2〜4月にかけて都道府県のバラツキが徐々に修正されていくでしょうから、全国的に公表が増えるのは間違いないでしょう。行政が立ち入る前に是正しましょう。

行政の裁量次第ですが、現状では8割以上の食品スーパーが公表されても私は驚かない。指摘を受ける要件がない食品スーパーが1割、指摘を受けて即座に是正できる食品スーパーが1割、残りの8割の食品スーパーは指摘を受けても是正品目が膨大で近々に是正を完了できないのでは?、と思います。

この方面には流石に各県の生協は金を掛けているなあ〜、という印象。感服。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品関連法順守。基本的には「のれんに腕押し」

2009年01月31日
外部指摘を受けた「その時」は、のれんは板のように硬くなり手ごたえがありますが、パッチ的に手当てすると又布の軟らかさに戻る。こういうのが普通。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

清濁併せ呑む「大人の頭」と弱い側に味方する「少年の心」

2009年01月31日
このバランスが私の行雲流水。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

裁判員制度は裁判官が抱く誤審への恐怖心を和らげるための制度なのかも。

2009年01月30日
検察側・弁護側から出される限定的な事実を基に裁くのでしょうから、提示された事実から真実が導き出せるのか、見過ごされた・提示されていない重大な事実はないのか、裁判官が不安に思うこともあるでしょう。人を裁くのですから、事務的に右から左にこなす、というわけにはいかないでしょう。提示された事実に著しい偏りがあったとしたら...。その不安を和らげるための、裁判官一人に責任を負わせないための制度、なのかな〜。裁判官といえども人であって、神ではありませんから。思えば大変な仕事。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

私も断る仕事もあります。何でも受けるわけではありません。

2009年01月30日
私にも節操というものがありますので、仕事を選別します。ただし思い詰めた方からの依頼はどんな案件も断りません。最低でも対応の仕方・書類代筆・解決までは責任をもって付き添います。思い詰めていないと判断・直感した場合はケースバイケース・ビジネスライクで判断する事もあります。法令順守の障害となるハードルが低いのに、順守意識が低いケースはお役に立てる事がありませんので、お断わりしています。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

裁判とはセレモニー(儀式)の場合もあるのでしょうか?事実と真実。

2009年01月30日
事実について争われるが、真実が明らかにされないこともあるのでしょう。精肉石川屋元社長の弁護で「偽装を積極的に指示したのではない」という文言がネットニュースに踊る。ということはこれが最大の弁護側の主張なのでしょう。

元社長は職人上がりではないようですので、現場を統率する力・発言力は強くなかったでしょう。この点ミートホープ元社長や丸明元社長とは決定的に違うでしょう。前者の元社長は社長とはいえ発言力が弱い、後者は社内で絶対的存在・誰も逆らえない、という決定的な違い。

社内での発言力が弱かったとしても、対外的トップとして事件の責は勿論問われますので、有罪は有罪。ただし事実は事実として、真実は別。実刑は酷。

仙台市内の雰囲気としては(見せしめの?)実刑でコンセンサスが取れているように感じる。弁護側も納得してのことかもしれない。昨日の論告求刑と最終弁論のニュースを読むにつけ、その限定的情報からはセレモニーである印象。

裁判については知識がありませんので、裁判の最終局面は出尽くしたとして形式的になるのかもしれませんが。

 
Comment(1) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

地方食品行政機関の監督重点先リストにはネットショップも加えましょう。

2009年01月30日
中小零細食品製造事業者の製品も販売する食品スーパーの場合、流通を介する卸業者・仲卸業者・食品スーパーのうち少なくとも1社程度には食関連法知識がありますので、食関連法上ノーチェックの食品が販売されるリスクは低い。

他方、ネットショップでは普通流通にかかわるのはネットショップ・中小零細食品事業者・ポータルサイト。普通それらには食関連法知識が備わっていませんので、結果として食関連法上ノーチェックの食品が販売されるリスクが高い。

実店舗販売では自都道府県内で自己完結する比率が高いですので、問題が発生した場合でも穏便に処理する・できる可能性がありますが、ネットショップ販売はそうはいきません。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

優良誤認にあたる不当表示。景品表示法視点での改善が必要。

2009年01月29日
多くの方にとっては常識で誤解をしない、としても一部でも誤解する、またはそう思われる可能性があるなら、是正しなければならない。事業者側からすれば既存包装材の切替の問題がありますので、今今というのも酷ですから、公正取引委員会にも「バリバリの悪意」が介在していないなら個別個別の実情を勘案し時間的猶予を与えてあげてほしい、と思います。事業者側には悪意の無い思い込みは有り勝ちですので。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

NHK大河「天地人」。喜平次役の少年の演技。いや〜、えがった(良かった)ね〜。

2009年01月29日
与六役の少年の演技に泣いたお歴々も多いでしょう。私も鼻水をすすった。時代劇通を自負?する私。喜平次役の少年の「目」による演技力に引き込まれ、心にポッと温かな火がともり、またまた鼻水をすすった。

いや〜、何としてももう一度、二度、三度、喜平次役の少年も観たい。既に決まっている配役を代えるのはその人がかわいそうですから、新たな登場人物を台本に書き加えてもらうしかないのかな?NHKさん、何とかお願いします。

「えっ?そう言われても台本はもう出来上がっているからって?いや〜そこを何とかお願いしますよ〜。」揉み手、揉み手。

喜平次の台詞「わしの側にずっと居よ!」これは不器用な男性陣がお付合いしているお相手の目を見ずに言う古風なプロポーズとして流行ったりして。それは無いか。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

私の食品不祥事文化論?「食品不祥事が絶えない理由」。常識と倫理の格差。

2009年01月29日

異文化とは人種・民族・国によって異なる文化に限られない。基本的に「個性」も個々人の文化の違い。

「食品に関する法は守れるもの、守れないのは悪意が介在するから」と思う消費者、「食品に関する法律は当然食品に携わる事業者は知っているはず」と思う行政、「(食品に関する法律を知らなくとも)真面目にやっていればそれでいいはず」と思う中小零細食品事業者。

それぞれの文化。文化と文化がぶつかった時に自身の文化に基づいて相手の善悪を判断する。本来調整する役は行政ですが、事業者保護から消費者保護の急激な変化の中、行政自身が自己矛盾に苦しみ、調整役に立てない状況。

食品業界を放浪する私が頼りにされるのはこの調整能力。それぞれの立場を考慮し、調整する。所謂時代劇で観た加藤剛さん演じる大岡越前の「三方一両損」ならぬ私も入れた「四方一両損」の手法。実際は事業者一両損・私三両損で消費者・行政に損を与えない、という結果に導くことが多い、です。自らが傷つくことを恐れない、傷ついても意に介さない太い神経(無神経?)が成否の鍵。

私の食品不祥事文化論?どこぞの大学から講師依頼があったら、どうしよう?こんな怪しい話を純粋な学生さんに講演してください、何て頼んでくる大学があるわけない、大学の品格にかかわる。へへへへへっ。私は怪し〜い、オッチャン。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

フグのテトロドトキシンによる中毒。食中毒は基本的に刑事事件。

2009年01月29日
過失の有無を問うだけの話。昨今のノロウィルスによる食中毒は調理・提供側に情状酌量の余地があるケースが多い。こういう場合は検察が立件を見送ればいい。

山形県で起きた料理店での事件は重大過失でその結果を勘案して、立件し裁判で争うべきでは。食の安全安心に関して知識不足で起こしたことには行政も社会も寛容ですので、「毒は無いと思った」「届出が必要だという事を知らなかった」なら従来の流れでは情状酌量となるのが普通ですが、結果責任は重大ですので、果たして。

条例を改正してもその条例自体広く知れ渡ることが「これまで通り」ありませんので、実質的効果はないでしょう。

食中毒を起こしその事実・原因が特定された後も被害拡大の処置を怠って新たな被害が発生したケースでも立件されないのが今の食の安全。

私は免疫力が低下しているので、自分で利用する店は自分で内々に検査してその結果でフルイにかけている。特に生寿司に関しては自身で検査確認した店以外は利用しない、結果は営業妨害になるので口外しませんが。私が利用する店は私の安全安心お墨付き?の店、かな?

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

産地偽装の抑止には露見の経緯公表も一つの手。

2009年01月29日
産地偽装をする・してしまう側には恐らく「ばれないだろう」という心理があるのでは?私が思うに品質保証技能が高い人(見破れる人)は目の付け所が鋭い。この筋ではシャーロック・ホームズ、明智小五郎のような名探偵。農水省が相手に突きつけた「参りました」と言わせた証拠程度は公開しても差し障り無いでしょう。公になった産地偽装の隠蔽工作は稚拙な例が多いよう。

結局は「人の口に戸は立てられない」という事例を広く知らしめることが抑止効果を発揮するのでは、そう私は思う。「なぜバレたか?」が人伝に伝播する効果は大でしょう。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

私は喜怒哀楽を隠さない。言葉にする。

2009年01月29日
食関係では「組織への怒り」を隠さない、「人への哀(優しさ)」有りしかを自問した上での怒りは是としている。激しい怒りの裏には深い悲しみ、振り子の揺り戻し・あざなえる縄の如し。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

豚肉産地偽装抑止の検査技術。

2009年01月29日
仙台市ではDNAをマーカーにするらしい。個体の履歴を調べる方法はDNA(品種)と脂肪酸組成(エサ由来の脂肪酸)が現在の主流ですが、今後は放射性同位体(生育地の環境)の構成比率も組み合わせた複合評価へと進むのでしょうか?

こういう検査で偽装は見破れるということを広報することは抑止(心の迷い払拭)につながると思います。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

賞味期限の迫った物を選んで買う。大手食品製造会社の商品に限定した話ですが。

2009年01月29日
今日は緊急依頼もないので、1日フリーにする。日本ミルクコミュニティの「毎日骨太」と伊藤ハムの「あらびきランチパック」「あらびきポーク&チキンウインナー」を買う。賞味期限の残り日数の迫った物を選んで買う。2月3日、2月8日、2月14日。今日明日食べきるのですから。

大手食品製造企業の食の安全には信頼を寄せている。ささいなことで叩かれることがあってもそんな程度のことは全く意に介さない。気の毒に思うだけ。大手食品製造企業の食品は賞味期限がかなり過ぎても私は平気で食べる、信頼を寄せているので。

まあ〜メーカー側からすれば「お客さん、賞味期限内にお召し上がりください」と苦笑いするかもしれませんが、当方の勝手。

神経と骨の太い私もよる年波、骨密度が気になる。ということで「毎日骨太」。

私は言いたい放題、時に激越な物言いをしますので、小さな小さなバックアップ・購買行動は私自身の精神のバランスを保つ「私の小さな良識」。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品行政指導への抗弁。大手は絶対、中小零細は相対的視点。

2009年01月29日
大手は法に照らした絶対評価以外に使える手はありません、苦虫。大手であるがゆえの宿命。

「♪雪やコンコン♪」の替え歌バージョン

♪法令順守〜やコンコン、指導〜やコンコン。責められて〜も責められて〜も又〜責めら〜れ〜止まず〜。中小零細〜は喜び〜公表〜されず、大〜手は公〜表で丸〜くなる〜。♪なんちゃって。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品表示の手本。正当派の手本は大手食品企業の表示。技能向上には

2009年01月28日
味の素の表示。大手の中でも異質な表示。法知識・生化学知識を自負するがゆえの表示なのでしょう。尊大ともみえる表示、高度な知識がなければ正当性を説明することはできない表示。行政に対して挑戦的ともとれる表示をあえてする意図を正確には読み取れませんが、とにかく論理的説明力を鍛える教材になる。「こういうことかもしれない、いやああいうことかもしれない」私は解が出せず、流石味の素、畏るべし。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

最近は様々な相談毎が多く、神経の高ぶりを抑え難し。

2009年01月28日
深刻な相談、暢気な相談。何をする・何をしている担当行政、両極端の状況に集中力をそがれる。食品行政は外に対して啓蒙、内に対しては職員の質向上に勤めてもらいたい。たまたまかもしれませんが、南国はどうも大らかな心象。県内流通の自己完結ならいいでしょうが、ネット通販をする場合はそれなりでないと。ついつい泣きが入る、冬季ですらこれでは身が持たない。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食関連法を順守する覚悟を決めた企業は日本冷凍食品検査協会にコンサルを頼むのがおすすめ。

2009年01月28日

食関連法順守志向で行動することは経営を圧迫します。食関連法順守が必須で背に腹はかえられないのは大手食品製造企業のみ。建前はいずれ形骸化しますので、結局無駄金になる。

何らかの外圧でやらざるを得ない状況に追い込まれた場合は日本冷凍食品検査協会に頼むのがよいのでは。私のようにいい加減ではありませんので、「覚悟」を決めたならこういう機関に頼むのがいいでしょう。費用は掛かっても対外的信用は高い。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品行政には食品業界から恐れられる眼力が求められる。

2009年01月28日
現状のレベルは結果として「なめられている」レベル。私は舌打ちする。民間は金にシビア。当然、利益が出なければ倒産・失業が背中合わせですから。官にはその感覚が理解できないのもわかるが、「他社が」「他社も」やっているなら「やらない」「やめる」わけにはいかない(競争に負ける)という心理が働くでしょう。

現状のようにサーチライトの光が弱ければ違反を誘発・増長するということは理解しなければならない。誠実な企業も生き残りのため手を染めざるをえないような状況に追い込むことも十分ありえる。

長年不正競争防止法違反を知りながら放置してきた結果が今日の食の不信素地となっていることは自覚してほしい。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品関連法違反の高度化。

2009年01月28日
違反にはランクがある。食関連法の知識があまりなくても「おかしい」とわかる違反。法の知識がある人(行政等)ならわかる違反。食品関連法実務経験に照らしてはじめてわかる違反。最後の違反はもっとも高度な違反。自覚なく「してしまった」違反か、「意図を持って」行った違反かの区別がある。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品関連法順守を阻む環境。

2009年01月28日
というものがある。そういう環境下にある企業では個人レベルの努力では克服は出来ない。この不況下そうそう気軽に辞めるわけにもいくまい、精神衛生上多少麻痺させて耐えるしかない。誠実で食品関連法上の専門知識を有する人ほど苦しんでいるよう。こういう企業のコンサルには気を遣うので出来るだけ避けている。気の毒には思うが、当方の神経も持たない。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食関連法上のトラブル。本当に困っている相手からはお金をとらない。

2009年01月28日

怪しい話に首を突っ込んでしまった時も取らない、こちらはいそいそと退く。困った相手から金を取らないのは罪をかぶらないため、ではなく、義・善の心境で神経を研ぎ澄まし自身の能力を最大限に研ぎ澄ますため。金は往々にして邪気を生む。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食関連法順守はトップダウン。これ以外の適正化は無い。

2009年01月28日
トップの意識が希薄では下もぶれる。トップの啓蒙はボトムアップでは望めない。トップ啓蒙は行政の責。行政にはどうもこの意味が理解できないらしい。担当者レベルを呼び集めてもその担当者を苦しめるだけの罪作り。

外からわかりづらいのは誰が実質的トップかということ。社長には権限が無い、というのも珍しくはない。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

派閥・権力闘争は食品会社の食品関連法順守を歪める。

2009年01月28日

これは企業規模の大小を問わない。是正は難しい。派閥または権力闘争というのはどこの会社にもあるもの。薄氷を踏む修正が必要。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

JAS法・食品衛生法。9割以上の事業者が守れません。

2009年01月28日
だから守らなくてもいい、とまでは言いませんが。法令順守に努めている企業の方なら、「そうだろう。我々だって四苦八苦してるんだから。」そう同意されるでしょう。?と思う方は食品関連法順守実務経験がない方でしょう、さもありなん。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品関連法の重大違反。当事者は違反の重大性を認識できないのが普通。

2009年01月28日
食関連法の知識が不十分な場合、違反の重大性(公になった場合の社会的批判の強さ)を認識していない。食品行政には違反を自力で見分けられる技能が備わっていませんので、公になる例は産地偽装のように「運悪く」民側から告発された場合に限られる。現状の行政レベルでは違反公表されるケースは当事者視点では運が悪かったとしかいいようがありません。

ということで精肉石川屋(廃業、仙台市)の元社長は社会的制裁を十分過ぎる程受けましたので、実刑はありえない。論告求刑で実刑が出された場合、担当弁護士に接触しアドバイスしないのは良心が傷む。波風を立てたくはないですから、論告求刑が執行猶予であることを望む。

しがらみの少ない私にとって、至誠に悖る(もとる)ことなかりしか、を自問しないわけにはいかない。イジメをみてみぬ振りするは罪。損を承知でとび込むからこそのドンキホーテ。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています



141件中(1件〜30件を表示しています)   前   |