出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

伊藤ハム。保健所へ報告したことを評価する。私は食品業界に関して素人ではない。よって、保健所への報告遅れは問わない。

2008年10月28日
報告した、公表した、ということを業界通の方は評価するでしょう。自ら違反の事実を把握できる事業者はいったい何%あるでしょう。自らの手で違反の事実を把握し、届け出たことをなぜ社会は評価しないのか。「報告が遅い」そんな重箱の隅をつつく様なさもしさは世相の荒廃を反映したものなのでしょうか。「報告が遅い。隠蔽しようとしたのではないか。」と非難を浴びることを覚悟の上で届け出ただろうと思います。私はその勇気に感銘する。 

今回の伊藤ハムへのバッシングをみるにつけ、公表を逡巡或いは隠蔽しようとする企業が出ても私には一概に非難する気にはなれない。消費サイドが食の安心を希求して、結果として食の安全を脅かす方向に自ら推し進めているのではないか、そんな矛盾を感じる。マスコミには食品業界の多重多層を知って報道頂きたい、消費者のためにそう願う。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

大手食品会社の不祥事は雲の上の話。中小企業は先ずどんな法律があるのか知るところから始めましょう。

2008年10月28日
伊藤ハムの不祥事はレベルの高い企業の話。中小企業は先ず食品に関する法律とはどんなものがあるのか、というところから学んでいきましょう。それにしても大手は大変。「この程度」のことで叩かれるのですから。あな恐ろしや。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

大手食品企業不祥事へのバッシング。強者?を攻撃するのは正義感が満たされた感じがして気持ちがいいもの。

2008年10月28日
消費者・一般人なら個人の意見。公共性を謳う新聞なら地方紙でも慎みが徳。良識を感じる記事を書く地方紙がある一方地元財界の不祥事には甘くその他には厳しい記事を書く新聞を見かけると、自身の罪悪感を払拭するために他県・全国区の不祥事企業を厳しく攻撃し自身の精神のバランスをとろうとしているように感じる。反面教師として貴重な記事。私も胸に手を当てる。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

伊藤ハムは馬鹿、愛すべき馬鹿=正直者。

2008年10月27日
日本では正直者は馬鹿をみる、叩かれる、なじられる、いじめられる。わかってるだろうに。こういう正直者には閉口する、やんなっちゃうな〜、応援するしかないじゃないか。ん、カルツォーネ、結構いけるな〜。流石にソーセージ3袋+カルツォーネ2個はキツイ、美味いが飽きる、この量を食べるには味が濃い、一度にこれだけまとめて食べる私が悪いのだが。明日は今日買わなかった焼き豚にしよう。この歳で「毎日伊藤ハム製品を食べる」宣言は無理があった、前言撤回、週3日で勘弁してもらおう。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

滑稽で、やがて悲しき「食の安全安心」。

2008年10月27日
伊藤ハムの件では消費者の反応が伝えられるにつけ、食の安全安心に対する認識とはこんなものか、空しさと哀しみが込み上げてくる。表通りではこんなどうでもいいことが騒ぎ立てられ、裏通りでは健康上重大な違反食品が堂々と大手を振って売られている、かつ騒がれもしない。

可笑しくてやがて哀しき法令順守。空しさが涙を誘う。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品関連法。次に作るとしたら、食品不敬罪、だな。

2008年10月27日
伊藤ハムの今回の件での回収費用は3億円という話。安全上問題ないにもかかわらず回収する。当事者としてはそれ以外選択肢はなかった。安全上問題ないにもかかわらず回収することを黙認したことに対して食材君たちが国を食品不敬罪で告発する、な〜んてね。

空しい回収はさせない。その代わり、その見積り金額と同額を難病の子供たちに等福祉方面に寄付することを義務付けるというような美しい方向に考えられないものだろうか。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

しばらくは毎日伊藤ハム製品を食べ続ける。応援せずにはいられない。

2008年10月27日
今日は「あらびきグルメウインナー」2パック、「あらびきランチドック」1パックもとい2パック、カンツォーネ2パック。コレステロールが心配だが、しばらくは一人応援キャンペーン。

カ「ン」ツォーネではなく、カ「ル」ツォーネでした。寄る年波、この歳で計6パックを一度に食べるのは無理があった。3パック食べたところで小休止。「うまい、うまい」と食べられる量で一旦小休止。あらびきランチドックの賞味期限を見たら、08.11.9と08.11.19。私としたことが。応援するなら、賞味期限の残り日数の少ない物を選んで買うべきでした、何とも私はオッチョコチョイ。

歳暮も予定変更。伊藤ハムの歳暮セットにする。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品不祥事についての見識。マスコミ各社は毎日新聞を参考に。

2008年10月27日
同業他社を参考にする、別に屈辱的なことではない。弱い部分を補うには同業他社を分析するのが効率的。マスコミ各社の記事を全てチェックしているわけではありませんが、毎日新聞にはこの道に詳しい方がいるという印象。消費者に迎合する又は扇動する記事を一概に否定するつもりはありませんが、知らないのでそれ以外書けないということでは困る。毎日新聞のような記事が書けるなら、見解の相違があった時でも傾聴する価値がある。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

伊藤ハム。大手だから、法令順守志向だから公表回収しただけのこと。公にする企業=信頼のおける企業。

2008年10月27日
マスコミでも見識ある報道をするところもある。マスコミが公共性を謳うなら、そろそろ食品業界の多重多層を理解する努力姿勢はみせてもらいたい。優等生が99点をとり1点分間違ったからと「なんだ、もっと勉強しろ!」と厳しく叱責する一方で、60点以下の生徒には目もくれない、あたかもそこに存在しないかのように。多くのマスコミの姿勢はそのように私の目に映る。

理解を深めた上で、尚言うならそれはそれ。考えの相違・立居地の違い。上辺を舐めた程度の、消費者のご機嫌取りに終始する報道を観るにつけ、他分野についてもこんな姿勢で報道しているのだろうかと報道の質・信頼性に不安を感じる。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

大手食品製造会社が日本の食の安全を支えている、外部から経営にダメージを与えてはいけない。

2008年10月26日
食の安全を自前で検証する能力があるのは大手食品製造企業だけ。その他は資本(金・人材)の面で難しい。消費者が食の安全を希求するなら、大手への批判・非難はほどほどにしておかないと安全性未確認食品がはびこり、食の安全は遠のく。大手のミス・違反は食の安全上かわいいもの、伊藤ハムの件も流石大手だな〜この程度のことで公表回収するとは。伊藤ハム製品への信頼感・安心感が増す。

ただこの程度のこと(健康リスクが無視できるほど低い)で回収しなくてはならない風潮には大いに疑問を感じる。公表はさせる、但し回収はさせない、という気概を持つ行政組織を作る必要がある。責任回避に奔走する行政は政治家のせい?政治家が利益誘導に奔走するのは有権者のせい?ということは私にも責があり。

真面目に高頻度で検査したがゆえに基準を少しオーバーしたことを知ってしまう、知ったからには回収しないわけにはいかない、この現状は誠実・生真面目・正直者が馬鹿をみる今の世の中を色濃く反映している。知らぬが仏。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

伊藤ハム、当事者の心労・心痛を思えば、どうして責められようか。

2008年10月26日

取引先の食品販売者に頭を下げ、消費者からの電話に対してただただ「申し訳ございません」と言い、マスコミへの会見で責め立てられる。当事者は社内で立場なく、身を小さく硬くする。

結果としてミスし反省し心傷き弱った人たちを更に責め立て追い込むような報道があろうはずがない。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

中小企業の違反。そのほとんどに悪意は感じない。但し、知識の前に意識が低い。

2008年10月26日
知識不足については私も立派なことは言えません。但し、世の中でこれだけ食の安全・安心が取り沙汰されている中、もう少し意識は高めてもらいたい。もったいない。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「改むるに憚ることなし」日本文化の美徳や何処?

2008年10月26日
荒んだ世相では長く受け継がれた格言も風前の灯。現代版格言として「大手のミスは蜜の味」と言うのは如何でしょう?

ところで、大学の先生が指摘されているように、飲料水として地下水を利用している民家が周辺にないのか、健康リスクの視点で報道するなら、マスコミは行政にその辺を問合せるべき。飲料水として摂取しているなら、回収するハム・ソーセージ中から摂取されるシアン化合物量とは桁違いの量をトータルとして摂取しているはずですから。

伊藤ハムへの攻撃に飽きたマスコミが次に矛先を向けるのは「水」を担当する行政でしょうから、週明けには早速対応を。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

マスコミ・評論家は会見者のその後を考えて物を言っているのでしょうか?

2008年10月26日
そんな事は関係ないとお考えなのでしょうか。それが報道というものなら、私は発言を止めない。伊藤ハム東京工場長さんの謝罪時の腰の角度・謝罪会見中の顔を写真で拝見しただけでも、私には十分そのお気持ちは伝わりました。反省する人の傷口に塩をすり込むようなマネはよろしくない。私も自戒。

この工場長さんが後に現在の職より高い地位になるようなら、私は伊藤ハムのファンになる。失敗を体に刻んだ人間は組織の宝となるはずですから。そうでないなら、私は伊藤ハムに心を寄せることはない。

東京工場からの水道水供給申し入れに対して、キャパの問題があったにしろ、供給を断った行政側にも相応の責はある。地下水使用を強いられた企業側の心労は如何ばかりか。そして保健所も知識あるものとして到底伊藤ハムを責める立場にはない、この事は保健所も改めて言われまでもなくわかっているでしょうが。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

伊藤ハムの株が上がってこそ、正しき世。

2008年10月26日
下がるようでは、食の安全・安心など茶番劇。大手は満点の100点を常に求められる、99点では「1点足りないではないか!」という全く別世界の基準で評される。大手の勲章とはいえ、酷な減点主義。

中小零細では故意の違反以外社会的非難を浴びることはないだけに、二極化の狭間で行政の見えざる右往左往を思う。溝は埋めがたい、というより考えるだけ悩むだけ無駄。事業者保護から180度消費者保護と言われても、そりゃ〜行政もついていけません。私が担当官だったら固まってしまうでしょうし、心労にとても耐えられない。法解釈で正当化するには無理がありますので、ダブルスタンダードを公にして法制化する方が健全な道筋。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

大手は問題があれば発表する。自主公表を実際に見聞きすると、私はその企業に対して一層信頼感・安心感が増す。

2008年10月26日
私は一般的な消費者ではないかもしれません、へそ曲がり。但し業界事情に詳しいへそ曲がり。問題を自力で発見できるシステム・検査分析力・法令順守体制があるんだな〜、流石伊藤ハム、大企業は違うな〜、と私は伊藤ハム製品に一層の安心感を抱いた。

「発表が遅い」と非難を浴びることが目に見えている状況でも、身のすくむケースでも、発表したんです、これは非難ではなく好意を向けるべき。これを非難するようでは、隠蔽・不正に企業側を追い詰めることになりますので、マスコミ・消費者が自ら食の安全・安心を危うくするもの遠ざけるものだということは理解しなくてはいけません。

伊藤ハムの今回の件について、以後の各マスコミの報道を観ながら、マスコミ各社の見識を査定しよう。全国レベルでは毎日新聞はたぶん高査定になるだろうという予想。他はどうでしょう?

マスコミに非協力的な私。高査定のマスコミがあれば、今後協力するのもそれなりに社会的意義があるのかもしれない。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

企業への忠誠心・求心力は慈愛。

2008年10月25日
従業員に対して慈愛の薄い企業は消費者も何れ離れる。厳しさは愛情が土台にあってこそのもの。気温が下がる時期、心温まる話を耳にしたいもの。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

伊藤ハムの件には同情します。

2008年10月25日
いろいろな思いを込めて、静かに終息することを願います。この程度のことでも公表・回収する伊藤ハムの企業姿勢に感服、三ツ星を証明したようなもの。伊藤ハムにとって結果として好感度が上がるようマスコミは報道してもらいたい。

健康に悪影響のでるレベルではありませんし、誰かが責任をとる方向に行ってはいけません。責めるのは厳禁。反省も危険。教訓として生かす、前向きな明るさで臨んで頂きたい。

今後しばらく伊藤ハムを応援する意味でハム・ソーセージは伊藤ハム製を買う。いくらも売上に貢献できるわけではありませんが、勘違い素浪人今日も行く。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

サイゼリヤの美談。

2008年10月25日

サイゼリヤは謝罪に訪れた人を許したとの報道。これは美しい話。謝罪に訪れた方も結果としてサイゼリヤの企業イメージを上げるのに貢献したのですから、美談の創造者。サイゼリヤも又粋だね〜。遠山の金さん風に「ヨーッ、ヨヨヨイ、ヨヨヨイ、ヨヨヨイナ。目出度〜な!」Heart−warm story!


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

賞味期限の定義と実情。整合性がとれている、とマスコミは思っているらしい?

2008年10月25日
自社で検査できる食品会社の製品はそうでしょうね。検査できない中小企業でも外部に定期的に検査依頼し、賞味期限の整合性確認に務めているケースも確かに多い。

後は想像力を働かせて頂きたい。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

農水省。消費者が求めているのは「無知の知」より険しい「無感の感」。

2008年10月24日
感じることのできない(民とは文化があまりに異なるため?)事を感じようとしても...失礼ながら徒労。所詮超えられない壁・超える必要を感じない壁を超えようと無理をしない方がいい、結果はどちらにしろ変わらないのですから。別世界を覗き見て理解しようという姿勢は善しとしても、「知らないことを知る」と「感じないことを感じる」は別。

会議、か〜、う〜ん。たまには思い思いにぶら〜と行楽に出かける、というのも違った目線が得られるのでは。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

観光地やサービスエリア。商品の表示点検指導程度は行政もすべき。

2008年10月23日
来店者広域性を考慮すれば事業者保護の視点でも必要だと思います。景品表示法違反・不正競争防止法違反については殊に指導してもらいたい、という印象を受けます。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

月の女神像。紅葉の中に芸術の秋。

2008年10月23日
山形県の月山。国道112号線沿いの公園に佇む女神像。暫し観賞。

10220005.JPG10220006.JPG10220001.JPG

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

情けは他人の為ならず、に救われる。

2008年10月21日
他人のため、と思ってしてきたことが結局資料として自分の手元に貯まり、その資料が原稿を書く上で貴重な財産となるとは。考えてもみなかったこと。情けは他人のためならず、自分のためになる、の諺を有り難く噛みしめる。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

単行本用原稿、原稿用紙176枚分のデータが消えてしまって...。

2008年10月20日
ボー然。頭が真っ白。「♪こんな〜ことは〜今までなかあった〜♪」。うう〜、ここは笑うしかない。242枚も書いたのに。別に保存していた72枚からまた書き足すしかない。まいっか!と思うしかない。いや〜、参った、参った。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「遺憾」これは謝りたくない時に使う語句。民間では禁句。

2008年10月20日
「遺憾に思います」等「遺憾」とは、尊大な表現ですので、民間人が使うと高飛車に聞こえます。ご注意を。私も使ってみたいものですが、「遺憾」を使えるほどの身分では無し。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品表示は大手でも間違う。

2008年10月19日
「大手が間違うはずがない」私も基本的にはそう思っています。大手の表示は手本になるはず、そうも思います。弘法も筆の誤り、という例も稀にはある。計算ミスをしていないか、その点検は既存商品についても必要。ダブルチェック・トリプルチェックをすり抜ける、人間とはそういうものと改めて思う。私も自分の誤記にはなかなか気づかない、難儀なこと。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

味噌つけた野田大臣には一層期待する。

2008年10月18日
12年前にマルチ商法業界擁護の発言があったそうですが、「すねに傷持つ」ことで一層消費者側に立たなければならない環境に追い込まれたという観点から消費者にとっては期待を持てるのではないだろうか、と私は思います。

石破農水大臣といい、野田大臣といい、衆議院選挙後に首相は交代してもこの二人には続投してもらいたい。ということは自民党候補に票を投じなければならないだろうか、それはちょっと...。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

あなたが人生に絶望しても、人生はあなたに絶望しない。

2008年10月18日

失意の方、追い詰められた方の心に今は届かないかもしれません。「大丈夫」「何とかなる」「心配ない」「日はまた昇る」そんな無神経無責任なことは言えません。他人がそんな事を言っても何の慰めにもならない。ただ「人生はあなたに絶望しない」という言葉が温かく全身にふりそそぎ心にしみる日が来ることを願う。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

メラミン事件。戦々恐々なるも静観。試金石。

2008年10月16日
ジクロルボスの件もさることながら、私の注目点は別、メラミン。

中国乾燥タマゴ製造業者→三井物産→キューピータマゴ→○○→◇◇→私の口。○○と◇◇の対応に注視。食品業界の今後を占う。個人的には「動かざること山の如し」を期待する。もし動けばそれが今後の食品業界の標準となる。健康危害の恐れなしと確信できる以上踏み止まってもらいたい。

消費者視点での対応は危機管理上不可欠な時勢とはいえ、動くことは食品業界にとってダムの決壊を意味する。マスコミにとって自覚なく両者をつつくことは天に唾する行為となる可能性あり。ここは退いた方がいいでしょう。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています



65件中(1件〜30件を表示しています)   前   |