出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

食品不祥事を深く理解する基礎知識とは?

2008年06月29日
行政による国外・国内食品への監視体制の違い。食品法令毎の事業者側(事業者規模毎・業種毎)の認知度。外部からも容易にわかる違反・内部からの告発がないとわからない違反の分類。

言っても構わない事はざっとこんなところ。こういう事を知っていれば食品不祥事に向ける視線の強弱も変わる、と私は思います。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

記者は休職して派遣社員・アルバイトを体験すると開眼する、かも。

2008年06月29日
食品の不祥事、その他の社会問題。外から眺めても理解は進まない、理解を深めるにはその現場に身を置くことが早道でしょう。

他の問題については言及できませんが、食品不祥事がなぜ起こるのか、「視聴者が喜ぶ、視聴者に迎合する」というのが商業マスコミの定めであっても、見識を吐露する気概をマスコミの記者には期待したい。

何がしかの見識を示すためにも先ず基礎知識が不可欠。食の問題に視聴者が関心を示すようになったのはここ最近。マスコミ各社にとっても新しい分野。

マスメディアのイエロージャーナリズムが鼻につくのは読者の立場として残念。職業上多少追い風になるかも?という視点では上滑りの記事も有難くないわけでもなく....ちょっと複雑な心境でもある。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

謝罪会見に観る「美意識」

2008年06月29日
不祥事会見にこそ「日本の美意識」を観たいもの。今も印象に残るのは最後の山一證券社長の会見。

「悪いのは私たち経営陣です。社員は悪くありません。」(社長は就任まもなくで損な役回りを押し付けられたに過ぎないにもかかわらずの発言)一切の非難は私(社長)に浴びせてほしい、その当時社会から向けられる冷たい視線と生活の糧を失う社員とその家族のことを慮った切々とした言葉。これぞ日本の自己犠牲「古き善き」美意識。こう在りたい。

と云いつつ「古き善き人」が割を喰うのが今の世。いやはやなんとも世知辛い。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品不祥事による不幸な失業を防ぐ第一手は経営者への啓蒙。

2008年06月22日
ワンマン経営者の指示による食品不祥事の露見は専ら関係者からの告発の様相。
告発がなければ露見しない?

行政は眼力がない分、経営者への啓蒙で自助を促す責務を果たすべき、そう私は思います。告発を受けておっとり刀で腰をあげる行政に多額の税を使う必要性があるだろうか。

中小食品事業者を取巻く厳しい現状下、「真っ当に事業を営む」企業の廃業・倒産回避対策に税は回すべき。

企業にはそこで働く人たちの生活があり、文化があり、歴史がある。それが失われるのは忍びない。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

産地偽称(外国産を国内産)の背景は輸入食品検査への不信感?

2008年06月21日
短絡的には云えないでしょうが、消費者の国産信奉は輸入食品への不信感、裏を反せば食品検査への不信感なのでしょう。確かに全数検査は物理的に金銭的に無理。国内で、日本人が作るなら想像を超えるようなおかしげな事はないだろう、そう思うしか救いがない、ということなのでしょうか。

検査体制を整え、質も味も良い、それでも消費者が忌避する。苦境に立たされた事業者が産地偽称することを一言の下に「悪業」と切って捨てることに個人的には躊躇する。勿論苦境に立たされながらも清く営業されている事業者からすれば憤懣やるかたない、また不正競争で不利益を被るのはたまったものではない。

苦境に立たされ「やむにやまれず」の産地偽称を減らすには行政機関が「買上げ」するのも一策では?

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

この時期食品衛生に関する苦情相談が多い。一仕事の前に、先ず珈琲タイム。

2008年06月21日

「どんなに忙しくてもティータイムを欠かさない」ターシャ・チューダーさんにあやかって。ご高齢でいらっしゃったので天寿を全うされたといえるのかもしれませんが、世界中のファンの悲嘆は深いことでしょう。

ところで気温上昇と昨今の食への不信が相まって、食品衛生上の苦情が多い。相談調査依頼で週末も仕事。最近の週末はマックスバリュー多賀城店のパン屋さんでお気に入りのパンを買い、珈琲を飲みながら原稿を書く、というのが楽しみでもあり、息抜きでしたが、今日は明日の準備やその他調査報告書も。

先ずはパンと珈琲でHave a break!(う〜ん、十穀おにぎりパンも買ってくればよかった)


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

七ヶ浜豆腐店、レストランも併設しているそうです。

2008年06月19日
私の隣町に、はらから福祉会の七ヶ浜豆腐店「みお七ヶ浜」があります。豆腐は食べさせて頂いたことがあります。トロッとした舌触りで美味しかった。

レストランも併設しているそうですが、まだ行ったことがありません。今度食べに行きたいと思っています。

奥まった場所にありますが、道々に「みお七ヶ浜」「七ヶ浜豆腐店」と書いた看板・のぼりがありますので、初めて行かれる方はそれを目印にされるといいと思います。

建物を見に行ったことはありますが、時間が遅くなり中には入れませんでした。きっと「やさしい気持ちにしてくれる場所」、なんだろうな〜、と想像しています。一帯は木立に囲まれた森、初めて行かれる方は「道に迷ったかも?」と思いそうな程、自然に恵まれた場所。この施設は地元民として誇り。

行ってみようかな〜という方は、ブログ「海の見える作業所日記」さんhttp://ameblo.jp/harakara-mio/ に地図が載っていますので、そちらをご覧下さい。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「ミスによる食関連法違反」かつ「健康危害リスク小」は回収を止めさせるべき。

2008年06月19日
こういうケースでの回収も少なくない。不必要な環境負荷をかける回収は止めるように出来ないだろうか。その代わりに慈善団体・事業に寄付する。少しは社会も明るく、プラス思考になるのでは。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品衛生と作業効率。一筋縄では行かない。

2008年06月15日
民放の回転寿司取材映像。ネタを掴んだ指で機械のボタンを押す。交差汚染予防としては望ましくない。こぶしを軽く握った状態で関節の部分で押すのが望ましい。社内衛生マニュアルではそう書いてあるのでしょうが、スピードを要求される作業ではなかなか難しい。

こういう?と思うことは他の企業でも見かけます。この企業の食品衛生が他の企業に比べて劣っているとは思いません。わかっていても他の要素と絡めて考えると容易くは出来ない、そういうことはあるもの。

せめてテレビカメラが入る時には社内の食品衛生指導者がリハーサル・シュミレーション段階で指導した方がよいでしょう。誰が観ているかわかりませんので。

テレビ取材を受ける外食事業者の方々はこういう点も気にするとよい、そう思います。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

まだ6月半ばというに蚊が多い。先々を思うに恐ろしい。

2008年06月15日
ここは宮城県。平年この時期こんなに蚊が飛んでいたろうか?温暖化の影響?グローバル化の影響?先々を思うと不安。行政にはこの方面でも危機管理をお願いしたいもの。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食関連法。行政は自己矛盾の絶対的評価による取締り。私は...

2008年06月15日
相対的評価による大らかなアドバイス。行政は法を曲げることは本来出来ない。見てみぬ振りすること自体違法行為に当たるかも。板挟み。人として苦悩するのでは。可能な限り目を瞑って歩くしかない。知らない・見ていないというのがもっとも無難。

私のような民は買い物中に食関連法違反を目にしても「あ〜」とか「・・・」と思うだけ。見つけたこと・それを連絡しないことに罪悪感は感じない。間違い・ミスがない方がたいしたもんだ、というのが本音。

公僕と民間人の違い。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

レバ刺しでの食中毒。提供した飲食店の責任比率60%。

2008年06月15日
私の個人的感想です。そもそもレバ刺しを禁止しない・提供する・食する、それぞれに疑問を感じます。提供した飲食店の責任:60%、食した人(勧めた人)の責任:10%、監督行政の責任:30%。

法令で禁止していない物・店が提供している物を信用して食した人に責任は無い、と言いたいところですが、「生のレバー」ですから私のような職種からすると「食べる人も食べる人」という気持ちが心の片隅にはあるので。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

魚のヒスタミン含有有無のチェック。中小にはハードルが高い。

2008年06月15日
ヒスタミンはヒスタミン生成菌(細菌)によってヒスチジンから産生されますが、これらの菌は酸性・冷蔵下でも増殖しますので、厄介です。ヒスタミン・ヒスタミン産生菌を検査するのはちょっとお高い、中小企業が日常検査するのは負担が大きい。それでも背に腹は代えられない、という方はヒスタミンの検査キットで確認することになるでしょうか。

冷凍青魚を解凍加工する際は、解凍後から加熱まで、或いは加熱しない場合冷凍まで、の時間を如何に短縮し、菌の増殖を抑えるかが鍵。

ヒスタミン産生菌は加熱で死滅しますが、既に産生したヒスタミンは熱に強い。この点黄色ブドウ球菌とエンテロトキシンの関係と似ています。

ヒスタミンによる食中毒(アレルギー症状)は100mg/魚肉100gの濃度以上になると症状が出始めるそうですので、この数値も頭に入れておきたいところ。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「農水省を相手にせず」味の素もなかなか....。

2008年06月14日
「国産又は・・・」表示は不適当という見解を農水省が出していたにもかかわらず、それを無視。JAS法に限っては農水省を相手にせず、の構え?

「散々JAS法を軽視してきた農水省が今更何ご立派なことを言っているんだ!厚顔無恥を相手にせず。」ということなら得心。農水省も事情通から一睨みされればぐうの音も出ないのはもっとも。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

マックスバリュー多賀城店のパン屋さんでパンを買う。今晩は原稿が書けそう。

2008年06月14日

週明けまでに原稿を2本書きたい。そういう時には気分転換が必要、今回は美味しいパンと珈琲で。パン屋さんの応対も気持ちを明るくしてくれた。今日中に原稿の骨子はできるだろう、たぶん。


 
Comment(1) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「何はなくとも親二人」祖父の言。

2008年06月13日
戦前、母方の祖父が家族皆で正月の膳を囲んだ時にだけ言ったという言葉。苦労した人、悲しい思いをした人ほどそれを口にはしないもの。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

久しぶりに講習会の講師をする予定。

2008年06月12日
講習会の講師依頼はやんわりお断りしてきました。ただ今回に限り受けようと思った理由は、受講対象者のレベルが高く講習内容をきっとお役に立てて頂けるだろう、という直感から。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「やってみせ、させてみせ、誉めてやらねば人は育たぬ。」

2008年06月11日
私が受けた教育。とはいえ私は人の言うことにあまり耳を貸さぬのも欠点。

この至言は山本五十六(歴史上の偉人の括りで敬称略)の発であったでしょうか。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

君子豹変「御用だ!御用だ!」お代官様もお人が悪い。

2008年06月10日

お代官様と○○屋。「○○屋!JAS法違反で回収ってことはない。まあ〜、守れるんだったら守っといた方がいい、そんなもんじゃ。」今や昔。

時は移り、
(関)八州廻り(消費者?)の動きを恐れたお代官様。
したたかに先手を打つ。
配下を率い○○屋に乗り込むお代官様。

  お代官様「おい、○○屋!御用だ!」

   ○○屋「えっ、お代官様、何事でございますか?」

  お代官様「え〜い、覚えがあろう!問答無用!御用だ!それ〜、曳きたて〜」

   ○○屋「おっ、お待ち下さい、お代官様、話が違います!」

  お代官様「え〜い、何が違うと言うんじゃ。わしは守らんでもええ、とは言っておらんぞ!」

   ○○屋「ひえ〜、ご無体な〜」

お目出度いのは真に受けた○○屋、一件落着チャンチャン!ん〜ん、ん??

黄門様は未だ西山荘で晴耕雨読?

私は精々瓦版屋のちょい役。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

健康危害危惧を伴わない違反の回収はやめさせるべき。不毛な罰則は不要、慈善事業への寄付に昇華。

2008年06月09日
明らかに健康危害を伴わない過失による違反については回収という罰則ではなく、慈善団体へ相応の寄付金を義務付ける、というようにしませんか?

健康危害を伴う恐れがあるか、悪意があるのか、振り分けが行政で出来かねるなら、手伝ってもいい。

悪意の無い、過失による違反は相当な数に上る。買い物をする度、見て見ぬ振りするのは相当なストレス。善意で連絡しても企業側は結果として不利益を被るでしょうから、そんな事はしない、ただしモヤモヤは溜まる一方。世知辛い世の中、プラス思考でいきたい。間違ったという陰のスパイラルを陽のスパイラルに換えるには、それは善行(銭子(ぜんこ)。放言でお金の意味)。

結果論として違反してしまった企業側の落ち込んだ気分も善行を伴うことで明るくなるのでは。社会に役立つことへ昇華する仕組みがあれば企業側も前向きな気持ちで公表できる、私はそう思います。

間違いは誰にもあるもの、ですから。空海と同姓なだけに、たまには仏法的発想?

こういう仕組みを消費者が善しとすれば、私も気兼ねなく企業に間違いを指摘できる、Gメンのような税金の無駄遣いも防止できる。私も善行、企業も慈善事業に寄付することで善行、農水省も厚労省も税金の無駄遣いをせず国民に対して善行。

もしかしてこれは?「三方一良、得?」なんちゃって。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「泣いて馬謖(ばしょく)を切る」農水省厚労省にこの心ありや?

2008年06月08日
JAS法・食品衛生法違反を把握した際の行政の立場も理解はする。但し処分を下すにあたり「泣いて馬謖を切る」の身を切る思いを抱かぬなら、言語道断。余程悪質でない限り、違反の責は行政にある、なのに。法令啓蒙の責を行政が消費者サイドから問われることがこの国ではない、ということなのか?

食品会社の不祥事が単発でないのに、監督行政が監督不行き届きで処分を受けないのは腑に落ちない。

私に相談を持ちかける事業者が公平性の点で著しい不利益を被るケースが発生した場合、行政サイドにも相応の責は当然負ってもらう、と思いつつ、そこまで逼迫した相談はまだない。そういうケースでも恐らく行政はうまく身をかわすでしょう、「金持ち喧嘩せず」。こちらとしては「暖簾に腕押し、肩透かし」。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

JAS法違反で公表。行政による自作自演。

2008年06月08日
JAS法違反(多くは知識不足・ミスによる過失)が少ないかのように世論を誘導するための摘発・公表なのではという印象を持つ。買い物に行くと、職業上ついつい表示を視る。今日もそう。行政から指導・公表される事業者は運が悪い、ということをツクヅク感じる。

行政に摘発・公表する資格があるだろうか?啓蒙が本務であるべき。行政は本来の仕事を先ずしなさい、と言いたい。

外部からでも告発・摘発はできる。失礼ながらその方面の技能は民間に長あり。民が手を出せないのは強制力ある啓蒙。このことは未だ行政には理解できないらしい。たぶん知らない振りでなく、本当に理解できないのでは。これこそ厄介。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「売れ残り食品は廃棄せよ?」厚労省・農水省も環境問題食糧問題に関心は無し?

2008年06月08日
森井食品の行為は、現行法下では問題。法を改正すればよい話。食品衛生法・JAS法は誰のための法?消費者?勿論違う、食品事業者?勿論違う、何とも不可思議な法。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

朝日新聞には知性を期待しているのですが。

2008年06月07日
私は食の記事以外見識はないですが、この方面での朝日新聞の品格。どうも気になる。朝日新聞には知性を期待しているだけに、失望は大きい。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品衛生法違反≠健康危害。食品衛生法適合≠安全。

2008年06月06日
食品衛生法はあくまで便宜上の枠組み。法令順守志向は一応法治国家に暮らす以上義務。法の枠がはめられていない食品もある。流通できる安全レベルを横断的枠組みにしないのは、統一基準にとどかない食品を救済するため。行政にとって消費者サイドから説明を求められれば何とも説明に窮する自己矛盾的ダブルスタンダード。真面目な人ほどジレンマを感じるでしょう。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

テレビのコメンテーター?私は品がないので向かない。

2008年06月06日
食品不祥事のコメンテーターか。テレビは苦手。気の利いたお品のいいコメントも私には望むべくもない。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

フルセット・コンプライアンス?。う〜ん、これは参考になる。

2008年06月06日
桐蔭横浜大学の郷原先生という方が書かれた記事を読む。不二家の例を挙げ、解説。

一般的に流布するコンプライアンスの考え方・手法は中小食品事業者のコンサル・代行にそのまま使える代物ではない、大手対象の机上論。ご立派で掛け軸としては見栄えのいい「絵に描いた餅」に辟易とすることに慣れただけに、そしてアカデミックが苦手なだけに、我慢して読んでみようか(失礼ながら)、そんな程度の興味でしたが、これは...。

フルセット・コンプライアンスか〜、これは実務の参考になる話。中小相手に実務を執っている者が唸る内容を書ける先生に教わる学生さんは幸せ。実務経験を積んでこそ得られるはずの知識が一般化するとバックグラウンドが上がって私としては相対的スキルダウンになりますが、実務を積まずに知識を得られる学生さんは今はピンとこないでしょうが、社会に出た後この先生に感謝することになるのでしょう、いつか役に立つ、勉強ってそんなものかも。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

人の振り見て我が振り直す。大手ニュースサイトでも誤表現。

2008年06月06日

大手ニュースサイトは頻繁に読ませてもらっていますが、?という内容・表現もたまには見かける。

産経ニュースで「飲食店である船場吉兆は、食品衛生法とJAS法の対象外」という表現、単純な勘違いでしょうが正しくは「飲食店である船場吉兆はJAS法の対象外、但し食品衛生法については一部が対象外、ケースによって不正競争防止法も対象(お品書きに産地間違いがあったりした場合)」というのが正しい。

執筆者の勘違いを専門外の編集者が校正するのは難しいのだということは私も大変参考になった例。私も評論家然としている場合ではない。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食関連法抵触に関する相談は具体的に!でお願いします(但し有料)。

2008年06月06日
食品会社の食関連法違反率。どのくらいでしょう?5割?6割?7割?8割?9割?調査母数、調査対象によって結果は異なりますので、私にもわからない。ただ言えることは関連法を熟知していないのに、たまたま法に合致している、という幸運はそうそう望めません。違反が公になる例は極稀だということです。意図的でない限り、萎縮することはありません。

行政は自身の保身のためにも内部告発のあった事業者は叩きます(私が役人でも同じようにするのでしょう、人格の問題というより構造的な問題)し、誠実に自己申告しても割を喰う。一体どうしたらいいのか?「一般論」として問われると私も悩む。

ご相談頂く場合は、言い難いでしょうが、具体的にお願いします。問合せ頂いた時点で、当方には守秘義務が発生していますので(法的義務ではなく、道義的義務です)。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品行政において基本的に消費者保護の意図はない。

2008年06月04日
消費者におもねってもうまみはない。企業側に立てばいろいろ利権うまみが得られるというもの。真に消費者保護で動けばうまみがすくない、というより行政にとって損。消費者側の立居地をとってもうまみが得られる仕組みを作れば行政の視点も変わる、かも?利権の維持・拡大がキーワード。

言いたい放題は無頼の特権。時代小説の筆は進まず...。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています



40件中(1件〜30件を表示しています)   前   |