出版物の執筆・寄稿・監修履歴
テレビ出演
お問合せ
検索窓
以前の記事
雑記帳
閑話
コンサルの個人情報
コンサル・代行の内容
コンサル・代行の実績
食関連企業の危機管理・信用調査
料金体系
違反事例と是正案の紹介
品質保証・品質管理の実務
食関連法の抵触許容範囲
通販・ネットショップ
食の安全情報

マスコミからの取材依頼。歓迎はしませんが拒みもしない。

2007年11月30日
食品不祥事が日常茶飯事のこのご時勢。面識の無い事業者からの問合せはめっきり減った。気楽に問合せる事が出来ない気持ちはよくわかります。

その反面、マスコミから問合せがチラホラ。マスコミと接触があると事業者サイドが知れば益々引くだろうな〜。拒みはしないが、歓迎もしない。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品関連法違反とはネズミ捕りのようなもの?

2007年11月30日
大手を中心とした一部事業者にしか順守は無理。

品質保証・品質管理専任者がいない食品事業者は謂わば「スピードメーターの無い自動車」。

スピードメーターの無い自動車を運転している人に「スピードメーターを見ながら運転しなさい」と注意しても話が噛み合わないでしょう。

中小零細のスピード違反は致し方ない?

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

締切り延長で何とか。編集者の方に申し訳ない。

2007年11月29日

一本、何とか書き上げ、ホッと。締切り延長で、編集者の方に迷惑をかけてしまった。次回は早めに送れるよう、明日から準備。ホントかな?


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

おふざけコンサルには似つかわしい依頼?流石に...頭が痛い。

2007年11月27日
冷蔵流通商品の賞味期限検査依頼。初発で大腸菌群陽性。聴くと製造後暖房のよ〜く効いた部屋にウン時間置きっぱなしにしていたとか。冗談も度を超すと笑えない。

流石に二度目の依頼はお断り。遊びにお付合いする暇は無し。

ホントの話か、夢幻か。はてさて。講釈師見てきたような嘘を言い。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

「順守すべき法を知らずに食品営業する」これが普通。

2007年11月27日
産地偽装は消費者にも分かりやすい「JAS法違反・景品表示法違反・不正競争防止法違反」で、「悪い」と知っていながらやる・やってしまう違反事例です。

「意図した違反」「意図しない違反」一口に違反と云っても食品に関わる違反は様々ですが、食品衛生法・JAS法・景品表示法・計量法、食品事業者が順守すべき法は結構(かなり?)複雑。食関連法を熟知した事業者は大手を除けば稀と言っていいでしょう。

長い間、食品営業に法令順守は求められてこなかったため、食関連法に基づいて実務を行う品質保証・品質管理の仕事はマニアックな業務と見られてきました。

昨今の法令順守の風潮で肩身の狭い思いをせずに、「このご時勢」というキーワードの下に存在意義が認知され始めたことは同職として有難い世になったな〜、としみじみ思う。

但し、食品業界に広く法令順守が浸透することは「ありえません」。これは食品関連法の内容上流石に断言します。マニアが増える、というだけのこと。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

産地偽装摘発等二の次三の次の話。視点がずれている。

2007年11月26日
健康危害の可能性がある不正・違反が優先。JAS法は基本的に安全・健康危害とは無縁に思われているが、一概にそうではない。

特定の疾病を抱える人にとって、食品区分の順番記載も健康上非常に重要な情報。優良誤認という低い次元の話ではない。

JAS法もそういう視点での指導の下に是正を進めるなら、「無用の長物」「百害あって百利なし(一利とは云わぬ)」でもないかも、なんちゃって。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品流通各社による抜打ち細菌検査とお目出度い製造事業者。

2007年11月26日

大手食品スーパー・生協による取扱い食品の抜打ち細菌検査は以前からありましたが、このところ他にもこの動きが広がっているよう。

自社で日々製品の細菌検査を行っている食品製造業者にとっては何の事はないでしょうが、そうでない事業者にとっては報告書提出を求められて右往左往ということも。

こういう場合、当該製造日の製造記録(温度チェックシート)と保存サンプルがあれば、報告書を作成できますが、どちらか一方が欠けていると報告書そのものが書けない、という追い込まれた状況になります。

そういう切羽詰った状況に追い込まれる例も又珍しくはありません。温度チェック記録と製造品保管は最低限必要な時代です。

報告書提出が遅い・結局提出しない、失礼を顧みず言うなれば「お目出度い」事業者・事例が多くなると、法令順守意識の高い検査側(流通側)が「法令上の問題を知ってしまった・認識してしまった」リスクを一方的?に負うことになり、製造事業者側の報告・見解・説明を待たずに独自判断で回収を決する、ということも今後はありえると危惧されます。

時代は刻々と変化していますので、中小零細といえども情報収集は余念なく。「認識不足でした」という弁が通用するかしないかは風次第。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

賞味期限とはそもそも科学的に決める例は少なく、普通は合理的?に決める。

2007年11月26日
「科学的」の一般的方法は微生物検査ですが、普通は「経験上」もしくは「何となく」「他社類似品と同じに」という理由?で決めます。

科学的とはいえませんが、合理的というか、う〜ん、「便宜的」が一般的かな〜。公になった時、賞味期限・消費期限根拠としては苦しい説明を強いられるでしょう。

問題となった干しいも屋さんも悪気はなかったのでしょうが。多くを占める食関連法に疎い事業者さんにとっては他人事ではない?

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

木枯らしの紋次郎風に。

2007年11月25日
「あっしには係わり合いのね〜ことでござんす」と云いつつ、紋次郎も結局は助ける、因果というかお人好しというか。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

市場品調査結果。公になるか否かはやはり運次第。

2007年11月24日
気の向いた時に市場品の調査をしていますが、やはり不適正が公になるか否かは運次第というのが実感。不公平感は否めない。

これまで運よく?指摘(検査)を受けていないのでしょうが、自社点検・検査を行っていない事業者は販路を考えないと。

誰でも容易に購入できる露出度の高い販路にのせるのはこのご時勢、リスクが大きい。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

はらからの「リーフパイ」「ココアクッキー」でコーヒータイム。

2007年11月24日

はらから福祉会 蕗のとう共同作業所で作っているそう。「買う」というのではなく、「買わせて頂く」という心境。

素朴な味がいい。今日は紅茶クッキーがなかった(売り切れ?)ので、リーフパイとココアクッキー。

コーヒーと一緒に頂くと、とてもリラックスした気分にひたれる。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

雲のジュウザの心境?

2007年11月24日
行雲流水、変幻自在....? 今は心に響いた依頼しか受けない。依頼時点での法令順守状況が低いのは一向意に介さない、中小零細なら当然の状況。

そのうち新規依頼を受けられる状況にしようか、しまいか、社会状況傍観も一興。

風に吹かれて気の向くまま。ちょっと無頼が玉に瑕。*珠玉ではなく、単なる玉(ぎょく)。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

JAS法改正と中小零細限定特別立法はセットで!

2007年11月23日
中小零細事業者がJAS法を含めた食関連法をある程度順守するには時間が掛かる。年間売上3億円未満の企業に対しては2年間食品関連法での行政処分はしない、その代わり経過後は容赦しない、というような猶予期間が実際は必要。健康危害が発生した場合は勿論適切な対処は必要。

法令順守状況の現実は監督官庁が誰よりも身につまされているはず。法規制を強めれば、違反事業者・件数が悪戯に増加するだけ。中小零細はとてもついて来れない。

とはいえ、「内部告発以外に不正を知る術はない」というスタンスであれば実質何ら変わらない、なんちゃって。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

都道府県による食関連法順守状況の一斉調査?

2007年11月22日
「網の目の大きさ」をどの程度に設定するかによって調査結果は大きく異なる。

「適切な目の粗さ」加減を間違える都道府県はないでしょうが、調査基準は公平に願いたいもの。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

品質管理・品質保証専従者がいない事業者が法令に抵触しているのは極自然なこと。

2007年11月21日
他の同規模事業者も同じような状況です、だから安心して良い、とは言いませんが。業界毎・地域毎、護送船団方式は今時勢でも「ある程度」活きていますが、徐々に適正化する努力は必要です。

法令順守が進んでいない業界・地域が今後もそのまま行けるかは何とも言えない。風次第?

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

Come Primavera

2007年11月21日
L'inverno sai finira~

E come e arrivato sene andra~

E scoigleiera il dolore~

Come la neve al sole~

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

同規模同業他社に食関連法順守では負けない。

2007年11月21日
私にコンサル・代行を依頼する事業者は小規模事業者。私がついている限り、同業他社の食品衛生法・JAS法順守状況とは比ぶべくもない。

私に特別な能力があるからではなく、小規模事業者にとって法令習熟は至難で、また適正確認検査に経費を割けないということ。

小規模事業者には行政はこれまでは勿論今後も厳しい対応はしませんので、あらかた代行・アドバイスが一段落したら私も身を引くようにしている。

法令順守も販売ステージや事業者規模によって、はっきりと二極化しており、この状況は構造上変えようがない。

多くの小規模事業者を営業禁止にするようなことは行政もできないでしょうし、消費者も実情を知ればそこまでは流石に望まないでしょう。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

露出度の低い事業者は法令違反を問われません。

2007年11月21日

結果論として、船場吉兆も自力に見合った事業展開をしていればよかったのに、ということです。食品関連法順守が求められる販売ステージに、法令に疎い事業者があがってはいけない。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

面白く無き世を面白く。

2007年11月20日
何事も楽しみながら。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

Mejor de lo que soy !

2007年11月20日
MEJOR DE LO QUE SOY !

Mejor de lo que soy !

な〜んちゃって!

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品事業者の法令違反多発で仕事はしやすくなった。

2007年11月19日
食品関連法を説明し、適正化を提案するのは大変でした。今は「法令違反」「回収」「法令順守」の文字がニュース・紙面に飛び交っていますので、取引先経営者に詳細説明は不要になりました。

「こういうご時勢ですので....。」そういうだけで後はお任せする、とスンナリ話が進む。「専門的な事はわからないから、よろしく」と丸投げしてもらうのは、楽。

食品衛生法。JAS法。景品表示法。
事業者の多くが「名前だけは何となく聞いた事がある、ような気がする」と言う時代になりました。全く聞いたことがない、そういう事業者は少なくなりました。

仕事をしやすくなったのも消費者のおかげ、人身御供となった不祥事企業のおかげ。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食関連法順守調査のポイントは一つのみ。他は派生。

2007年11月19日

事業者が品質保証専属従業員を置いているかいないか、その一点のみ。経験豊富な専従がいなければ無理。実務経験豊富な専従がいない事業者の方が圧倒的に多いのですから、元々食品関連法順守はお題目の絵に描いた餅。無いものねだり。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品関連法違反摘発期限は「消費者が飽きるまで」。

2007年11月19日
世の中の食品関連法認知度から類推すれば、違反事業者より適正事業者の絶対数の方が少ないのは自明。

興味の対象は、後どの位の違反件数が挙げられるか、ではなく「いつまでやるのか」であって、事業者数ではなく、「期間」。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

年末年始は回収ラッシュ。主因は賞味期限とアレルゲン。

2007年11月18日
賞味期限の無・年号月誤印字と5アレルゲンの記載漏れ。

講釈師、見てきたような嘘をいい?

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

驕れる○○も久しからず。栄枯盛衰。

2007年11月18日

老舗の不祥事は物悲しい。鎌倉将軍源家は3代、室町足利将軍家15代、徳川将軍家15代、か。


 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品製造・販売認可時に食関連法知識は不要。

2007年11月18日
制度上、設備が一定以上であれば認可しない訳にはいかない、知識は問えない。法律上守るべきとされる法令に疎いまま営業を続けている事業者が多いのはある意味当然。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

食品不祥事発覚リスク指数=不正の重大性×ブランド知名度の2乗÷従業員への慰撫度合÷政治?力

2007年11月18日
私のインチキ方程式。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

船場吉兆も一服。農水省が次に着手するのは?

2007年11月18日
船場吉兆の趨勢もほぼ見えてきた感。新たな事実が出てきてもインパクトは弱い。

そろそろ次の獲物をマスコミも探しているでしょう。

農水省も手持ちから次の駒を選んでいるでしょう。年末商戦への影響も考慮して、思案のしどころ。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

畜肉の生食。アドベンチャー精神旺盛?な人もいるもの。

2007年11月18日
私は畜肉の生食はしない。鶏肉の生食、カンピロバクター食中毒程度で済むなら幸い。レバ刺しは...申し訳ないが、蛮勇。人生を賭けるだけの価値を私は感じない。
 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています

この時勢、新規コンサル・代行はお断りしています。

2007年11月18日
食品表示、食品衛生。

昨今の情勢を反映して、コンサル・代行依頼先の要求レベルも上がり、新規依頼には現状とても対応できない。

中小企業にまで食品関連法順守が求められる時代が来るとは誰が予想したでしょう。今でも半信半疑。一番驚き困惑しているのは行政か?

早晩機運も萎えて、元に戻るのでしょうが、もう数年持続するのかな。

 
Comment(0) Trackback(0)
この記事へのトラックバックURL
ボットからトラックバックURLを保護しています



47件中(1件〜30件を表示しています)   前   |